Câmara do Japão
Português
検索: OK

鉱業

検索期間を指定してください: OK
連邦政府はウラン鉱開発並びに原子力発電所建設拡大 2019/10/07

連邦政府は5年間に亘って中止されているウラン鉱の開発並びにラヴァ・ジャット汚職事件問題で、2015年から建設中止となっている電子力発電所アングラ3号の再開を検討している。

ブラジル原子力工業公社(INB)が独占的にウラン鉱開発を行っているが、投資パートナーシップ(PPI)による民間企業との協同事業を行うには、憲法補足法案(PEC)として上院並びに下院でそれぞれ60%以上の賛成票を獲得して法律を変更する必要がある。

ブラジル国内のウラン鉱の埋蔵量は、オーストラリア並びにカザキスタン、カナダ、ロシア、南アフリカ、ナイジェリアに次いで世界7位と見込まれているが、ブラジル原子力工業公社(INB)の資金不足のために、投資パートナーシップ(PPI)による民間企業との共同開発を検討している。

連邦政府ではセアラー州サンタ・キテリア鉱山では、燐酸鉱石が90%、ウラン鉱石が10%の割合で算出するために、大半が燐酸鉱石開発になるために、2024年から民間鉱山開発企業Galvaniグループとの共同開発を予定している。

中国ならびに米国、フランス、日本、韓国、ロシアはブラジル国内でのウラン鉱開発のための投資パートナーシップ(PPI)に名乗りを挙げており、また67%まで工事が進んでいるアングラ3号への建設にも名乗りを挙げている。

アングラ3号を完成させるためには160億レアルの資金投入が必要となっているが、連邦政府では資金不足を補うために、国内外の民間企業との投資パートナーシップ(PPI)採用を検討している。

投資パートナーシップ(PPI)を扱う特別局では、2020年上半期に投資パートナーシップ(PPI)の民間企業を決定して、2020年下半期からアングラ3号の工事再開を予定している。

ブラジル国内のウラン鉱山として、アマゾナス州Pitinga鉱山並びにパラー州Rio Cristalino鉱山、セアラー州Santa Quiteria鉱山、ペルナンブーコ州Espinharas鉱山、トカンチンス州Campos Belos Rio Preto鉱山、バイア州Caetite鉱山/Lagoa Real鉱山、ミナス州Quadrilatero鉱山並びにPoços de Caldas 鉱山、パラナ州Figueira鉱山でウラン鉱の埋蔵が確認されている。

ブラジル原子力発電委員会(Cnen)は、今年2月にブラジル原子力工業公社(INB)から要請されていたバイア州Caetite鉱山のウラン鉱開発許可に対して、今年4月に承認、今後24カ月間に亘ってウラン鉱開発が可能となる。

ブラジル原子力工業公社(INB)は、2000年~2015年に亘ってバイア州Caetite鉱山近隣のCachoeira鉱山で3,750トンのウラン鉱を採掘して、Yellowcake と呼ばれる粉末状のウラン精鉱を製造していた。(2019年10月7日付けエスタード紙)



2020/09/16 » 鉄鉱石価格上昇でヴァーレ社は来年の高配当を約束(2020年9月15日付けエスタード紙)
2020/07/31 » ヴァーレ社の2022年の鉄鉱石生産は4億トンに引き上げ(2020年7月30日付けヴァロール紙)
2020/07/22 » COVID-19パンデミックにも拘らず、ヴァーレ社の第2四半期生産は5.5%増加(2020年7月21日付けヴァロール紙)
2020/07/21 » COVID-19パンデミックはラテンアメリカの鉱業生産には予想以下のインパクト(2020年7月20日付けヴァロール紙)
2020/07/14 » 中国資本SAM社は年間2,750万トンの鉄鉱石生産プロジェクトの開発ライセンス待ち(2020年7月13日付けヴァロール紙)
2020/06/29 » Sigma社は8月からリチウム鉱開発に着手、2022年から生産開始予定(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/09 » ヴァーレ社ミナス州の鉱山操業停止で、鉄鉱石の国際コモディティ価格上昇(2020年6月8日付けエスタード紙)
2020/04/29 » 資源大手ヴァーレ社の第1四半期の純益は9億8,400万レアルの黒字計上(2020年4月29日付けエスタード紙)
2020/04/24 » 2020年4月に鋼材販売量が1995年の水準まで後退したとIABrが指摘(2020年4月24日付けバロール紙)
2020/04/16 » 2020年第1四半期の国内鉱工業生産量が前年同期比-17.67%の2億2,044万トン(2020年4月16日付けバロール紙)
2020/04/10 » ヴァーレ社は4月末まで10億レアルをサプライヤーに前払い
2020/04/06 » 需要の落ち込みを受けアルセロール・ミタルに続きウジミナスとゲルダウも減産で対応(2020年4月6日付けバロール紙)
2020/04/03 » パンデミックによる需要減でUsiminasが20年4月から減産(2020年4月3日付けバロール紙)
2020/03/30 » MRSが支払期日の先送りを顧客に認めることも検討(2020年3月30日付けバロール紙)
2020/03/26 » 新型コロナウイルスの検疫隔離措置の影響で国内鉄鋼会社が減産を検討(2020年3月26日付けバロール紙)
2019/10/07 » 連邦政府はウラン鉱開発並びに原子力発電所建設拡大
2019/06/05 » ミナス州の中小鉱業会社が鉄鉱石生産再開
2019/05/14 » ヴァーレ社は鉄鉱石乾燥プロセスに110億レアル投資
2019/04/15 » ヴァーレ社の鉱滓用ダム決壊事故で鉄鉱石ペレット不足懸念
2019/04/09 » 今年の鉄鉱石価格は既に30%以上値上がり

バックナンバー »