Câmara do Japão
Português
検索: OK

鉱業

検索期間を指定してください: OK
第3四半期のヴァーレ社の鉄鉱石生産は8,570万トンで記録更新 2014/10/24

資源大手のヴァーレ社の第3四半期の鉄鉱石生産は、前年同期比3.1%増加の8,570万トンで記録を更新した影響で、昨日のヴァーレ社の普通株は1.83%、優先株は1.90%それぞれ上昇している。

しかし鉄鉱石を中心とした鉱物資源の国際コモディティ価格の減少に伴って今年9カ月間のヴァーレ社の普通株は18%、優先株は22%それぞれ大幅に下落している。

ヴァーレ社の今年9カ月間の鉄鉱石生産は2億3,620万トンで記録を更新、今年1年間の鉄鉱石生産目標の3億1,200万トンは達成できると同社では見込んでいる。

ヴァーレ社並びにオーストラリアのリオ・チント社、BHP Billiton社の鉄鉱石供給が需要を上回っているために、今年9カ月間の鉄鉱石の国際コモディティ価格は40%減少している。

第3四半期のパラー州カラジャス鉱山の鉄鉱石生産は3,220万トンで記録を更新、またミナス州のコンセイサン・イタビリトス鉱山の南東部システムの鉄鉱石の生産も順調に進んでいる。

ヴァーレ社の第3四半期のニッケル生産は前年同期比16.4%増加の7万2,100トン、前四半期比では17%増加、今年9カ月間のブラジルから中国向け鉄鉱石輸出は前年同期比13%増加している。

しかし今年9カ月間のオーストラリアから中国への鉄鉱石輸出は前年同期比33.5%増加、今年9カ月間の中国の鉄鉱石輸入は前年同期比16.5%増加している。

今年9カ月間のオーストラリアから中国向け鉄鉱石輸出は4億600万トンで輸入全体の58%を占めており、ヴァーレ社の輸出は1億2,500万トンで17.9%を占めている。

2013年の中国の鉄鉱石輸入は6億トン、そのうちオーストラリアは輸入全体の51%、ブラジルは18.4%とオーストラリアからの鉄鉱石輸入比率が増加してきている。(2014年10月24日付けエスタード紙)



2020/07/31 » ヴァーレ社の2022年の鉄鉱石生産は4億トンに引き上げ(2020年7月30日付けヴァロール紙)
2020/07/22 » COVID-19パンデミックにも拘らず、ヴァーレ社の第2四半期生産は5.5%増加(2020年7月21日付けヴァロール紙)
2020/07/21 » COVID-19パンデミックはラテンアメリカの鉱業生産には予想以下のインパクト(2020年7月20日付けヴァロール紙)
2020/07/14 » 中国資本SAM社は年間2,750万トンの鉄鉱石生産プロジェクトの開発ライセンス待ち(2020年7月13日付けヴァロール紙)
2020/06/29 » Sigma社は8月からリチウム鉱開発に着手、2022年から生産開始予定(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/09 » ヴァーレ社ミナス州の鉱山操業停止で、鉄鉱石の国際コモディティ価格上昇(2020年6月8日付けエスタード紙)
2020/04/29 » 資源大手ヴァーレ社の第1四半期の純益は9億8,400万レアルの黒字計上(2020年4月29日付けエスタード紙)
2020/04/24 » 2020年4月に鋼材販売量が1995年の水準まで後退したとIABrが指摘(2020年4月24日付けバロール紙)
2020/04/16 » 2020年第1四半期の国内鉱工業生産量が前年同期比-17.67%の2億2,044万トン(2020年4月16日付けバロール紙)
2020/04/10 » ヴァーレ社は4月末まで10億レアルをサプライヤーに前払い
2020/04/06 » 需要の落ち込みを受けアルセロール・ミタルに続きウジミナスとゲルダウも減産で対応(2020年4月6日付けバロール紙)
2020/04/03 » パンデミックによる需要減でUsiminasが20年4月から減産(2020年4月3日付けバロール紙)
2020/03/30 » MRSが支払期日の先送りを顧客に認めることも検討(2020年3月30日付けバロール紙)
2020/03/26 » 新型コロナウイルスの検疫隔離措置の影響で国内鉄鋼会社が減産を検討(2020年3月26日付けバロール紙)
2019/10/07 » 連邦政府はウラン鉱開発並びに原子力発電所建設拡大
2019/06/05 » ミナス州の中小鉱業会社が鉄鉱石生産再開
2019/05/14 » ヴァーレ社は鉄鉱石乾燥プロセスに110億レアル投資
2019/04/15 » ヴァーレ社の鉱滓用ダム決壊事故で鉄鉱石ペレット不足懸念
2019/04/09 » 今年の鉄鉱石価格は既に30%以上値上がり
2019/04/05 » Sigma Mineração社は7,000万ドル投資でリチウム鉱開発

バックナンバー »