Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
ジウマ大統領はインフレ抑制を強調 2013/03/28

昨日の朝のジウマ・ロウセフ大統領の発言が「インフレ抑制のために経済成長を犠牲にすべきでない」という趣旨に金融スペシャリストに解釈されたのは、誤解であるとジウマ大統領は説明して、インフレ抑制に努めていく姿勢を改めて強調した。

ジウマ大統領は、自分のブログで金融市場は私がインフレに対して許容な姿勢を示した発言だと誤って解釈したことに対して、私の発言を誤解したものであると指摘、インフレ抑制への取り組みはジウマ政権にとって最も重要だと説明した。

ジウマ政権1年目のブラジルの国内総生産(GDP)伸び率は2.7%、昨年は0.9%に留まっており、政策誘導金利(Selic)が過去最低の7.25%、経済活性化政策や減税政策の導入、電力エネルギー料金の値下げにも関わらず、経済成長が滞っていることに対して、ジウマ大統領が苛立ちを募らせていることが誤解を生じる発言につながった。

ジウマ政権の2年にわたった景気減速からブラジル経済が徐々に回復する傾向を示してきているが、インフレ率 が連邦政府の目標中央値4.5%をジウマ政権誕生前から上回っており、最近では許容上限値6.5%に近づいていることもジウマ大統領の苛立ちの原因となっている。(2013年3月28日付けエスタード紙)


 



2020/08/03 » 健康保険プランは需要縮小でププラン再契約価格低下(2020年8月3日付けヴァロール紙)
2020/07/31 » 今年上半期の連邦政府の財政収支は過去24年間で最高の4,170億レアルの赤字計上(2020年7月30日付けヴァロール紙)
2020/07/29 » 今年6月の経常収支は22億ドルの黒字計上(2020年7月28日付けヴァロール紙)
2020/07/28 » 今年のGDP伸び率はマイナス5.77%(2020年7月27日付けエスタード紙)
2020/07/24 » サービス部門は、税制改革の12%のPIS/Cofins統一税に不服で改革阻止を示唆(2020年7月23日付けエスタード紙)
2020/07/24 » 今年6月の国庫庁の歳入総額は862億レアルに留まり、6月としては2004年以降で最低の歳入を記録(2020年7月23日付けヴァロール紙)
2020/07/24 » 今年6月の失業率は12.4%に上昇(2020年7月23日付けヴァロール紙)
2020/07/23 » 今年6月の地方政府の歳入は前年同月比82億レアル増加(2020年7月22日付けエスタード紙)
2020/07/23 » 今年の中央政府の財政プライマリー収支赤字は8,000億レアルに接近か(2020年7月22日付けエスタード紙)
2020/07/22 » 税制改革は税制システムの透明性と社会格差の是正に結びつくとスペシャリストは指摘(2020年7月21日付けエスタード紙)
2020/07/20 » 今年第3四半期の失業者は1,500万人突破か(2020年7月18日付けエスタード紙)
2020/07/17 » COVID-19パンデミックで94万8,800社が従業員削減を余儀なくされた(2020年7月16日付けヴァロール紙)
2020/07/16 » 今年のGDP伸び率はマイナス4.7%の据え置き(2020年7月15日付けエスタード紙)
2020/07/16 » 連邦政府は地方政府のデフォルトを避けるために今年上半期に55億1,000万レアルを肩代わり(2020年7月15日付けエスタード紙)
2020/07/15 » 5月のIBC-Br指数は、COVID-19パンデミック後初めて1.31%上昇(2020年7月14日付けヴァロール紙)
2020/07/15 » 今年6月の破産申し立てが71.3%増加、今後更に悪化予想(2020年7月14日付けエスタード紙紙)
2020/07/13 » 2020年6月14日~20日の平均失業率は12.3%(2020年7月10日付けエスタード紙)
2020/07/10 » 5月のサービス部門提供量は前月比マイナス0.9%と4か月連続で前月割れを記録(2020年7月10日付けヴァロール紙/IBGEサイトから抜粋)
2020/07/10 » 履物業界は給与関連減税措置の中止は1万5,000人の失業に繋がると指摘(2020年7月9日のヴァロール紙)
2020/07/07 » 今年5月の製造業部門売上は11.4%増加を記録(2020年7月6日付けヴァロール紙)

バックナンバー »