Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
ポウパンサ預金の金利はSelic金利の70%プラスTRに変更 2012/05/04

5月末の通貨政策委員会(Copom)での政策誘導金利(Selic)引下げの可能性が非常に高く、現在のSelic金利9.0%が0.5%以上引き下げられて8.5%以下になると、ポウパンサ預金の金利が確定金利付きファンドの金利を上回るために、連邦政府はポウパンサ預金の金利計算方法の変更に迫られていた。

現在のポウパンサ預金の年利は、現行の月利0.5%(年間6.17%)プラス参考金利(TR)で5月3日までの預金については継続、5月4日以降のポウパンサ預金の年利はSelic金利が8.5%以下になった場合に、Selic金利の70%プラスTRが適用される。

教育調査研究所(Insper)のジョゼ・ヅトラ・ソブリ-ニョ教授は、Selic金利が8.5%になった場合のポウパンサ預金の年利は、現行の6.53%から新計算方法では5.95%に下がると説明している。

ポウパンサ預金の新計算方法が採用されても所得税の免税並びに管理費は無料、いつでも引き出せる預金などは継続されるが、新計算方法の採用で、Selic金利の引下げに伴う確定金利付きファンドからの大幅なポウパンサ預金への資金流出が阻止できるために、連邦政府は継続して国債発行が可能となり、またSelic金利の引下げが継続して可能となる。

ギド・マンテガ財務相は、「現行のポウパンサ預金の計算方法の継続ではSelic金利の引下げの障害になっていたが、新計算方法でSelic金利の引下げが可能となった」と説明している。

連邦政府は、今回のポウパンサ預金の新計算方法の採用で銀行がポウパンサ預金への資金流出を防ぐために、確定金利付きファンドの手数料の引下げを期待している。

マンテガ財務相は、Selic金利が8.0%に引き下げればポウパンサ預金の年利は5.6%になるが、確定金利付きファンドの年利は手数料が1.5%とすれば年利は3.5%とポウパンサ預金が有利になるために、銀行は手数料の引下げが必要になると説明している。

レーメ・インベスティメント社のパウロ・ペトラシ取締役は、「国内製造業の不振やヨーロッパの債務危機、インフレ圧力の低下などの要因にも関わらず、ポウパンサ預金の金利がSelic金利の引下げの障害になっていたが、ポウパンサ預金の金利の計算方法の変更で可能となった」と説明している。

またゲルダウ・インべスティメント社のチーフエコノミストのアンドレ・ペルフェイト氏は、「ポウパンサ預金の金利変更は歴史的なイベントであり、フェルナンド・エンリケ・カルドーゾ大統領が金利変更の検討を開始、ルーラ大統領も変更を試みたが失敗、ジウマ大統領がついに変更を成し遂げた」と説明している。(2012年5月4日付けエスタード紙)


 



2021/03/05 » 昨年のサンパウロ州のGDP伸び率は0.4%増加(2021年3月4日付けヴァロール紙)
2021/03/04 » 2020年のGDP伸び率は、マイナス4.1%で過去3番目の最悪記録(2021年3月3日付けエスタード紙)
2021/03/02 » 最終フォーカスレポートは今年のインフレ指数を3.87%に上方修正(2021年3月1日付けヴァロール紙)
2021/02/26 » 今年1月の中央政府の財政プライマリー収支は、11ヶ月ぶりに黒字計上(2021年2月25日付けエスタード紙)
2021/02/26 » 今年1月の連邦国税庁の歳入総額は1,800億レアル(2021年2月25日付けエスタード紙)
2021/02/26 » 今年1月の連邦政府の債務残高は、0.99%増加の5兆590億レアル(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/25 » 今年1月の経常収支は73億ドルの赤字計上(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/25 » 2月の一般消費者の景況感は4ヶ月ぶりに上昇に転じる(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/23 » ボルソナロ大統領のペトロブラス総裁人事介入で株価暴落(2021年2月22日付けヴァロール紙)
2021/02/22 » フォーカスレポートは今年のGDP伸び率を3週連続で下方修正(2021年2月22日付けヴァロール紙)
2021/02/19 » 年金受給者向け13か月目サラリーや低所得者向けサラリーボーナスの前倒し支給による570億レアル注入で経済活性化(2021年2月19日付けエスタード紙)
2021/02/18 » 最終フォーカスレポートは今年のインフレ指数を6週連続で上方修正(2021年2月17日付けエスタード紙)
2021/02/17 » 今年初め40日間のB3のIPOやfollow-onsによる資金調達は、前年同期比21%増加(2021年2月16日付けエスタード紙)
2021/02/15 » 連邦政府はコワーキング形態労働導入などで、年間5億レアルの賃貸料削減(2021年2月15日付けエスタード紙)
2021/02/15 » 全国工業連盟(CNI)の経済成長を促す25項目のブラジルコスト削減を提案(2021年2月12日付けヴァロール紙)
2021/02/12 » 昨年の経済活動指数(IBC-Br)は、マイナス4.05%を記録(2021年2月12日付けヴァロール紙)
2021/02/12 » 正規雇用に結びつく臨時雇用形態が増加傾向(2021年2月11日付けエスタード紙)
2021/02/10 » 2020年の鉱工業部門生産は調査対象15地域中12地域でマイナスを記録(2021年2月9日付けヴァロール紙)
2021/02/08 » 今年のGDP伸び率を3.47%に下方修正(2021年2月8日付けヴァロール紙)
2021/02/04 » 2021年のサンパウロ州のGDP伸び率は5.0%予想(2021年2月3日付けヴァロール紙)

バックナンバー »