Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
Copom議事録は更なるSelic金利の切下げ 2012/06/11

ヨーロッパの債務危機問題や中国の経済成長率の下方修正などの影響を受けて、今年のブラジルの国内総生産(GDP)伸び率の大幅な減少予想並びにインフレ圧力の低下などの要因で、中銀の通貨政策委員会(Copom)の議事録では、今後も引き続き政策誘導金利(Selic)の切下げを予想している。

多くの金融アナリストは、7月並びに8月の中銀のCopom委員会で、Selic金利がそれぞれ0.5%切下げられて、今年末のSelic金利を7.5%と予想しており、ポウパンサ預金の金利もさらに低下すると予想している。

連邦政府は、国内経済活性化のために工業製品税(IPI)の減税政策や社会保障院(INSS)積立金の免除、更にブラジル マイオール プランの減税政策の拡大などを図っているが、製造部門向け投資が減少してきている。

中国のGDP伸び率の下方修正並びに欧米の景気悪化による鉄鉱石需要などの低下で、国際コモディティ価格が減少して、インフレ圧力が後退してきていることもSelic金利の引下げ幅の拡大につながっている。

サンタンデール・アセット・マネージメント社並びにブラデスコ・コレトーラ社、バークレイ・キャピタル社、BTG パクツアル社は、年末のSelic金利を8.0%から7.5%に下方修正している。(2012年6月9日付けエスタード紙)


 



2020/10/28 » 9月の連邦政府の公共負債残高は2.59%増加の4兆5,260億レアルを記録(2020年10月27日付けヴァロール紙)
2020/10/27 » ブラジルのCOVID-19パンデミック対応策による財政支出は新興国でトップ(2020年10月26日付けエスタード紙)
2020/10/26 » 今年9月の経常収支は6ヶ月連続で黒字計上(2020年10月23日付けエスタード紙)
2020/10/26 » 今年9月の失業率は14.0%に達する(2020年10月23日付けヴァロール紙)
2020/10/23 » 年内の新規株式公開を急ぐ企業が目白押し(2020年10月22日付けエスタード紙)
2020/10/23 » Ibre/FGVの調査では、第3四半期のGDPの伸び率は前四半期比7.1%増加に上方修正(2020年10月22日付けヴァロール紙)
2020/10/22 » 9月の歳入総額は同月としては2014年以降で最高(2020年10月21日付けヴァロール紙)
2020/10/20 » 今年の全国消費者物価指数の予想以上の上昇で来年の公共サービス停止の可能性(2020年10月19日付けヴァロール紙)
2020/10/20 » ブラジル人の63%は今後1年以内の失業不安を抱いている(2020年10月19日付けヴァロール紙)
2020/10/19 » 20201年のGDP伸び率を3.47%増加に下方修正(2020年10月19日付けヴァロール紙)
2020/10/16 » 来年初め4か月間のブラジル国債償還総額は6,430億レアル(2020年10月16日付けエスタード紙)
2020/10/16 » 今年8月の経済活動指数(IBC-Br)は1.06%増加(2020年10月15日付けヴァロール紙)
2020/10/16 » ムーディーズは税制改革如何でブラジルの信用格付け見直か(2020年10月15日付けエスタード紙)
2020/10/15 » 8月のサービス部門生産量は3ヶ月連続の前月比2.9%増加(2020年10月14日付けエスタード紙)
2020/10/14 » サンパウロ州内の零細・小規模の製造業は原材料費上昇で苦戦(2020年10月13日付けヴァロール紙)
2020/10/13 » 最終フォーカスレポートは、9週連続で今年のインフレ指数を2.47%に引き上げ(2020年10月13日付けエスタード紙)
2020/10/09 » 9月のインフレ指数としては2003年以降最高の0.64%を記録(2020年10月9日付けヴァロール紙)
2020/10/07 » 8月の鉱工業部門売上は、COVID-19パンデミック前を上回った(2020年10月6日付けエスタード紙)
2020/10/06 » 連邦政府は簡素個人所得税の20%割引措置の廃止検討(2020年10月5日付けヴァロール紙)
2020/10/06 » フォーカスレポートは4週連続で今年のGDP伸び率を上方修正(2020年10月5日付けヴァロール紙)

バックナンバー »