Câmara do Japão
Português
検索: OK

鉱業

検索期間を指定してください: OK
ヴォトランチンは亜鉛、アルミやニッケル増産に10億レアルを投資 2011/04/13

ヴォトランチン金属グループは亜鉛セクターの増産に4億3,000万レアル、アルミ4億100万レアル、ニッケル1億5,100万レアル、地質調査に1億レアルを投資して新たな鉱山開発を予定、大半は自己資金で賄うが、残りは社会経済開発銀行(BNDES)から借り入れる。

グループ傘下のブラジルアルミ会社(CBA)に対して製品の付加価値を付けるために2億9,200万レアルを投資、建設部門向けプレス機械への設備投資に5,000万レアル、残りはリサイクル事業のMetalex社に投資される。

同社の経営陣は鉱山エネルギー省の鉱業ロイヤルティ(CFEM)の増率の行方を見守っているが、鉄鉱石は製錬や加工されないでそのまま輸出されるために、非鉄金属資源よりもロイヤリティ支払い比率が高くなければならないと指摘している。

金の対する連邦政府、州政府並びに市町村に支払うロイヤリティは1%、アルミ並びにマンガン2%、石炭、鉄鉱石並びに肥料は3%、また非鉄金属生産は鉄鉱石ほど収益性が高くない。

ヴォトランチンは2008年から投資が中止されているゴイアス州ニッケランジア市のニッケルプロジェクトに4億レアルの投資を予定、金融危機前のニッケルのトン当たりの国際コモディティ価格は5万4,000ドル、2008年には9,500ドルと暴落していた。(2011年4月13日付けブラジル・エコノミコ紙)

 



2018/10/16 » ヴァーレ社の第3四半期の鉄鉱石生産は記録更新
2018/10/11 » 2019年の国内のセメント消費は3.0%以上増加予想
2018/10/04 » アルミナ製錬所アルノルテの操業を一時停止でアルミ価格上昇か
2018/09/24 » 今年の鉱業関連ロイヤリティは30億レアル突破で記録更新予想
2018/09/11 » ヴェーレ社は鉄鉱石鉱山の無人ダンプトラック走行システムを開発・導入
2018/07/26 » ヴァーレ社の第2四半期の純益は前年同期比5倍に上昇
2018/07/17 » ヴァーレ社の第2四半期の鉄鉱石生産は記録更新
2018/06/12 » トラック運転手の国道封鎖抗議デモで今年のセメント生産減少に追討ち
2018/06/12 » Vale社はカナダでコバルト生産拡大
2018/05/29 » 鉱山開発に回復の兆し
2018/04/17 » 今年第1四半期のヴァーレ社の鉄鉱石販売は8,430万トンで記録更新
2017/07/26 » 鉄鉱石のロイヤリティ徴収は価格変動に対応
2017/06/22 » 連邦政府は年内の1,000カ所の鉱山の電子入札予定
2017/05/11 » 今年初め4か月間のセメント販売は依然として不振継続
2017/05/09 » 中国の鉄鉱石輸入減少でコモディティ価格減少
2017/03/09 » 資源大手各社は2017年を楽観視
2017/01/17 » 今年のセメント業界は過去最悪の可能性
2016/12/05 » 2017年のセメント販売は今年を6.0%以上落ち込むと予想
2016/11/01 » 中国の景気回復傾向で10月の鉄鉱石価格は16%上昇
2016/10/27 » ヴァーレ社の第3四半期の純益は18億4,200万レアルを記録

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】
 

中南米ビジネスセミナー資料(10月9日)

Pdf「コロンビア最新経済・ビジネス概況」

Pdf「チリ最新経済・ビジネス概況」

Pdf「アルゼンチン最新経済・ビジネス概況」

Pdf「メキシコ最新経済・ビジネス概況」

Pdf「ペルー最新経済・ビジネス概況」

 

Pdfブラジル個人情報保護法  (日伯法律委員会 ( 藏掛忠明委員長)主催の「ブラジル個人情報保護法の概要セミナー」2018年9月11日)

Pdf『ブラジル労働改正法』セミナー (企業経営・地場企業推進委員会(鈴木ワグネル委員長)主催の2018年9月4日)

Pdf新移民法セミナー発表資料掲載(7月31日)

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー