Câmara do Japão
Português
検索: OK

鉱業

検索期間を指定してください: OK
ルーラ大統領は肥料生産拡大を要請 2010/04/01

連邦政府は農業大国のブラジルが化学肥料を輸入に依存して、コモディティ価格の変動に左右されている現状を打開するために、国内で化学肥料の原料となる窒素、リン酸、カリウムなどを生産しているペトロブラス石油公社とヴァーレ社に開発に拍車をかけるように要請している。

特にカリウムは国内消費の91%を輸入に依存しているために国内での増産が急がれているが、ペトロブラスはアマゾナス州のノーヴァ・オリンダにロシア並びにカナダに次ぐ世界3位の埋蔵量を誇る鉱山を所有しているにも関わらず、鉱山開発に20億ドルの投資が必要なために開発が遅れている。

またペトロブラスが所有していたセルジッペ州のカリウム鉱山はヴァーレが民営化される前に譲渡されたが、民営化後のヴァーレは細々と生産しているために連邦政府から圧力がかかっている。

エジソン・ロバン元鉱山エネルギー相は生産していない鉱山に対して、鉱山会社から鉱山接収をする新規制を設ける提案を行って、開発に拍車をかけさせる準備を行っていた。

また連邦政府は化学肥料生産を監督する公社設立を検討して、ペトロブラス並びにヴァーレに対して増産に拍車をかけさせる。

連邦政府は経済成長加速プログラムの第2次プロジェクト(PAC2)では4プロジェクトを予定、セルジッペ州に硫酸アンモニア工場、南マット・グロッソ州トレス・ラゴア市に窒素工場、ミナス州のウベラーバ市に硫酸アンモニア工場、エスピリット・サント州に硫酸アンモニア工場並びに窒素工場建設を予定している。

これらの肥料工場の投資総額は112億レアル、そのうち91億レアルは2011年から2014年の投資が見込まれており、国内での増産に拍車をかける。(2010年4月1日付けエスタード紙)


 



2020/10/21 » ヴァーレ社の今年第3四半期の鉄鉱石生産は前年同期比2.3%増加(2020年10月20日付けヴァロール紙)
2020/09/16 » 鉄鉱石価格上昇でヴァーレ社は来年の高配当を約束(2020年9月15日付けエスタード紙)
2020/07/31 » ヴァーレ社の2022年の鉄鉱石生産は4億トンに引き上げ(2020年7月30日付けヴァロール紙)
2020/07/22 » COVID-19パンデミックにも拘らず、ヴァーレ社の第2四半期生産は5.5%増加(2020年7月21日付けヴァロール紙)
2020/07/21 » COVID-19パンデミックはラテンアメリカの鉱業生産には予想以下のインパクト(2020年7月20日付けヴァロール紙)
2020/07/14 » 中国資本SAM社は年間2,750万トンの鉄鉱石生産プロジェクトの開発ライセンス待ち(2020年7月13日付けヴァロール紙)
2020/06/29 » Sigma社は8月からリチウム鉱開発に着手、2022年から生産開始予定(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/09 » ヴァーレ社ミナス州の鉱山操業停止で、鉄鉱石の国際コモディティ価格上昇(2020年6月8日付けエスタード紙)
2020/04/29 » 資源大手ヴァーレ社の第1四半期の純益は9億8,400万レアルの黒字計上(2020年4月29日付けエスタード紙)
2020/04/24 » 2020年4月に鋼材販売量が1995年の水準まで後退したとIABrが指摘(2020年4月24日付けバロール紙)
2020/04/16 » 2020年第1四半期の国内鉱工業生産量が前年同期比-17.67%の2億2,044万トン(2020年4月16日付けバロール紙)
2020/04/10 » ヴァーレ社は4月末まで10億レアルをサプライヤーに前払い
2020/04/06 » 需要の落ち込みを受けアルセロール・ミタルに続きウジミナスとゲルダウも減産で対応(2020年4月6日付けバロール紙)
2020/04/03 » パンデミックによる需要減でUsiminasが20年4月から減産(2020年4月3日付けバロール紙)
2020/03/30 » MRSが支払期日の先送りを顧客に認めることも検討(2020年3月30日付けバロール紙)
2020/03/26 » 新型コロナウイルスの検疫隔離措置の影響で国内鉄鋼会社が減産を検討(2020年3月26日付けバロール紙)
2019/10/07 » 連邦政府はウラン鉱開発並びに原子力発電所建設拡大
2019/06/05 » ミナス州の中小鉱業会社が鉄鉱石生産再開
2019/05/14 » ヴァーレ社は鉄鉱石乾燥プロセスに110億レアル投資
2019/04/15 » ヴァーレ社の鉱滓用ダム決壊事故で鉄鉱石ペレット不足懸念

バックナンバー »