Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
(特別記事)ブラジルとベネズエラ ― 経済が意味するものは? 2013/04/29


南アメリカ諸国、とりわけベネズエラの民主主義に名を借りた身勝手な振る舞いに対してブラジル政府がしばしば共感するような態度を示すことで、ブラジル企業の利益を保護する必要性が生じる。チャベス政権が発足して以降、ブラジルの対ベネズエラ輸出が1999年の5億3,600万ドルから2012年には50億5,600万ドルに伸長したこと、さらに、ブラジルの大手企業による同国への進出でベネズエラ政府の「好意」を受けたことは、ベネズエラがメルコスルに加盟するに至った不透明な手続き、あるいは投票数が有権者数を上回るために全国的な票数の再集計が必要とされたにもかかわらずにニコラス・マドゥロ氏を次期大統領とブラジルが早々に認めたことを説明するに足る理由になっていると思われる。

事実として、ブラジルの輸出相手国に占めるベネズエラの比率は、1990年代の1%から、2012年には2.08%に拡大しており、しかも2008年にはピークとなる輸出全体の3%に達した。反対にベネズエラの輸入でブラジルが占める比重は、2000年代前半に拡大しただけにとどまる。それ以降、この比率は9%前後を推移しており、両国政府の良好な関係がとりわけブラジルの輸出にとっては、他の国々ほど恩恵を受けていないことを示す。

土木建築業界の大手企業がベネズエラ国内で公共工事を受注しているのは事実だ。それが確かにブラジル政府とチャベス大統領が築いた良好な関係の恩恵を受けたものだとしても、これらの企業がベネズエラ国内で利益を維持するには、中期的には、それを保証できるとは言い難いベネズエラの財政状況に大きく依存するのだ。

同じことが、過去数年ですっかり影をひそめた対ベネズエラ投資の、ブラジル企業の関心にも言える。統合開発研究センター(Cindes)がまとめたブラジルによる対南米・対メキシコ投資データバンク「インデックスインヴェスト・ブラジル」によると、2007年から2012年にかけて、ブラジルからベネズエラに対して実施された直接投資は4件(2007年に2件、2008年と2010年にそれぞれ1件)。同じ6年間にブラジル企業は、コロンビアに20件、チリに19件、ペルーに8件の直接投資を実施した。これに対してブラジル企業によるボリビアとエクアドル向けの直接投資は、1件もなかった。

ブラジル企業はこのところ、投資を縮小するどころか、発表済みの投資の撤回、あるいは、さらに悪いことに進出先の国からの撤退をも発表している。撤退発表が経済的に不安定な国、すなわち、法的に不安定な環境につながる不安定な政治体制で、かつ、経済成長が低迷すると見込まれる国々に集中しているのは、偶然ではない。ブラスケムが発表したベネズエラ国内の大規模投資も同様、進捗していない。アンベブは、同国内で経営コストの上昇が予想されるのに加えて製品の販売も長期にわたって落ち込んでいることから、国内生産から撤退する判断を下した。ナトゥーラも同様に、ベネズエラ国内事業から撤退すると発表した。同様の動きが、ブラジル企業による対アルゼンチン投資でも見受けられる。

直接投資同様に貿易関係でも、近隣諸国がブラジルの工業部門の企業にとって好ましい位置を占めていることに議論の余地はない。コロンビアとペルー、チリのような国々に対してブラジルの投資が伸長していることこそ、その証明だ。

そこで、経済面と政治面の質が重要になる。民主主義とは言い難い上に透明性が低く、法的安定性にも欠ける政府間の協力関係の上に経済的な関心の立脚点を置くこと、仮想敵を設定し同盟国を保護する裁量的な措置によって成長を求めようとすることは、ブラジル企業の利益を増進するにあたって、最良の戦略とは言い難い。南アメリカでこれらの企業が積んだ経験から得た教訓は、次のように言えるだろう。つまり、民主主義としてのあるべき環境、さらに、法規の透明性と安定性を重視する経済政策の促進が、ブラジル企業の利益を保護する最良の方法である。(2013年4月26日付けエスタード紙)

サンドラ・ポロニア・リオとモッタ・ベイガ 統合開発研究センター(Cindes)理事。



2021/02/26 » 今年1月の中央政府の財政プライマリー収支は、11ヶ月ぶりに黒字計上(2021年2月25日付けエスタード紙)
2021/02/26 » 今年1月の連邦国税庁の歳入総額は1,800億レアル(2021年2月25日付けエスタード紙)
2021/02/26 » 今年1月の連邦政府の債務残高は、0.99%増加の5兆590億レアル(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/25 » 今年1月の経常収支は73億ドルの赤字計上(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/25 » 2月の一般消費者の景況感は4ヶ月ぶりに上昇に転じる(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/23 » ボルソナロ大統領のペトロブラス総裁人事介入で株価暴落(2021年2月22日付けヴァロール紙)
2021/02/22 » フォーカスレポートは今年のGDP伸び率を3週連続で下方修正(2021年2月22日付けヴァロール紙)
2021/02/19 » 年金受給者向け13か月目サラリーや低所得者向けサラリーボーナスの前倒し支給による570億レアル注入で経済活性化(2021年2月19日付けエスタード紙)
2021/02/18 » 最終フォーカスレポートは今年のインフレ指数を6週連続で上方修正(2021年2月17日付けエスタード紙)
2021/02/17 » 今年初め40日間のB3のIPOやfollow-onsによる資金調達は、前年同期比21%増加(2021年2月16日付けエスタード紙)
2021/02/15 » 連邦政府はコワーキング形態労働導入などで、年間5億レアルの賃貸料削減(2021年2月15日付けエスタード紙)
2021/02/15 » 全国工業連盟(CNI)の経済成長を促す25項目のブラジルコスト削減を提案(2021年2月12日付けヴァロール紙)
2021/02/12 » 昨年の経済活動指数(IBC-Br)は、マイナス4.05%を記録(2021年2月12日付けヴァロール紙)
2021/02/12 » 正規雇用に結びつく臨時雇用形態が増加傾向(2021年2月11日付けエスタード紙)
2021/02/10 » 2020年の鉱工業部門生産は調査対象15地域中12地域でマイナスを記録(2021年2月9日付けヴァロール紙)
2021/02/08 » 今年のGDP伸び率を3.47%に下方修正(2021年2月8日付けヴァロール紙)
2021/02/04 » 2021年のサンパウロ州のGDP伸び率は5.0%予想(2021年2月3日付けヴァロール紙)
2021/02/03 » 2020年の鉱工業部門生産は、COVID-19パンデミックの影響でマイナス4.5%(2021年2月2日付けブラジル地理統計院(IBGE)サイトより抜粋)
2021/02/02 » 今年のGDP伸び率を3.50%に上方修正(2021年2月1日付けヴァロール紙)
2021/02/02 » 今年1月の企業経営者の景況感指数は過去9か月間で最低(2021年2月1日付けヴァロール紙)

バックナンバー »