Câmara do Japão
Português
検索: OK

鉱業

検索期間を指定してください: OK
資源大手ヴァーレ社の来年の投資総額は62億ドルに下方修正 2015/12/02

中国の内需減少による経済成長率の停滞や欧米の景気後退、鉄鉱石の国際コモディティ価格の下落並びに鉄鉱石の需要を上回る供給過剰などの要因で、昨日ヴァーレ社は2016年の投資総額を前回発表の76億ドルから62億ドルに下方修正している。

鉄鉱石の生産はヴァーレ(ブラジル)、BHPビリトン(豪州)、リオティント(豪州) の3社で60%のシェアを確保、現状としてこの3社が鉄鉱石価格の下落を覚悟のうえで増産を続けるのは、シェアを拡大して生産性の低い業界下位を駆逐して 寡占化を進めることで、将来的に鉄鉱石の価格支配力を強めようという狙いがある。

ブラジルのVale社とBHPビリトン社がそれぞれ50%出資の合弁企業サマルコ社の鉱山廃水ダムの堤防決壊事故による環境破壊修復や種々の賠償問題が発生しており、ヴァーレ社によるサマルコ社への支援義務が議論されている。

昨日、格付け会社フィッチ・レーティングスはサマルコ社の格付けをBBB からBB-に引下げたが、ヴァーレ社並びにBHPビリトンがサマルコ社に金融支援すれば再度の格上げの可能性がある。

ヴァーレ社の2016年の投資総額62億ドルのうち32億ドルはプロジェクトの遂行、残りの30億ドルは操業メンテナンスに投資されるが、2011年の180億ドルの投資総額から過去5年連続で投資額が減少してきている。

ヴァーレ社の2016年の鉄鉱石生産は、前回発表の年間3億4,000万トン~3億7,600万トンから3億4,000万トン~3億5,000万トンに下方修正、多くの業界関係者は、鉄鉱石価格の低迷やサマルコ社の鉱山廃水ダムの堤防決壊事故の影響で来年のヴァーレ社は配当しないと予想している。

ヴァーレ社ではサマルコ社の堤防決壊事故の影響で2016年の売上は5億4,300万ドル減少すると予想、またサマルコ社による5,500万ドルの配当もなくなると予想、連邦政府ではVale社とBHPビリトン社、サマルコ社3社に対して、リオ・ドーセ河流域の環境回復向けファンド資金200億レアルの拠出を要求している。(2015年12月2日付けエスタード紙)

 



2018/09/11 » ヴェーレ社は鉄鉱石鉱山の無人ダンプトラック走行システムを開発・導入
2018/07/26 » ヴァーレ社の第2四半期の純益は前年同期比5倍に上昇
2018/07/17 » ヴァーレ社の第2四半期の鉄鉱石生産は記録更新
2018/06/12 » トラック運転手の国道封鎖抗議デモで今年のセメント生産減少に追討ち
2018/06/12 » Vale社はカナダでコバルト生産拡大
2018/05/29 » 鉱山開発に回復の兆し
2018/04/17 » 今年第1四半期のヴァーレ社の鉄鉱石販売は8,430万トンで記録更新
2017/07/26 » 鉄鉱石のロイヤリティ徴収は価格変動に対応
2017/06/22 » 連邦政府は年内の1,000カ所の鉱山の電子入札予定
2017/05/11 » 今年初め4か月間のセメント販売は依然として不振継続
2017/05/09 » 中国の鉄鉱石輸入減少でコモディティ価格減少
2017/03/09 » 資源大手各社は2017年を楽観視
2017/01/17 » 今年のセメント業界は過去最悪の可能性
2016/12/05 » 2017年のセメント販売は今年を6.0%以上落ち込むと予想
2016/11/01 » 中国の景気回復傾向で10月の鉄鉱石価格は16%上昇
2016/10/27 » ヴァーレ社の第3四半期の純益は18億4,200万レアルを記録
2016/10/03 » 中国モリブデン社は、アングロ・アメリカン社のニオブ・リン酸事業の経営権取得
2016/09/22 » ヴァーレ社は肥料部門をモザイク社に譲渡か
2016/08/04 » ヴァーレ社は社債発行で10億ドル調達
2016/07/01 » 第2四半期の石油、鉄鉱石、非鉄金属価格は上昇

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

 

Pdfブラジル個人情報保護法  (日伯法律委員会 ( 藏掛忠明委員長)主催の「ブラジル個人情報保護法の概要セミナー」2018年9月11日)

Pdf『ブラジル労働改正法』セミナー (企業経営・地場企業推進委員会(鈴木ワグネル委員長)主催の2018年9月4日)

Pdf新移民法セミナー発表資料掲載(7月31日)

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー