Câmara do Japão
Português
検索: OK

鉱業

検索期間を指定してください: OK
鉄鉱石価格下落にも関わらず、資源大手は生産拡大 2014/11/24

中国の経済成長減速や欧米の鉄鉱石需要下落で1トン当たりの鉄鉱石の国際コモディティ―価格が70ドルを割っているにも関わらず、鉄鉱石の資源大手企業は生産を拡大している。

鉄鉱石生産大手のブラジルのヴァーレ社並びにオーストラリアのリオ・チント社、BHP Billiton社は中国の鉄鉱石需要減少で鉄鉱石の国際コモディティ―価格が下落しているにも関わらず、世界でのマーケットシェアを拡大して中小規模の鉄鉱石生産企業をマーケットから締め出すために増産を続けている。

中国の中小規模の鉄鉱石生産会社は生産コストが高いために価格競争力を失ってマーケットから撤退しているが、鉄鉱石価格が高騰を続けていた時に鉄鉱石のマーケットに参入したメキシコ並びにロシア、インドネシア、イランの鉄鉱石生産会社は生産コスト高の影響で今後は相次いで撤退を余儀なくされると予想されている。

ヴァーレ社のルシアーノ・シアニ財務担当取締役は今年の鉄鉱石生産は需要減少にも関わらず、オーストラリア並びにブラジルの生産拡大の影響で前年比4800万トンから8,300万トンの増加を予想している。

2015年のオーストラリアのリオ・チント社、BHP Billiton社、Fortescue Metals社による鉄鉱石増産は今年を7,000万トン上回ると予想、コンサルタント会社CRU社では今後5年間の鉄鉱石は1億7,000万トンの増加を予想している。

ヴァーレ社のパラー州のS11Dプロジェクトによる鉄鉱石増産は9,000万トン、ミナス-リオプロジェクトは2,650万トン、オーストラリアのRoy Hillプロジェクトは5,500万トンの増産が予想されている。

ヴァーレ社では2015年の鉄鉱石需要は今年を僅かに1.5%~2.0%増加を予想、ゴールドマンサックスでは中長期の1トン当たりの鉄鉱石価格は80ドル~90ドルを予想しているが、2011年2月には192ドルを記録していた。

世界の鉄鉱石の埋蔵量比較ではオーストラリアが170億トンでトップ、ブラジルは160億トン、ロシアは140億トン、中国は72億トン、インドは45億トン、ヴェネズエラは24億トン、カナダ並びにウクライナはそれぞれ23億トン、スエーデンは22億トン、米国は21億トンとなっている。(2014年11月24日付けヴァロール紙)

 



2019/01/09 » 2019年のセメント生産は3.3%増加の5,440万トン予想
2018/12/19 » ラポーザ・セーラ・ド・ソル先住民保護区には90件の鉱物資源調査申請済み
2018/10/25 » 第3四半期のヴァーレ社の純益は為替下落で20%減少
2018/10/16 » ヴァーレ社の第3四半期の鉄鉱石生産は記録更新
2018/10/11 » 2019年の国内のセメント消費は3.0%以上増加予想
2018/10/04 » アルミナ製錬所アルノルテの操業を一時停止でアルミ価格上昇か
2018/09/24 » 今年の鉱業関連ロイヤリティは30億レアル突破で記録更新予想
2018/09/11 » ヴェーレ社は鉄鉱石鉱山の無人ダンプトラック走行システムを開発・導入
2018/07/26 » ヴァーレ社の第2四半期の純益は前年同期比5倍に上昇
2018/07/17 » ヴァーレ社の第2四半期の鉄鉱石生産は記録更新
2018/06/12 » トラック運転手の国道封鎖抗議デモで今年のセメント生産減少に追討ち
2018/06/12 » Vale社はカナダでコバルト生産拡大
2018/05/29 » 鉱山開発に回復の兆し
2018/04/17 » 今年第1四半期のヴァーレ社の鉄鉱石販売は8,430万トンで記録更新
2017/07/26 » 鉄鉱石のロイヤリティ徴収は価格変動に対応
2017/06/22 » 連邦政府は年内の1,000カ所の鉱山の電子入札予定
2017/05/11 » 今年初め4か月間のセメント販売は依然として不振継続
2017/05/09 » 中国の鉄鉱石輸入減少でコモディティ価格減少
2017/03/09 » 資源大手各社は2017年を楽観視
2017/01/17 » 今年のセメント業界は過去最悪の可能性

バックナンバー »