Câmara do Japão
Português
検索: OK

鉱業

検索期間を指定してください: OK
鉄鉱石価格は過去5年間で最低 2014/09/10

昨日の中国の鉄鉱石のスポット価格は、1トン当たり83.60ドルを記録して過去5年間で最低価格を記録したために、ウジミナス社並びにゲルダウ社、ナショナル製鉄所(CSN)は軒並み鉄鉱石生産プロジェクトの見直しを余儀なくされている。

年初からの鉄鉱石価格はすでに40%も下落しており、ウジミナス社では年間の鉄鉱石生産を800万トンから1,200万トンに引き上げるFriaveisプロジェクトの中止を余儀なくされている。

また同社は年間の鉄鉱石生産規模を2,900万トンに引き上げるCompactosプロジェクトは、鉄鉱石価格が現状維持を継続するのであれば2015年上半期の経営審議会での中止決定を余儀なくされる。

ゲルダウ社は、現在の年間の鉄鉱石生産1,150万トンを2016年に1,800万トン、2020年に2,400万トンまで引き上げる計画のために、今年5月までにすでに10億レアルを投資していたにも関わらず、鉄鉱石価格の低迷で計画の見直しを余儀なくされている。

1トン当たりの鉄鉱石価格が90ドル以下で推移すればウジミナス社やゲルダウ社の収益率は10%を下回るために、プロジェクトの中止や先送りを余儀なくされるとBTG パクツアル銀行では予想している。

7月にゲルダウ社は今年の投資計画を29億レアルから24億レアルに下方修正しており、ナショナル製鉄所は現在の鉄鉱石生産が2,400万トンの自社所有のカーザ・ド・ペドラ鉱山を生産コストが1トン当たり55ドルであり、鉄鉱石価格が80ドルでも採算に見合うとBTG パクツアル銀行では予想している。

ウジミナスやゲルダウ、ナショナル製鉄所の鉱山から港湾までの1トン当たりの鉄鉱石の輸送コストは32ドル、海上輸送コストは24ドルが見込まれているために、現在の価格が継続すれば今後の鉄鉱石輸出は減少すると予想されているが、国内向け販売は増加する可能性がある。(2014年9月10日付けエスタード紙)

 



2019/01/09 » 2019年のセメント生産は3.3%増加の5,440万トン予想
2018/12/19 » ラポーザ・セーラ・ド・ソル先住民保護区には90件の鉱物資源調査申請済み
2018/10/25 » 第3四半期のヴァーレ社の純益は為替下落で20%減少
2018/10/16 » ヴァーレ社の第3四半期の鉄鉱石生産は記録更新
2018/10/11 » 2019年の国内のセメント消費は3.0%以上増加予想
2018/10/04 » アルミナ製錬所アルノルテの操業を一時停止でアルミ価格上昇か
2018/09/24 » 今年の鉱業関連ロイヤリティは30億レアル突破で記録更新予想
2018/09/11 » ヴェーレ社は鉄鉱石鉱山の無人ダンプトラック走行システムを開発・導入
2018/07/26 » ヴァーレ社の第2四半期の純益は前年同期比5倍に上昇
2018/07/17 » ヴァーレ社の第2四半期の鉄鉱石生産は記録更新
2018/06/12 » トラック運転手の国道封鎖抗議デモで今年のセメント生産減少に追討ち
2018/06/12 » Vale社はカナダでコバルト生産拡大
2018/05/29 » 鉱山開発に回復の兆し
2018/04/17 » 今年第1四半期のヴァーレ社の鉄鉱石販売は8,430万トンで記録更新
2017/07/26 » 鉄鉱石のロイヤリティ徴収は価格変動に対応
2017/06/22 » 連邦政府は年内の1,000カ所の鉱山の電子入札予定
2017/05/11 » 今年初め4か月間のセメント販売は依然として不振継続
2017/05/09 » 中国の鉄鉱石輸入減少でコモディティ価格減少
2017/03/09 » 資源大手各社は2017年を楽観視
2017/01/17 » 今年のセメント業界は過去最悪の可能性

バックナンバー »