Câmara do Japão
Português
検索: OK

鉱業

検索期間を指定してください: OK
資源大手各社は2017年を楽観視 2017/03/09

昨年から鉄鉱石を中心に国際コモディティ価格回復並びに積極的な生産コストカット、負債削減に伴って、資源大手各社の収益が改善しており、2017年は中国の経済回復に伴って順調に回復すると予想している。

鉄鉱石生産大手のブラジル資本ヴァーレ社並びにオーストラリア資本リオ・チント社、BHP Billiton社、Fortescue Metals社、英国資本アングロ・アメリカン、スイス資本グレンコア社の昨年の純益総額は70億8,000万ドルの黒字を計上して、2015年の313億ドルの赤字から黒字に転じている。

2016年の資源大手6社の売上は、鉄鉱石の国際コモディティ価格上昇などに伴って前年比2.1%増加の2,766億1,000万ドルを計上、Ebitdaは17%増加の589億1,000万ドルを記録している。

また2016年の資源大手6社の純負債総額は前年比19.2%減少の887億7,000万ドルまで減少、Ebitdaに対する負債比率(ドル換算)は2.2倍から1.5倍に減少している。

2016年の資源大手6社の投資総額は中国の経済停滞などの要因で、世界的な鉱物需要並びにコモディティ価格減少に伴って前年比34.9%減少の213億ドルに留まったが、2017年も昨年並みの220億ドルに留まると予想されている。

中国の経済成長率が順調に推移して鉄鉱石をはじめ旺盛な需要を続けていた2014年の資源大手6社の売上は3,917億6,000万ドル、Ebitdaは843億5,000万ドル、純益総額は183億2,000万ドル、負債総額は1,129億6,000万ドル、Ebitdaに対する負債比率1.3倍であった。

2016年の鉄鉱石のコモディティ価格は前年比81.0%増加、今年の1トン当たりの鉄鉱石価格はすでに10.5%増加の87.19ドルまで上昇、今年3月8日までの平均価格は85ドルで推移している。

しかし今年末の1トン当たりの鉄鉱石のコモディティ価格は、下半期からの価格減少予想で55ドル~60ドルまで下がると予想、含有量62%の高品質の1トン当たりの鉄鉱石価格は62ドルが予想されている。(2017年3月9日付けヴァロール紙)

 



2019/05/14 » ヴァーレ社は鉄鉱石乾燥プロセスに110億レアル投資
2019/04/15 » ヴァーレ社の鉱滓用ダム決壊事故で鉄鉱石ペレット不足懸念
2019/04/09 » 今年の鉄鉱石価格は既に30%以上値上がり
2019/04/05 » Sigma Mineração社は7,000万ドル投資でリチウム鉱開発
2019/03/29 » 今年のヴァーレ社の鉄鉱石生産は7,500万トン減産予想
2019/03/28 » 昨年のヴァーレ社の純益は鉄鉱石価格とドル高で45%上昇
2019/02/08 » ヴァーレ社の廃水用ダム事故や操業停止で鉄鉱石価格は100ドル突破か
2019/01/09 » 2019年のセメント生産は3.3%増加の5,440万トン予想
2018/12/19 » ラポーザ・セーラ・ド・ソル先住民保護区には90件の鉱物資源調査申請済み
2018/10/25 » 第3四半期のヴァーレ社の純益は為替下落で20%減少
2018/10/16 » ヴァーレ社の第3四半期の鉄鉱石生産は記録更新
2018/10/11 » 2019年の国内のセメント消費は3.0%以上増加予想
2018/10/04 » アルミナ製錬所アルノルテの操業を一時停止でアルミ価格上昇か
2018/09/24 » 今年の鉱業関連ロイヤリティは30億レアル突破で記録更新予想
2018/09/11 » ヴェーレ社は鉄鉱石鉱山の無人ダンプトラック走行システムを開発・導入
2018/07/26 » ヴァーレ社の第2四半期の純益は前年同期比5倍に上昇
2018/07/17 » ヴァーレ社の第2四半期の鉄鉱石生産は記録更新
2018/06/12 » トラック運転手の国道封鎖抗議デモで今年のセメント生産減少に追討ち
2018/06/12 » Vale社はカナダでコバルト生産拡大
2018/05/29 » 鉱山開発に回復の兆し

バックナンバー »