Câmara do Japão
Português
検索: OK

鉱業

検索期間を指定してください: OK
ヴァーレ社の鉱滓用ダム決壊事故で鉄鉱石ペレット不足懸念 2019/04/15

今年1月25日のヴァーレ社ミナス州ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故発生、更に2月初めのミナス州最大の鉄鉱石生産を誇るブルクツ鉱山のラランジェイラス鉱滓用ダムの操業許可停止などが相次いで、保全対策が等閑にされている鉱滓用ダムの不良が相次いで発覚して、ヴァーレ社ではミナス州内の10カ所以上での鉄鉱石減産を余儀なくされている。

ヴァーレ社のミナス州内の鉄鉱石減産に伴って、ブラジルの鉄鋼メーカーに供給していた微粉鉱石に水と粘結剤を加えて直径10~30mmの球状にして、焼き固めたペレットの供給が懸念されている。

南東部地域のペレット生産は唯一Vargem・Grande工場で生産を続けているも、年間1100万トンのペレット供給に赤信号が灯っており、ヴァーレ社ではマラニョン州サンルイス港からのペレット供給を検討している。

しかし南東部地域の鉄鋼メーカーへのマラニョン州サンルイス港からペレット供給は、リオ州Itaguai港若しくはエスピリット・サント州Vitoria港まで、1トン当たり20ドル~30ドルの輸送コスト高になる。

今後30日間以内にペレットの供給が停止されれば南東部地域の鉄鋼メーカーの中には高炉の停止を余儀なくされる可能性があるとブラジル鉄鋼院(IABr)のマルコ・ポーロ・ロペス会長は指摘している。

南東部地域の鉄鋼メーカーは、ヴァーレ社から需要の50%に相当する年間1500万トンの鉄鉱石と需要の92%に相当する1100万トンのペレットを供給されている。

CBF Industria de Gusa社では月間4万5000トンの銑鉄をエスピリット・サント州ジョアン・ネイヴァ工場で生産、しかしパレット供給不足で2高炉のうち1高炉での生産中止を余儀なくされている。(2019年4月15日付けヴァロール紙)



2020/09/16 » 鉄鉱石価格上昇でヴァーレ社は来年の高配当を約束(2020年9月15日付けエスタード紙)
2020/07/31 » ヴァーレ社の2022年の鉄鉱石生産は4億トンに引き上げ(2020年7月30日付けヴァロール紙)
2020/07/22 » COVID-19パンデミックにも拘らず、ヴァーレ社の第2四半期生産は5.5%増加(2020年7月21日付けヴァロール紙)
2020/07/21 » COVID-19パンデミックはラテンアメリカの鉱業生産には予想以下のインパクト(2020年7月20日付けヴァロール紙)
2020/07/14 » 中国資本SAM社は年間2,750万トンの鉄鉱石生産プロジェクトの開発ライセンス待ち(2020年7月13日付けヴァロール紙)
2020/06/29 » Sigma社は8月からリチウム鉱開発に着手、2022年から生産開始予定(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/09 » ヴァーレ社ミナス州の鉱山操業停止で、鉄鉱石の国際コモディティ価格上昇(2020年6月8日付けエスタード紙)
2020/04/29 » 資源大手ヴァーレ社の第1四半期の純益は9億8,400万レアルの黒字計上(2020年4月29日付けエスタード紙)
2020/04/24 » 2020年4月に鋼材販売量が1995年の水準まで後退したとIABrが指摘(2020年4月24日付けバロール紙)
2020/04/16 » 2020年第1四半期の国内鉱工業生産量が前年同期比-17.67%の2億2,044万トン(2020年4月16日付けバロール紙)
2020/04/10 » ヴァーレ社は4月末まで10億レアルをサプライヤーに前払い
2020/04/06 » 需要の落ち込みを受けアルセロール・ミタルに続きウジミナスとゲルダウも減産で対応(2020年4月6日付けバロール紙)
2020/04/03 » パンデミックによる需要減でUsiminasが20年4月から減産(2020年4月3日付けバロール紙)
2020/03/30 » MRSが支払期日の先送りを顧客に認めることも検討(2020年3月30日付けバロール紙)
2020/03/26 » 新型コロナウイルスの検疫隔離措置の影響で国内鉄鋼会社が減産を検討(2020年3月26日付けバロール紙)
2019/10/07 » 連邦政府はウラン鉱開発並びに原子力発電所建設拡大
2019/06/05 » ミナス州の中小鉱業会社が鉄鉱石生産再開
2019/05/14 » ヴァーレ社は鉄鉱石乾燥プロセスに110億レアル投資
2019/04/15 » ヴァーレ社の鉱滓用ダム決壊事故で鉄鉱石ペレット不足懸念
2019/04/09 » 今年の鉄鉱石価格は既に30%以上値上がり

バックナンバー »