Câmara do Japão
Português
検索: OK

鉱業

検索期間を指定してください: OK
2014年のヴァーレ社の鉄鉱石生産は3億1,920万トン 2015/02/20

2014年のヴァーレ社の鉄鉱石生産は、世界的に供給が需要を上回って国際コモディティ価格が下落を続けているにも関わらず、前年比6.5%増加の3億1,920万トンを記録している。

今年のヴァーレ社の鉄鉱石生産は国際コモディティ価格が低迷しているにも関わらず、目標の3億4,000万トンに達するとアナリストのレオナルド・コレア氏は予想している。

2014年第4四半期の鉄鉱石の国際コモディティ価格は前四半期比17.7%下落、前年同期比では44.8%下落、今年はすでに10.95%下落しており、国際コモディティ価格の下落に伴って同社の株価も減少してきている。

ヴァーレ社の2014年第4四半期の赤字は7億7,000万ドルが予想されており、前年同期比では90%下落、同社では海外の資産を中心に資産の売却を進めている。

ヴァーレ社は肥料子会社のVale Fertilizantes SAの株式一部をIPO方式で譲渡、Valemaxの鉄鉱石運搬船の売却による6億ドルの資金調達などで昨年は44億ドルの資金を調達している。

今年はボーキサイト生産のMRN社の売却、非鉄金属部門の切り離しによる新規株式公開(IPO)などで数100億ドルに達する資金調達をする可能性が予想されている。

昨年の銅鉱生産は37万9,700トンで目標を2万5,300トン下回ったが、ニッケル鉱生産は27万5,000トンでロシアのNorilsk Nickel社を抜いて世界トップとなっている。(2015年2月20日付けエスタード紙)

 



2018/10/25 » 第3四半期のヴァーレ社の純益は為替下落で20%減少
2018/10/16 » ヴァーレ社の第3四半期の鉄鉱石生産は記録更新
2018/10/11 » 2019年の国内のセメント消費は3.0%以上増加予想
2018/10/04 » アルミナ製錬所アルノルテの操業を一時停止でアルミ価格上昇か
2018/09/24 » 今年の鉱業関連ロイヤリティは30億レアル突破で記録更新予想
2018/09/11 » ヴェーレ社は鉄鉱石鉱山の無人ダンプトラック走行システムを開発・導入
2018/07/26 » ヴァーレ社の第2四半期の純益は前年同期比5倍に上昇
2018/07/17 » ヴァーレ社の第2四半期の鉄鉱石生産は記録更新
2018/06/12 » トラック運転手の国道封鎖抗議デモで今年のセメント生産減少に追討ち
2018/06/12 » Vale社はカナダでコバルト生産拡大
2018/05/29 » 鉱山開発に回復の兆し
2018/04/17 » 今年第1四半期のヴァーレ社の鉄鉱石販売は8,430万トンで記録更新
2017/07/26 » 鉄鉱石のロイヤリティ徴収は価格変動に対応
2017/06/22 » 連邦政府は年内の1,000カ所の鉱山の電子入札予定
2017/05/11 » 今年初め4か月間のセメント販売は依然として不振継続
2017/05/09 » 中国の鉄鉱石輸入減少でコモディティ価格減少
2017/03/09 » 資源大手各社は2017年を楽観視
2017/01/17 » 今年のセメント業界は過去最悪の可能性
2016/12/05 » 2017年のセメント販売は今年を6.0%以上落ち込むと予想
2016/11/01 » 中国の景気回復傾向で10月の鉄鉱石価格は16%上昇

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】
 

Pdf2019/2020年度 理事・監事 選挙結果(10月19日)

 

【サービス貿易に関するアンケート調査】

こちらから回答へご協力をお願い致します。(2質問のみの簡単なアンケートです)

 

中南米ビジネスセミナー資料(10月9日)

Pdf「コロンビア最新経済・ビジネス概況」

Pdf「チリ最新経済・ビジネス概況」

Pdf「アルゼンチン最新経済・ビジネス概況」

Pdf「メキシコ最新経済・ビジネス概況」

Pdf「ペルー最新経済・ビジネス概況」

 

Pdfブラジル個人情報保護法  (日伯法律委員会 ( 藏掛忠明委員長)主催の「ブラジル個人情報保護法の概要セミナー」2018年9月11日)

Pdf『ブラジル労働改正法』セミナー (企業経営・地場企業推進委員会(鈴木ワグネル委員長)主催の2018年9月4日)

Pdf新移民法セミナー発表資料掲載(7月31日)

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー