Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
合計: 3026

2016/04/20 » 第1四半期の歳入総額は8.19%減少
2016/04/19 » 最終フォーカスレポートでは今年のインフレ指数を下方修正
2016/04/18 » ジウマ大統領に対する弾劾決議案を賛成多数で採択
2016/04/15 » 今年の中央政府のプライマリー収支赤字は1,000億レアル突破
2016/04/07 » 昨年のサラリー調整の52%はインフレ指数以上
2016/04/06 » 今年第1四半期の会社更生法適用企業は114%急増
2016/04/05 » 今年のインフレ指数は4回連続で7.28%に下方修正
2016/03/31 » リセッションとドル安の為替はインフレ指数緩和か
2016/03/30 » 2月の中央政府の財政プライマリー収支は250億レアルの赤字を計上
2016/03/28 » 昨年のサンパウロ州の製造業部門は4,000工場以上の閉鎖を余儀なくされる
2016/03/28 » 連邦政府は歳入総額の39.2%を公務員給与に充てる
2016/03/24 » 今年の経常収支赤字は過去9年間で最低予想
2016/03/24 » 2月の失業率上昇は小売部門が牽引
2016/03/23 » 2月の正規雇用者の失業は1992年以降で最高
2016/03/23 » 2月の正規雇用者の失業は1992年以降で最高
2016/03/23 » 昨年最終四半期に社会格差が拡大傾向に転じる
2016/03/22 » バルボーザ財務相は重要支出カット回避向け特別割り当て制度導入
2016/03/22 » 昨年最終四半期のブラジルの鉱工業部門のGDP伸び率はマイナス12.4%
2016/03/21 » 2月の国庫庁の歳入は大幅減少
2016/03/17 » 2月のサンパウロ州の製造業部門は1万2,000人解雇
2016/03/17 » 3月の企業経営者の景況感は若干改善
2016/03/16 » 2015年最終四半期の失業率が二桁台に達したのは6州
2016/03/15 » 1月の経済活動指数(IBC-Br)は11カ月連続でマイナスを記録
2016/03/14 » 2015年のGDPのマイナス3.8%は北部並びに北東部地域が牽引
2016/03/14 » 2015年のGDPのマイナス3.8%は北部並びに北東部地域が牽引
2016/03/14 » 経済危機にも関わらず、Ultra 社並びにJ&F 社、Bayer社は業績好調
2016/03/11 » 連邦政府はCPMF税代替案としてIPI税や IOF税徴収を検討
2016/03/10 » 1月のサンパウロ州鉱工業生産は16.1%下落
2016/03/10 » 2月の広範囲消費者物価指数(IPCA)は0.9%に留まる
2016/03/09 » 昨年の健康保険プランは18.5%減少
2016/03/08 » 大半のエコノミストは今年のGDP伸び率をマイナス4.0%以上に修正
2016/03/08 » 今年初め2か月間の会社更生法適用が116%増加
2016/03/07 » 1月の鉱工業部門の生産は前月比0.4%増加
2016/03/04 » 昨年のGDP-3.8%に続いて今年もトンネルの先の明かりが見えない
2016/03/03 » 中銀の通貨政策委員会は5回連続で政策誘導金利14.25%の据置決定
2016/03/01 » 昨年のPAC投資総額は2,510億レアル
2016/02/26 » 2016年1月の中央政府の財政収支は148億3,500万レアルの黒字計上
2016/02/24 » 1月の経常収支は48億1,700万ドルを記録
2016/02/24 » 2月のインフレ指数1.42%と過去13年間で最高記録
2016/02/24 » 2月の企業経営者の景況感は再度悪化
2016/02/23 » 昨日22日のドルの為替や先物金利は海外要因で減少に転じる
2016/02/22 » コモディティ価格下落で投資が大幅に減少
2016/02/22 » 高学歴雇用も減少傾向
2016/02/18 » 2015年のサービス部門のGDP伸び率はマイナス3.6%を記録
2016/02/17 » 今年の財政プライマリー収支はGDP比マイナス1.0%まで許容幅を設けるか
2016/02/17 » ICMS税変更で電子商取引部門が混乱に陥っている
2016/02/15 » 消費者の信頼回復が経済回復のロコモーション
2016/02/12 » 格付け会社Fitch Ratings社はブラジル企業の投資不適格級への格下げ検討
2016/02/11 » フォーカスレポートでは2017年のインフレ指数を6.0%に上方修正
2016/02/11 » 1月の鉱工業部門などの景況感が若干改善か

« 戻る