Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
合計: 3092

2018/10/17 » 2018年のブラジルの国際競争力は72位に後退
2018/10/16 » 今年上半期のブラジルへの直接投資は不透明な大統領選挙で22%減少
2018/10/11 » 今年上半期のブラジルのM&A案件は23.6%減少
2018/10/10 » ブラジル貿易協議所(Camex)はアルゼンチンの為替危機を考査
2018/10/10 » 今年8月のサンパウロ州の鉱工業部門生産はマイナス0.9%
2018/10/10 » 製造業界は大統領候補の不透明な工業政策に不服
2018/10/08 » 連邦政府公務員のサラリー調整はインフレ指数を大幅に上回っている
2018/10/04 » 今年の財政プライマリー収支赤字は1,200億レアル以下か
2018/10/04 » 2023年の公的債務残高はGDP比84.1%まで上昇か
2018/10/03 » 8月の製造業部門生産は前月比マイナス0.3%
2018/10/03 » ジャイル・ボルソナロ候補の支持率上昇でドル下落、株価高騰
2018/10/02 » 製造業部門経営者の景況感が過去12カ月間で最低
2018/10/01 » 8月の公的債務残高はGDP比77.3%に達する
2018/10/01 » 失業率低下も正規雇用は依然として低調
2018/09/28 » 第2四半期のGDP伸び率は南東部地域が辛うじて増加
2018/09/27 » 今年8月の財政プライマリー収支赤字は197億レアル
2018/09/25 » 今年8月の過去12カ月間の経常収支赤字はGDP比0.8%
2018/09/25 » フォーカスレポートは今年のインフレ指数を4.28%に上方修正
2018/09/24 » 8月の正規雇用は11万人を突破
2018/09/24 » 今年8月の国庫庁の歳入総額は1.08%増加の1,097億レアル
2018/09/20 » 今年第2四半期のアルゼンチンのGDP伸び率はマイナス4.2%
2018/09/19 » 今年の財政プライマリー収支赤字を80億レアル下方修正
2018/09/19 » 過去30年間でテーメル政権のGDP伸び率は僅かコロール政権とジウマ政権を上回った
2018/09/18 » 連邦政府は8月末までに地方政府の28億レアルの負債を肩代わり
2018/09/18 » 今年7月の経済活動指数(IBC-Br)は前月比0.57%増加
2018/09/17 » 今年7月のサービス部門のGDP伸び率は前月比マイナス2.2%
2018/09/14 » 来年からチリ並びにペルー、メルコスールでの政府調達協定施行
2018/09/13 » ブラジルのCDS指数は不透明な大統領選挙を控えて2倍に増加
2018/09/12 » 左派大統領候補の支持率上昇で株価下落並びに一層のドル高進行
2018/09/12 » 今年7月のサンパウロ州の製造業部門生産は過去3年間で最低
2018/09/11 » 新形態の断続的労働契約が定着していない
2018/09/10 » 今年8月は1998年以降で初めてデフレを記録
2018/09/06 » 今年上半期の連邦公社の純益は373億レアル
2018/09/05 » 来年の税制優遇政策導入による国庫庁の歳入減少は3,060億レアル
2018/09/03 » 2018年第2四半期のGDP伸び率は僅か0.2%増加
2018/09/03 » デジタル革命到来で2030年には14%の仕事消滅か
2018/08/31 » 今年7月の財政プライマリー収支赤字は僅か75億4,700万レアル
2018/08/31 » 今年7月末の失業者は1,290万人
2018/08/30 » 来年の連邦公務員給与引上げ承認で69億レアルの歳出
2018/08/29 » 2021年の一般歳出の義務的支出は財政プライマリー収支の98%予想
2018/08/29 » 製造業部門の経済指標が軒並み悪化
2018/08/28 » フォーカスレポートは今年のインフレ指数を4.17%に上方修正
2018/08/27 » 今年第2四半期のGDP伸び率は僅か0.1%増加予想
2018/08/24 » 今年7月の歳入は2011年以降では最高記録
2018/08/24 » 8月のインフレ指数は2010年以降では最低の0.13%
2018/08/23 » 今年7月の正規雇用は4万7,000人増加
2018/08/21 » 大統領選挙などの要因で景気動向が不透明
2018/08/20 » 2018年第2四半期のM&A件数は記録更新
2018/08/16 » 今年第2四半期の経済活動指数(IBC-Br)はマイナス1.0%
2018/08/13 » 年金・恩給受給者が3,000万人突破

« 戻る