Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
インフレ、経済成長、ジウマ大統領は何を考えているのか 2013/04/03

先週のジウマ・ロウセフ大統領の発言は、金融市場関係者にインフレ抑制のために中銀が取ろうとしていたSelic金利の引上げに反対するものと解釈されて、金融市場ではボラティリティ状態を誘発して、先行き金利が減少する可能性など波紋を呼んでいた。

金融市場関係者にとって重要なことは、金融市場のボラティリティが高まって相場の変動が激しくなることによって、金融市場関係者の収益増加につながるために、発言に非常に気をつける必要があり、ジウマ大統領の発言であればなおさらである。

中銀では1990年代半ばから金融市場の先行きの予想には非常に慎重を期しており、インフレ動向、通貨政策委員会の議事録の作成、3カ月おきのインフレ予想レポート(中銀は上半期末のインフレ予想を5.5%から許容上限値6.5%を上回る6.7%に上方修正している)などによるボラティリティを最大限、予防する措置をとっている。

金融市場関係者は、ジウマ大統領が製造業部門や金融市場部門に熟知したエコノミストであることは認知しておらず、中銀総裁に比べるとインフレ、経済成長率、金利に対する発言は慎重ではない。

しかし好調な雇用創出、実質賃金の増加、継続する消費需要など経済成長が大幅に伸びる可能性はあるが、ジウマ大統領は高いインフレ率の高止まりに非常に憂慮している。

ジウマ大統領の支持率が高い要因として、低い失業率や選挙投票人のポケットにお金があることであり、ルーラ元大統領の政治姿勢を継続、ジウマ大統領がインフレ指数を許容上限値の6.5%を超えることを許容するのかだれにも分からない。

エコノミストのルイス・ゴンザガ氏はルーラ研究所で講演した時に、ルーラ元大統領並びにアントニオ・パロッシ元財務相がインフレの許容上限値の引き上げ容認を支持しており、アルミニオ・フラガ元中銀総裁の時にも容認したと説明している。

ジウマ大統領の政権1年目の2011年のGDP伸び率は2.7%、昨年は0.9%と非常に低いにも関わらず、2011年のインフレは6.5%、昨年は5.84%であったが、ジウマ大統領は経済成長率を優先、2005年にジウマ官房長官時代にパロッシ氏とパウロ・ベルナルド氏と財政プライマリー収支黒字の増加、公共支出の削減並びにインフレ低減などについて、いつも揉めていた経緯がある。

2005年11月にジウマ官房長官は金融政策でルーラ大統領を説得してパロッシ/ベルナルド両氏のプランを葬ったが、中銀のエンリケ・メイレーレス元総裁は連邦政府からの圧力があったにも関わらず、中銀の独立性を死守した。

製造業部門を中心に経済活性化のため減税政策を採用している影響で国庫庁の歳入は減少傾向にあり、2月の中銀、国庫庁並びに社会保障院(INSS)で構成される中央政府の財政プライマリー収支は64億1,200万レアルの赤字を計上して、2009年9月以降では最大の赤字を計上している。

好調な一般消費、低い失業率、クレジットの拡大並びに実質賃金の上昇などはアナリストの予想以上に長く継続をしているが、今後のGDP伸び率を上昇させるためには、とにかく投資拡大が必要となっている。(スエリ・カルダス女史 2013年3月31日エスタード紙)

 



2020/08/03 » 今年のブラジル人の生活水準は2008年並みに戻ると予想(2020年8月3日付けエスタード紙)
2020/08/03 » 健康保険プランは需要縮小でプラン再契約価格低下(2020年8月3日付けヴァロール紙)
2020/07/31 » 今年上半期の連邦政府の財政収支は過去24年間で最高の4,170億レアルの赤字計上(2020年7月30日付けヴァロール紙)
2020/07/29 » 今年6月の経常収支は22億ドルの黒字計上(2020年7月28日付けヴァロール紙)
2020/07/28 » 今年のGDP伸び率はマイナス5.77%(2020年7月27日付けエスタード紙)
2020/07/24 » サービス部門は、税制改革の12%のPIS/Cofins統一税に不服で改革阻止を示唆(2020年7月23日付けエスタード紙)
2020/07/24 » 今年6月の国庫庁の歳入総額は862億レアルに留まり、6月としては2004年以降で最低の歳入を記録(2020年7月23日付けヴァロール紙)
2020/07/24 » 今年6月の失業率は12.4%に上昇(2020年7月23日付けヴァロール紙)
2020/07/23 » 今年6月の地方政府の歳入は前年同月比82億レアル増加(2020年7月22日付けエスタード紙)
2020/07/23 » 今年の中央政府の財政プライマリー収支赤字は8,000億レアルに接近か(2020年7月22日付けエスタード紙)
2020/07/22 » 税制改革は税制システムの透明性と社会格差の是正に結びつくとスペシャリストは指摘(2020年7月21日付けエスタード紙)
2020/07/20 » 今年第3四半期の失業者は1,500万人突破か(2020年7月18日付けエスタード紙)
2020/07/17 » COVID-19パンデミックで94万8,800社が従業員削減を余儀なくされた(2020年7月16日付けヴァロール紙)
2020/07/16 » 今年のGDP伸び率はマイナス4.7%の据え置き(2020年7月15日付けエスタード紙)
2020/07/16 » 連邦政府は地方政府のデフォルトを避けるために今年上半期に55億1,000万レアルを肩代わり(2020年7月15日付けエスタード紙)
2020/07/15 » 5月のIBC-Br指数は、COVID-19パンデミック後初めて1.31%上昇(2020年7月14日付けヴァロール紙)
2020/07/15 » 今年6月の破産申し立てが71.3%増加、今後更に悪化予想(2020年7月14日付けエスタード紙紙)
2020/07/13 » 2020年6月14日~20日の平均失業率は12.3%(2020年7月10日付けエスタード紙)
2020/07/10 » 5月のサービス部門提供量は前月比マイナス0.9%と4か月連続で前月割れを記録(2020年7月10日付けヴァロール紙/IBGEサイトから抜粋)
2020/07/10 » 履物業界は給与関連減税措置の中止は1万5,000人の失業に繋がると指摘(2020年7月9日のヴァロール紙)

バックナンバー »