Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
3日間の抗議デモでペトロブラスはディーゼル燃料価格を10%値下げ 2018/05/24

3日間連続で発生しているディーゼル燃料価格値下げ要請を発端とした、全国規模のトラック運転手の国道封鎖による抗議デモの影響は、ガソリンポストの石油・エタノール、ディーゼル燃料不足であらゆる産業界に影響を及ぼし始めている。

ペトロブラス石油公社のペドロ・パレンテ総裁は、今後15日間のディーゼル燃料価格の10%値上げを発表、この値下げ期間中に連邦政府と自営業運転手協会(CNTA)の代表との間で、解決策を見出すまでの予防措置の採用決定を余儀なくされた。

ペトロブラス石油公社による石油製油所のディーゼル燃料価格の10%値下げは、今後15日間に亘って1リットル当たりの卸売価格R$2.3351からR$2.1016に引き下げられる一方で、15日後には、国際コモディティ価格やレアル通貨に対するドル為替変動を基に再度価格調整が行われる。

ペトロブラスでは、2016年10月の石油派生品の卸売価格決定のために市場価格決定グループを設立、石油派生品の国際コモディティ価格やレアル通貨に対するドル為替の変動、国内の石油派生品需要などを加味して価格決定を実施している。

トラック運転手による国道封鎖の抗議デモは、最低でも24日午後まで継続するが、24日午前10時にブラジリアでCNTA総会を開催してペトロブラスによる10%値上げの承認採決、また午後2時にはエリゼウ・パジーリャ官房長官と会合を予定していると自営業運転手協会(CNTA)のエジマール・ローザ・デ・ソウザ会長は説明している。

ペトロブラス石油公社による石油製油所のディーゼル燃料価格の15日間の10%値下げで、同公社は総額3億5,000万レアルの損害を被るが、抗議デモ継続で石油製油所の操業が中止になれば9,000万レアルの損害に繋がるために、10%の大幅値下げ決定を余儀なくされた。(2018年5月24日付けエスタード紙)

 



2018/05/24 » 3日間の抗議デモでペトロブラスはディーゼル燃料価格を10%値下げ
2018/05/24 » 28セクターに対してINSS納付率免税措置を継続
2018/05/23 » トラック運転手の国道封鎖による抗議デモは自動車業界や食品業界を直撃
2018/05/23 » 厚生省は糖分過剰摂取に対する警告ラベル使用義務化
2018/05/22 » ディーゼル価格高騰で全国のトラック運転手が抗議デモ
2018/05/21 » 青年層の失業率が28.1%に達している。
2018/05/17 » 今年3月の経済活動指数(IBC-Br)は期待外れのマイナス0.74%
2018/05/16 » 国庫庁では滞納税回収計画(Refis)は脱税温床で捜査対象
2018/05/16 » 2018年3月のサービス部門伸び率は前月比マイナス0.2%
2018/05/15 » Green Economyはブラジル国内での雇用創生拡大
2018/05/14 » 企業経営者組合も新労働法施行で80%以上の収入減少
2018/05/10 » 各州政府公務員年金・恩給支給が州政府財政を圧迫
2018/05/10 » 昨年は90万人がAクラス並びにBクラスから転落
2018/05/09 » ブラジル外務省はアジア諸国との貿易協定締結でミッション派遣
2018/05/08 » 今年第1四半期のFBCFは僅か0.3%増加
2018/05/04 » 組合加入費支払い義務終了に伴って労働組合収入80%減少で壊滅的ダメージ
2018/05/04 » 今年3月の鉱工業生産は予想以下に留まる
2018/05/03 » 米国のブラジル製鉄鋼製品に対する輸入制限は強烈なダメージ
2018/05/02 » 2018年第1四半期の月間平均失業率は13.1%に上昇
2018/04/27 » 連邦政府はヴェネズエラ政府やモザンビーク政府の債務不履行カバーか

バックナンバー »