Câmara do Japão
Português
検索: OK

鉱業

検索期間を指定してください: OK
ドル高の為替で大型プロジェクト投資が軒並み下方修正 2015/11/05

資源大手ヴァーレ社では、パラー州カラジャス鉱山のS11Dプロジェクトの投資総額を昨年末よりも20億ドル削減した144億ドルの下方修正を余儀なくされている。

パラー州カラジャス鉱山のS11Dプロジェクトの初期投資総額は197億ドルであったが、鉄鉱石の国際コモディティ価格減少や中国経済低迷で鉄鉱石需要が大幅に減少、またドル高の為替などの要因で投資総額の下方修正を余儀なくされている。

世界的な鉄鉱石の国際コモディティ価格減少にも関わらず、ヴァーレ社S11Dプロジェクトの鉄鉱石含有量は66.7%と世界最高であり、中国と近距離にあるオーストラリア間の輸送費コストで優位に立っているオーストラリア企業に対抗できる。

パラー州カラジャス鉱山の1トン当たりの鉄鉱石の輸出港湾ターミナルの生産コストは、操業開始時に僅かに10ドルまで減少して世界最低のコストになると見込まれている。

投資総額144億ドルのうち79億ドルは鉄鉱石運搬向けのロジステジック部門に向けられ、マラニョン州サン・ルイス港までのカラジャス鉄道の複線化の完成で2018年までには2億3,000万トンの輸送が可能となる。

また65億ドルはS11Dプロジェクトの鉄鉱石生産向けで年間9,000万トンの増産につながり、S11Dプロジェクトは2016年下半期の生産開始予定、30年間に亘って年間9,000万トンの生産が継続すると見込まれている。(2015年11月5日付けエスタード紙)

 



2018/04/17 » 今年第1四半期のヴァーレ社の鉄鉱石販売は8,430万トンで記録更新
2017/07/26 » 鉄鉱石のロイヤリティ徴収は価格変動に対応
2017/06/22 » 連邦政府は年内の1,000カ所の鉱山の電子入札予定
2017/05/11 » 今年初め4か月間のセメント販売は依然として不振継続
2017/05/09 » 中国の鉄鉱石輸入減少でコモディティ価格減少
2017/03/09 » 資源大手各社は2017年を楽観視
2017/01/17 » 今年のセメント業界は過去最悪の可能性
2016/12/05 » 2017年のセメント販売は今年を6.0%以上落ち込むと予想
2016/11/01 » 中国の景気回復傾向で10月の鉄鉱石価格は16%上昇
2016/10/27 » ヴァーレ社の第3四半期の純益は18億4,200万レアルを記録
2016/10/03 » 中国モリブデン社は、アングロ・アメリカン社のニオブ・リン酸事業の経営権取得
2016/09/22 » ヴァーレ社は肥料部門をモザイク社に譲渡か
2016/08/04 » ヴァーレ社は社債発行で10億ドル調達
2016/07/01 » 第2四半期の石油、鉄鉱石、非鉄金属価格は上昇
2016/06/24 » Votorantimは8億6,000万レアルを投資してセメント工場操業開始
2016/05/16 » 今年第2四半期の鉄鉱石価格は上昇予想
2016/04/29 » 中国モリブデンが15億ドルでブラジルのニオブ鉱・リン酸鉱事業を買収
2016/04/27 » ヴァーレ社の今年第1四半期の純益は黒字を確保か
2016/04/13 » 第1四半期のセメント販売は公共事業ストップで14.7%下落
2016/04/07 » ヴァーレ社は今年の投資を更に30億ドルカット

バックナンバー »