Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
合計: 3205

2013/01/21 » 今年の新規雇用は200万人以上か
2013/01/21 » 国産品優先プログラムによる支出は予算の僅かに20%
2013/01/17 » 昨年11月のIBC-Brは前月比0.4%増加
2013/01/17 » 連邦政府は都市交通料金値上げの先延ばしを要請
2013/01/17 » (論評)不透明感が強く煮え切らないブラジルの展望
2013/01/14 » 今年のIPCAは6.0%以上か
2013/01/14 » 昨年のサンパウロの製造業の失業率は2.8%
2013/01/11 » 昨年のインフレ指数は5.84%
2013/01/10 » ブラジルのハウスキーパーは720万人
2013/01/07 » 11月の製造業部門の生産はマイナス0.6%
2013/01/07 » BNDESParは財政プライマリー収支黒字達成のために連邦貯蓄金庫と連携
2012/12/20 » IPI税の減税政策を延長
2012/12/20 » 11月の正規雇用は4万6,095人
2012/12/19 » 自動車並びに白物家電のIPI減税政策は延長か
2012/12/19 » 2013年の経常収支赤字は650億レアルを予想
2012/12/18 » 中銀のトンビーニ総裁は来年のインフレ指数は今年を下回ると予想
2012/12/17 » 10月のIBC-Brは0.36%
2012/12/13 » 2010年のサンパウロ市のGDP比率は11.8%
2012/12/11 » 領収書に課税されている税率表示を義務付け
2012/12/10 » 製造業は人件費高騰でオートメーション化を進めるか
2012/12/05 » 10月の工業生産は前月比0.9%増加に留まる
2012/12/03 » 第3四半期のGDP伸び率は僅かに0.6%
2012/11/30 » 下半期の公共投資も目標を下回っている
2012/11/30 » 2011年の国民租税負担率はGDP比35.31%
2012/11/29 » 中銀はSelic金利7.25%を据置
2012/11/27 » 第3四半期のGDP伸び率は1.0%
2012/11/26 » ジウマ政権2年間のGDP伸び率はコロ―ル政権以降で最低
2012/11/23 » 10月の経常収支赤字は54億ドル
2012/11/23 » 10月の失業率は5.3%と過去最低と同率
2012/11/22 » ムーディーズはブラジルの低い経済成長率や投資で格上げを見送り
2012/11/21 » (特別記事)外国籍の有資格専門家に対するパーマネントビザの発給を簡略化へ
2012/11/14 » (特別記事) ブラジルがドイツの労使契約モデルに注目
2012/11/09 » 9月の製造部門の生産は14地域のうち12地域でマイナス
2012/11/08 » ICMS税の一律4.0%変更に対して非難殺到
2012/11/08 » 今年9カ月間の実質サラリーは4.0%増加
2012/11/05 » 財政プライマリー収支黒字は減少
2012/11/05 » (論評)加熱し続けている雇用
2012/11/05 » (特別記事) サンパウロ市の殺人事件は1日4件
2012/10/30 » 2013年末のSelic金利は7.75%
2012/10/30 » 今年9カ月間の中央政府の財政プライマリー収支は目標の56%
2012/10/24 » 対内直接投資が9月から増加傾向
2012/10/24 » ブラジルは世銀のビジネス環境の現状2012年調査で130位
2012/10/23 » Selic金利7.25%は2013年9月まで継続
2012/10/19 » Selic金利の切下げサイクルは終焉
2012/10/18 » 9月の新規雇用は製造業が牽引
2012/10/16 » (特別記事)増加する外国人労働者
2012/10/10 » (特別記事)大統領のスローガンになった「競争力」
2012/10/10 » 北東地域の製造業の生産が好調
2012/10/09 » IMFはブラジルの今年のGDP伸び率を1.5%に下方修正
2012/10/09 » 銀行員や金属工のサラリー調整はインフレ指数プラス2.0%

« 戻る