Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
中銀の議事録では追加利下げの可能性示唆 2012/04/27

18日に開催された中銀の通貨政策委員会(Copom)は、政策誘導金利(Selic)を0.75% 引き下げて9.00%にすることを満場一致で決定、昨日、発表されたCopom委員会の議事録では、景気支援のための追加利下げの可能性も示唆し、市場関係者を驚かせた。

第1四半期の経済活動が停滞しており,またインフレ指数である広範囲消費者物価指数(IPCA)は、2カ月連続して予想を下回ってインフレ懸念が薄れているために、Copom 委員会の議事録では、Selic金利を引き下げる余裕があると読み取れる。

また議事録では、Selic金利は過去最低水準の8.75%近くまで低下し、その水準にとどまる公算が大きいとしていた従来の文言が削除され、金融アナリストは、ブラジルの経済の回復ペースが上昇しなければ、追加利下げが行われると見込んでいる。

連邦政府は、ブラジル銀行並びに連邦貯蓄金庫に対して、クレジット金利の大幅引き下げを要請した影響で、民間銀行も金利引き下げを余儀なくされたが、更にSelic金利の引下げで公立銀行は再度の金利引き下げを予定している。

ブラデスコ銀行では5月にSelic金利の0.5%の切下げで8.5%になり、この8.5%は年末まで継続されると予想、シティバンクでは5月並びに7月にそれぞれ0.25%の切下げで8.5%を予想している。

HSBC銀行では国内経済並びにインフレの動向に左右されるが、0.5%の切下げは0.25%の切下げよりも可能性が強いと予想、市場関係者の間では、Selic金利の追加利下げ並びに利下げサイクルの終焉で二分している。(2012年4月27日付けエスタード紙)



2020/11/26 » 今年の対内直接投資はCOVID-19パンデミックの影響で昨年の半分以下か(2020年11月25日付けエスタード紙)
2020/11/26 » 10月の国債発行額は過去最高(2020年11月25日付けヴァロール紙)
2020/11/25 » 10月の歳入総額は2016年以降で同月最高を記録(2020年11月24日付けヴァロール紙)
2020/11/23 » 今年の財政プライマリー収支赤字を8,440億レアルに下方修正(2020年11月20日付けヴァロール紙)
2020/11/23 » フォーカスレポートは今年及び来年のインフレを上方修正(2020年11月23日付けヴァロール紙)
2020/11/20 » FGVは第3四半期のGDP伸び率7.5%増加予想(2020年11月19日付けヴァロール紙)
2020/11/17 » 11月の企業経営者景況感指数(ICE)は前月比0.9ポイント減少(2020年11月16日付けヴァロール紙)
2020/11/16 » 9月の経済活動指数(IBC-Br)は前月比1.29%増加(2020年11月13日付けヴァロール紙)
2020/11/16 » 今年のインフレ指数を3.25%に上方修正(2020年11月16日付けヴァロール紙)
2020/11/13 » 9月のサービス業部門の生産性指標は前月比1.8%増加(2020年11月12日付けエスタード紙)
2020/11/13 » 10月の段ボール箱生産は36万2,100トンで記録更新(2020年11月12日付けヴァロール紙)
2020/11/12 » 半額の300レアルへの緊急補助金支給で9月の貧困層が増加(2020年11月11日付けヴァロール紙)
2020/11/11 » 9月の鉱工業生産はCOVID-19パンデミック前の水準に戻る(2020年11月10日付けエスタード紙)
2020/11/11 » ゲーデス経済相は来年中にエレトロブラスと郵便公社を民営化(2020年11月10日付けヴァロール紙)
2020/11/10 » COVID-19は女性の正規雇用を剥奪(2020年11月9日付けヴァロール紙)
2020/11/09 » フォーカスレポートは今年及び来年のインフレを上方修正(2020年11月9日付けヴァロール紙)
2020/11/05 » 9月の鉱工業部門生産は5ヶ月連続で前月比2.6%増加(2020年11月4日付けエスタード紙/IBGEサイトから抜粋)
2020/11/04 » ホームオフィス労働形態は地方都市への住居移転を促す(2020年11月3日付けヴァロール紙)
2020/11/03 » 今年6月~8月の平均失業率は14.4%に達してワースト記録更新(2020年10月30日付けIBGEサイトより抜粋)
2020/11/03 » 今年のGDP伸び率はマイナス4.81%に据置(2020年11月3日付けヴァロール紙)

バックナンバー »