Câmara do Japão
Português
検索: OK

鉱業

検索期間を指定してください: OK
今年のヴァーレ社は44億ドルの資産売却 2014/12/17

資源大手ヴァーレ社は、運転資金調達のために海外資産を中心に自社資産放出を継続しており、今年は44億ドルの資産放出につながったと同社のムリロ・フェレイラ社長は説明している。

連邦警察の特別捜査「第7次ラヴァ・ジャット作戦」の汚職捜査の継続でペトロブラス石油公社のグラッサ・フォスター総裁の辞任要求の風当たりが増してきており、ジウマ大統領からヴァーレ社のムリロ・フェレイラ社長に次期総裁への就任要請が噂されているにも関わらず、同氏はその噂をきっぱりと否定している。

またアエシオ・ネーベス大統領候補との決選投票で勝利したジウマ大統領からギド・マンテガ財務相の後任の候補としてムリロ・フェレイラ社長が指名される可能性があったと政界では噂されていた。

2001年にヴァーレ社の社長に就任後、ムリロ・フェレイラ社長は、パラー州カラジャス鉱山のメガプロジェクトで投資総額が170億ドルに達するセーラ・アズール鉱山開発への資金調達をするために、海外資産を中心にポートフォーリオを縮小している。

またヴァーレ社が自社資本売却に拍車をかけることを余儀なくされている要因の一つとして、2013年末の1トン当たりの鉄鉱石の国際コモディティ価格は135ドルであったにも関わらず、今では68ドルと過去5年間で最低の価格まで下落している。

ヴァーレ社のムリロ・フェレイラ社長は、鉄鉱石の国際コモディティ価格は今後2年間に亘って低迷すると予想して今後2年間も自社資産の売却を継続すると見込まれており、2013年のヴァーレ社の自社資本の売却総額は60億ドル、2014年は44億ドルとなっている。

今年の主な自社資産売却としてモザンビークの石炭鉱山並びにナカラ回廊のロジスティックシステムの日本の商社への売却による37億ドルの資金調達となっている。

またValemaxの鉄鉱石運搬船の売却による6億ドルの資金調達、パルプ製造メーカースザノ社に9,000万ドルでグループ企業のValeFlorestar社を売却、Fosbrasil社の44.25%の株式を4,200万ドルでスザノ社へ譲渡している。

過去3年間のヴァーレ社の自社資産売却総額は120億ドルに達するが、今後はValemax社が所有する15隻の鉄鉱石運搬船売却で15億ドルから20億ドルの資金調達が予想されている。

2015年にはボーキサイト生産のMRN社の売却やグループ傘下の肥料生産会社へのジョイントベンチャー企業の参加による負債軽減や非鉄金属部門の切り離しによる新規株式公開(IPO)で、280億ドルから350億ドルに資金調達を検討している。(2014年12月17日付けエスタード紙)

 



2021/01/13 » 今年のセメント販売は前年比僅か1.0%増加予想(2021年1月12日付けヴァロール紙)
2020/11/10 » 10月のセメント販売は前年同月比14.8%増加の600万トン(2020年11月9日付けヴァロール紙)
2020/10/29 » ブラジルのセメント業界再編の活性化(2020年10月28日付けヴァロール紙)
2020/10/21 » ヴァーレ社の今年第3四半期の鉄鉱石生産は前年同期比2.3%増加(2020年10月20日付けヴァロール紙)
2020/09/16 » 鉄鉱石価格上昇でヴァーレ社は来年の高配当を約束(2020年9月15日付けエスタード紙)
2020/07/31 » ヴァーレ社の2022年の鉄鉱石生産は4億トンに引き上げ(2020年7月30日付けヴァロール紙)
2020/07/22 » COVID-19パンデミックにも拘らず、ヴァーレ社の第2四半期生産は5.5%増加(2020年7月21日付けヴァロール紙)
2020/07/21 » COVID-19パンデミックはラテンアメリカの鉱業生産には予想以下のインパクト(2020年7月20日付けヴァロール紙)
2020/07/14 » 中国資本SAM社は年間2,750万トンの鉄鉱石生産プロジェクトの開発ライセンス待ち(2020年7月13日付けヴァロール紙)
2020/06/29 » Sigma社は8月からリチウム鉱開発に着手、2022年から生産開始予定(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/09 » ヴァーレ社ミナス州の鉱山操業停止で、鉄鉱石の国際コモディティ価格上昇(2020年6月8日付けエスタード紙)
2020/04/29 » 資源大手ヴァーレ社の第1四半期の純益は9億8,400万レアルの黒字計上(2020年4月29日付けエスタード紙)
2020/04/24 » 2020年4月に鋼材販売量が1995年の水準まで後退したとIABrが指摘(2020年4月24日付けバロール紙)
2020/04/16 » 2020年第1四半期の国内鉱工業生産量が前年同期比-17.67%の2億2,044万トン(2020年4月16日付けバロール紙)
2020/04/10 » ヴァーレ社は4月末まで10億レアルをサプライヤーに前払い
2020/04/06 » 需要の落ち込みを受けアルセロール・ミタルに続きウジミナスとゲルダウも減産で対応(2020年4月6日付けバロール紙)
2020/04/03 » パンデミックによる需要減でUsiminasが20年4月から減産(2020年4月3日付けバロール紙)
2020/03/30 » MRSが支払期日の先送りを顧客に認めることも検討(2020年3月30日付けバロール紙)
2020/03/26 » 新型コロナウイルスの検疫隔離措置の影響で国内鉄鋼会社が減産を検討(2020年3月26日付けバロール紙)
2019/10/07 » 連邦政府はウラン鉱開発並びに原子力発電所建設拡大

バックナンバー »