Câmara do Japão
Português
検索: OK

鉱業

検索期間を指定してください: OK
今年のヴァーレ社の鉄鉱石生産は7,500万トン減産予想 2019/03/29

今年1月25日にヴァーレ社ミナス州都ベロ・オリゾンテ市近郊のブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故が発生、死者並びに行方不明者が300人以上に達している。ヴァーレ社の鉱滓用ダムの保全問題がクローズアップされていた。

更に2月初めのミナス州最大の鉄鉱石生産を誇るブルクツ鉱山のラランジェイラス鉱滓用ダムの操業許可停止などが相次いで、保全対策が等閑にされている鉱滓用ダムの不良が相次いで発覚して社会問題になっている。

昨日ヴァーレ社では、ミナス州内の数カ所の鉄鉱石鉱山の鉱滓用ダムの決壊事故発生の可能性があるために、今年の鉄鉱石生産は昨年を7,500万トン下回る生産変更を発表した。

年初のヴァーレ社の今年の鉄鉱石販売は3億8,200万トン、鉄鉱石生産は4億トンがそれぞれ見込まれていたが、今年の鉄鉱石生産は、3億700万トン~3億3,200万トンに下方修正されている。

昨日の1トン当たりの鉄鉱石の中国港湾での引き渡し価格は0.5%減少の84.68ドルであったが、ヴァーレ社の生産減少に伴って100ドルに達する可能性を投資銀行では否定していない。

ヴァーレ社は連邦裁判所から被害者への損害賠償や環境改善などの対応として、165億5,000万レアルの資金凍結を言い渡されている。昨年のヴァーレ社の名目負債総額は154億ドル、実質負債総額は96億ドルであった。

ミナス州最大の鉄鉱石生産を誇るブルクツ鉱山のラランジェイラス鉱滓用ダムの決壊可能性で操業停止を余儀なくされているが、操業が再開すれば年間3,000万トンの生産が可能となる。

またミナス州内のチンボペーバ鉱山の年間鉄鉱石生産能力は1,300万トン、アレグリア鉱山の年間鉄鉱石生産能力は1,000万トンにも拘らず、鉱滓用ダムの能力検査中、年間生産能力が4,000万トンの国内製鉄所向けのヴァージェン・グランデ・エ・ファブリア鉱山は、国家鉱物エージェンシー(ANM)から操業停止を命じられている。(2019年3月29日付けヴァロール紙)



2019/06/05 » ミナス州の中小鉱業会社が鉄鉱石生産再開
2019/05/14 » ヴァーレ社は鉄鉱石乾燥プロセスに110億レアル投資
2019/04/15 » ヴァーレ社の鉱滓用ダム決壊事故で鉄鉱石ペレット不足懸念
2019/04/09 » 今年の鉄鉱石価格は既に30%以上値上がり
2019/04/05 » Sigma Mineração社は7,000万ドル投資でリチウム鉱開発
2019/03/29 » 今年のヴァーレ社の鉄鉱石生産は7,500万トン減産予想
2019/03/28 » 昨年のヴァーレ社の純益は鉄鉱石価格とドル高で45%上昇
2019/02/08 » ヴァーレ社の廃水用ダム事故や操業停止で鉄鉱石価格は100ドル突破か
2019/01/09 » 2019年のセメント生産は3.3%増加の5,440万トン予想
2018/12/19 » ラポーザ・セーラ・ド・ソル先住民保護区には90件の鉱物資源調査申請済み
2018/10/25 » 第3四半期のヴァーレ社の純益は為替下落で20%減少
2018/10/16 » ヴァーレ社の第3四半期の鉄鉱石生産は記録更新
2018/10/11 » 2019年の国内のセメント消費は3.0%以上増加予想
2018/10/04 » アルミナ製錬所アルノルテの操業を一時停止でアルミ価格上昇か
2018/09/24 » 今年の鉱業関連ロイヤリティは30億レアル突破で記録更新予想
2018/09/11 » ヴェーレ社は鉄鉱石鉱山の無人ダンプトラック走行システムを開発・導入
2018/07/26 » ヴァーレ社の第2四半期の純益は前年同期比5倍に上昇
2018/07/17 » ヴァーレ社の第2四半期の鉄鉱石生産は記録更新
2018/06/12 » トラック運転手の国道封鎖抗議デモで今年のセメント生産減少に追討ち
2018/06/12 » Vale社はカナダでコバルト生産拡大

バックナンバー »