Câmara do Japão
Português
検索: OK

鉱業

検索期間を指定してください: OK
新興国の需要増加で銅供給が不足 2011/12/06

欧米を中心に先進諸国の今後数年間に亘って景気減速が明確になってきているにも関わらず、新興国のインフラ整備拡大で今後20年間に亘って、銅の需要が供給を上回ると予想されている。

CRUインターナショナル社の予想によると2017年から銅の需要が供給を大幅に上回るために、コモディティ価格は高値を維持すると予想、2011年から2014年にかけて銅需要は年平均4.9%増加が見込まれている。

今年の銅の供給量は需要を20万トン下回り、来年は25万トン不足、2013年は銅鉱山の開発開始で需要を満たすが、2014年から再び不足すると予想されている。

昨年の銅のコモディティ価格は前年比40%高騰したにも関わらず、供給不足となっており、リオ・チント社の銅生産は前年比16%、アングロ・アメリカン社は7.0%とそれぞれ減少、ヴァーレが辛うじて4.4%の増産、しかし銅鉱石の含有量が減少してきている。

ヴァーレの国内最大の銅鉱石開発はパラー州Sossego鉱山で2004年から開発を開始、カナダやチリでも生産を行っており、今年は33万トン、2015年には100万トンの生産を予定している。

世界的な銅需要でヴァーレ社はコンゴ共和国のMetorex社の銅鉱山並びにコバルト鉱山買収を試みたが、資源確保では資金に糸目をつけない中国資本Jinchuan社が落札、世界の銅生産の40%はチリ並びにペルーとなっている。

ヴァーレ社はブラジル国内では年間52万トンの生産能力を擁するSalobo鉱山の操業を今年下半期に予定していたにも関わらず、鉱山開発用機械・装置の納入遅れで来年の操業開始となる。

またヴァーレはリオ・チント社と共同でモンゴルのOyu Tolgoi鉱山の操業を2012年8月から開始、年産45万トンの生産を予定、銅生産トップはFreeport McMoRan Copper&Gold社の177万トン、次いで Codelco社は176万トン BHP Billiton社111万トン Xstrata社91万トン Grupo Mexico社は69万トンで5位となっている。 (2011年12月6日付けヴァロール紙)


 



2019/01/09 » 2019年のセメント生産は3.3%増加の5,440万トン予想
2018/12/19 » ラポーザ・セーラ・ド・ソル先住民保護区には90件の鉱物資源調査申請済み
2018/10/25 » 第3四半期のヴァーレ社の純益は為替下落で20%減少
2018/10/16 » ヴァーレ社の第3四半期の鉄鉱石生産は記録更新
2018/10/11 » 2019年の国内のセメント消費は3.0%以上増加予想
2018/10/04 » アルミナ製錬所アルノルテの操業を一時停止でアルミ価格上昇か
2018/09/24 » 今年の鉱業関連ロイヤリティは30億レアル突破で記録更新予想
2018/09/11 » ヴェーレ社は鉄鉱石鉱山の無人ダンプトラック走行システムを開発・導入
2018/07/26 » ヴァーレ社の第2四半期の純益は前年同期比5倍に上昇
2018/07/17 » ヴァーレ社の第2四半期の鉄鉱石生産は記録更新
2018/06/12 » トラック運転手の国道封鎖抗議デモで今年のセメント生産減少に追討ち
2018/06/12 » Vale社はカナダでコバルト生産拡大
2018/05/29 » 鉱山開発に回復の兆し
2018/04/17 » 今年第1四半期のヴァーレ社の鉄鉱石販売は8,430万トンで記録更新
2017/07/26 » 鉄鉱石のロイヤリティ徴収は価格変動に対応
2017/06/22 » 連邦政府は年内の1,000カ所の鉱山の電子入札予定
2017/05/11 » 今年初め4か月間のセメント販売は依然として不振継続
2017/05/09 » 中国の鉄鉱石輸入減少でコモディティ価格減少
2017/03/09 » 資源大手各社は2017年を楽観視
2017/01/17 » 今年のセメント業界は過去最悪の可能性

バックナンバー »