Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
エコノミスト達はSelic金利の引上げ並びに民間投資の活性化の必要性を強調 2013/04/02

連邦政府は、低い国内総生産(GDP)伸び率並びに許容上限値に近いインフレ圧力でジレンマに陥っているが、6人のエコノミストはこの問題解決のための共通の解決策を見出している。

インフレ抑制並びに国内経済活性化のためには民間投資の活性化、政策誘導金利(Selic)の引上げ並びに公共支出の削減などが必要であるとエコノミストの意見は一致しているが、意外なことにジェトリオ・ヴァルガス財団のルイス・カルロス・ブレッセル名誉教授は、Selic金利の引上げには反対している。

先週、ジウマ・ロウセフ大統領の発言は、インフレ抑制のために中銀が取ろうとしていたSelic金利の引上げに反対するものと解釈されて、波紋を呼んでいた経緯があった。

ジウマ大統領は、「病気を治療する代わりに病人を殺すような政策は複雑であり、経済成長を終わらせるような政策は時代遅れで非常に臆病であり、理解しがたい」とコメントしていた。

ブラジルは非常に難しくて矛盾した時代にあり、過去2年間の平均国内総生産(GDP)伸び率は、僅かに1.8%しかなく、また2月の過去12カ月間のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)は6.0%を超え、電力料金の値下げやバス料金の値上げの先送りなどで、かろうじて許容上限インフレ値6.5%を下回っている。

昨年の製造業の生産伸び率はマイナス2.7%にも関わらず、昨年の失業率は4.6%と雇用創出は順調に推移しており、レアルプランに関わったカーザ・ダス・グラッサスのエジマール・バッシャ取締役は、「連邦政府は全て必要な手段を持っているが、判断を誤らないことが必要である」と説明している。

ウニカンピ大学のルイス・ゴンザガ名誉教授は、「金融引締め政策の採用は中銀の信頼回復並びにインフレコントロール強化につながる」と説明、リオ・ブランコ・インヴェスチメントス社の共営者であるグスタヴォ・フランコ元中銀総裁は、「金利引き上げは質の低い解決方法であり、ブラジル経済の大きな問題は連邦政府の支出であり、とっくにインフレを撲滅する解決方法を学んでいなければならなかった」とコメントしている。

FGV財団の経済担当のヨシアキ・ナカノ取締役は、「ブラジルの税制政策は全く逆の方法をとる必要があり、公共支出の縮小、サービスセクターのインフレコントロール、低金利政策を継続、製造業に有利な為替などの必要性」をコメントしている。

アフォンソ・セルソ・パストーレ元中銀総裁は、「低い失業率は一般消費が好調なシグナルであり問題ないが、ブラジルはインフラ設備の投資しないために経済成長率が伸びず、連邦政府は需要拡大を試みているために、インフレコントロールがおろそかになっている」とコメントしている。

ブレッセル-ペレイラ名誉教授は、「ブラジルの企業経営者は、レアル高の為替で投資を控えているが、最近、ジウマ大統領の経済班によるインフラ投資コンセッションのパッケージ発表の可能性がでてきており、また金利の引上げの可能性もできているために、テストケースとして注目」とコメントしている。(2013年3月31日付けエスタード紙)

 



2020/11/23 » 今年の財政プライマリー収支赤字を8,440億レアルに下方修正(2020年11月20日付けヴァロール紙)
2020/11/23 » フォーカスレポートは今年及び来年のインフレを上方修正(2020年11月23日付けヴァロール紙)
2020/11/20 » FGVは第3四半期のGDP伸び率7.5%増加予想(2020年11月19日付けヴァロール紙)
2020/11/17 » 11月の企業経営者景況感指数(ICE)は前月比0.9ポイント減少(2020年11月16日付けヴァロール紙)
2020/11/16 » 9月の経済活動指数(IBC-Br)は前月比1.29%増加(2020年11月13日付けヴァロール紙)
2020/11/16 » 今年のインフレ指数を3.25%に上方修正(2020年11月16日付けヴァロール紙)
2020/11/13 » 9月のサービス業部門の生産性指標は前月比1.8%増加(2020年11月12日付けエスタード紙)
2020/11/13 » 10月の段ボール箱生産は36万2,100トンで記録更新(2020年11月12日付けヴァロール紙)
2020/11/12 » 半額の300レアルへの緊急補助金支給で9月の貧困層が増加(2020年11月11日付けヴァロール紙)
2020/11/11 » 9月の鉱工業生産はCOVID-19パンデミック前の水準に戻る(2020年11月10日付けエスタード紙)
2020/11/11 » ゲーデス経済相は来年中にエレトロブラスと郵便公社を民営化(2020年11月10日付けヴァロール紙)
2020/11/10 » COVID-19は女性の正規雇用を剥奪(2020年11月9日付けヴァロール紙)
2020/11/09 » フォーカスレポートは今年及び来年のインフレを上方修正(2020年11月9日付けヴァロール紙)
2020/11/05 » 9月の鉱工業部門生産は5ヶ月連続で前月比2.6%増加(2020年11月4日付けエスタード紙/IBGEサイトから抜粋)
2020/11/04 » ホームオフィス労働形態は地方都市への住居移転を促す(2020年11月3日付けヴァロール紙)
2020/11/03 » 今年6月~8月の平均失業率は14.4%に達してワースト記録更新(2020年10月30日付けIBGEサイトより抜粋)
2020/11/03 » 今年のGDP伸び率はマイナス4.81%に据置(2020年11月3日付けヴァロール紙)
2020/10/30 » 今年第3四半期決算でヴァーレ社は黒字、ペトロブラスは赤字計上(2020年10月29日付けヴァロール紙)
2020/10/30 » 9月の財政プライマリー収支は761億レアルの赤字記録(2020年10月29日付けエスタード紙)
2020/10/30 » 9月の正規雇用は31万3,000人増加(2020年10月29日付けエスタード紙)

バックナンバー »