Câmara do Japão
Português
検索: OK

鉱業

検索期間を指定してください: OK
資源大手ヴァーレ社の第1四半期の純益は9億8,400万レアルの黒字計上(2020年4月29日付けエスタード紙) 2020/04/29

昨日28日の資源大手ヴァーレ社の2020年第1四半期の決算発表では、純益総額は9億8,400万レアルの黒字を計上、昨年1月25日に発生したヴァーレ社のミナス州ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故で、鉄鉱石生産が大幅に減産した影響を受けた昨年同期の64億レアルの赤字から一転して黒字となっている。

「ヴァーレ社は、新型コロナウイルのパンデミック対応で従業員やその家族の健康と安全を最優先する計画を作成しているが、決壊事故を起こしたブルマジーニョ鉱山ダムの保守や環境改善、事故再発防止などに継続して投資する」とEduardo Bartolomeo社長は説明。また「ヴァーレ社の目的は、世界て最も安全で信頼を得る鉱山会社になる継続した努力の維持」と付け加えた。

今年第1四半期の鉄鉱石並びにパレット販売は、レアル通貨に対するドル高の為替で前四半期比98億レアル減少の313億レアルと前年同期並みに留まった。

また2016年末から操業開始したパラー州カラジャス鉱山S11Dシステムの含有量の高い鉄鉱石生産は、長雨の影響で大幅な生産減少を余儀なくされていたものの、新型コロナウイルのパンデミックの影響は未だ及んでいない。

今年第1四半期のヴァーレ社の利払い前・税引き前・減価償却前利益(EBITDA)は、2月初めのミナス州最大の鉄鉱石生産を誇るブルクツ鉱山のラランジェイラス鉱滓用ダムの操業許可停止による生産減少並びにドル高の為替の影響で129億レアルに留まった。また前四半期比では16億レアル減少している。

「ドル高の為替は売り上げに寄与する。しかし今後の新型コロナウイルス感染拡大で幾つかの鉱山の操業停止の可能性は避けられない。含有量の高い鉄鉱石の需要と供給バランスでは、鉄鉱石の国際コモディティ価格の強気の上昇圧力につながる」とMirae Asset社アナリストのPedro Galdi氏は説明している。

新型コロナウイルのパンデミック危機でもブラジルで最も流動性の高い企業であるヴァーレ社の3月末の負債総額は前四半期比1.4%減少の48億800万ドル、前年同期比では60%と大幅な減少を記録して過去12年間で最低の負債総額迄減少している。

ヴァーレ社は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、資金調達に困難をきたしている中小規模のサプライヤー3,000社に対して、3月に1億7,100万レアルの前払いを行った。また4月末までに総額9億3,200万レアルに達する支払期限前の前払い用の運転資金クレジット枠を設定している。。

新型コロナウイルのパンデミックの影響を受けていない今年第1四半期の鉄鉱石生産は、目標の6,300万トン~6,800万トンを下回る5,960万トン、前四半期比23.9%減少、前年同期比18.2%減少している。

今後新型コロナウイルのパンデミックの影響を考慮して、今年の鉄鉱石生産は前回予想の3億4,000万トン~3億5,500万トンから3億1,000万トンから3億3,000万トンに下方修正されている。

ヴァーレ社は競合他社のリオ・ティント社に続いて、世界の鉄鉱石供給の減少予想で、今年の鉄鉱石の国際コモディティ価格は1トン当たり80ドル~90ドルを維持すると予想している。

同社は今年第1四半期の投資総額は11億2,400万ドル、そのうち1億4,500万ドルは開発プロジェクト、9億7,900万ドルはオペレーションメンテナンスに充てられた。今年の投資総額は46億ドルが見込まれている。昨年の投資第1四半期の投資総額は6億1,100万ドルであった。



2020/07/14 » 中国資本SAM社は年間2,750万トンの鉄鉱石生産プロジェクトの開発ライセンス待ち(2020年7月13日付けヴァロール紙)
2020/06/29 » Sigma社は8月からリチウム鉱開発に着手、2022年から生産開始予定(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/09 » ヴァーレ社ミナス州の鉱山操業停止で、鉄鉱石の国際コモディティ価格上昇(2020年6月8日付けエスタード紙)
2020/04/29 » 資源大手ヴァーレ社の第1四半期の純益は9億8,400万レアルの黒字計上(2020年4月29日付けエスタード紙)
2020/04/24 » 2020年4月に鋼材販売量が1995年の水準まで後退したとIABrが指摘(2020年4月24日付けバロール紙)
2020/04/16 » 2020年第1四半期の国内鉱工業生産量が前年同期比-17.67%の2億2,044万トン(2020年4月16日付けバロール紙)
2020/04/10 » ヴァーレ社は4月末まで10億レアルをサプライヤーに前払い
2020/04/06 » 需要の落ち込みを受けアルセロール・ミタルに続きウジミナスとゲルダウも減産で対応(2020年4月6日付けバロール紙)
2020/04/03 » パンデミックによる需要減でUsiminasが20年4月から減産(2020年4月3日付けバロール紙)
2020/03/30 » MRSが支払期日の先送りを顧客に認めることも検討(2020年3月30日付けバロール紙)
2020/03/26 » 新型コロナウイルスの検疫隔離措置の影響で国内鉄鋼会社が減産を検討(2020年3月26日付けバロール紙)
2019/10/07 » 連邦政府はウラン鉱開発並びに原子力発電所建設拡大
2019/06/05 » ミナス州の中小鉱業会社が鉄鉱石生産再開
2019/05/14 » ヴァーレ社は鉄鉱石乾燥プロセスに110億レアル投資
2019/04/15 » ヴァーレ社の鉱滓用ダム決壊事故で鉄鉱石ペレット不足懸念
2019/04/09 » 今年の鉄鉱石価格は既に30%以上値上がり
2019/04/05 » Sigma Mineração社は7,000万ドル投資でリチウム鉱開発
2019/03/29 » 今年のヴァーレ社の鉄鉱石生産は7,500万トン減産予想
2019/03/28 » 昨年のヴァーレ社の純益は鉄鉱石価格とドル高で45%上昇
2019/02/08 » ヴァーレ社の廃水用ダム事故や操業停止で鉄鉱石価格は100ドル突破か

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

Pdf第7回ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)『雇用維持のための救済措置の状況と今後について』(Fator法律事務所の佐藤ジルセウ弁護士 2020年7月8日)

Pdf『チリにおける新型コロナウイルスの影響』ジェトロ・サンチアゴ事務所の佐藤 竣平所長 2020年7月1日

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴う企業活動や危機管理に関するアンケート結果【速報】(2020年6月)

________

Pdf『2020年度第1四半期決算発表からみる新型コロナウイルスのブラジル企業への影響』(コンサルタント部会の吉田幸司部会長 2020年6月24日)

Pdf4回「ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)」(ジェトロサンパウロ事務所の大久保敦所長 2020年6月17日)

Pdf第3回「ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)」ジェトロリマ事務所の設楽 隆裕所長(2020年6月10日)

 

Pdf「アルゼンチンにおける新型コロナウイルスの影響」ジェトロブエノスアイレス事務所の紀井寿雄所長 2020年6月3日

Pdfブラジル等における新型コロナ対応状況(ジェトロサンパウロ事務所 大久保敦所長 2020年5月27日)

Pdf雇用維持のための救済措置解説セミナー発表資料 (佐藤ジルセウ弁護士 2020年4月27日)

 

  会員企業の新型コロナSDGs (CSR) 他、関連取り組み状況

 

Pdf【速報2】新型コロナウィルス感染に関するアンケート【その2】一時帰国対応について 3/31日現在

Pdf【速報 (更新)】新型コロナウィルス感染に関するアンケート調査結果 4/3日現在 128社

Pdf新型コロナウィルス対策に関連する各種法律・政令 3/24

Pdf感染対策情報(サンパウロ日伯援護協会提供)3/19

Pdf新型コロナウィルス情報(ポル語、サンタクルス病院提供)3/17

Pdfブラジル保健省フェイスブック

Pdf新型コロナウイルスに関するQ&A 保健省(ポルトガル語)

Pdfブラジル保健省ホームページ

Pdf感染発生連絡③ 3/20

Pdf感染発生連絡② 3/17

Pdf感染発生連絡① 3/11

 

______

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

Pdfブラジルのポテンシャル

(麻生元総理との意見交換会)

 

→ バックナンバー

Pdfブラジル概要資料