Câmara do Japão
Português
検索: OK

鉱業

検索期間を指定してください: OK
ヴァーレ社はセーラ・アズール鉱山開発向け環境ライセンスを取得 2013/07/04

資源大手のヴァーレ社は、パラ-州カラジャス鉱山近くのセーラ・アズール鉱山開発向けの環境ライセンスを取得、投資総額が197億ドルに達する鉄鉱石生産のメガプロジェクトに着手する。

2011年5月に就任したヴァーレ社のムリロ・フェレイラ社長は、セーラ・アズール鉱山開発のため主に海外での資産を売却して資金調達しており、2018年には年間9,000万トンの鉄鉱石を生産する。

ヴァーレ社はすでにセーラ・アズール鉱山の鉄鉱石を運ぶ鉄道並びに輸出する港湾プロジェクトの建設ライセンスを取得しており、これらのインフラ設備向け投資総額は114億ドルに達する。

ヴァーレ社は今年のセーラ・アズール鉱山開発向け投資に27億ドルを予定しており、大半のクレジットは、社会経済開発銀行(BNDES)並びに国際協力銀行(JBIC)から調達する。

セーラ・アズール鉱山の鉄鉱石の含有量は、66.7%と世界でも稀にみる含有量を誇っており、中国の鉄鉱石需要の減少による競争力の低下は鉄鉱石の含有量の低い鉄鉱石供給企業にとっては脅威であるが、高い含有量を誇る鉄鉱石を供給できるヴァーレ社にとっては問題ないとフェレイラ社長は説明している。

現在のヴァーレ社の年間の鉄鉱石生産は3億1,000万トン、リオ・ティント社は2億3,000万トン、このメガプロジェクトのインフラ整備では、カラジャス鉄道支線の完成が2015年、マデイラ河口のターミナル4の完成は2014年が予定されている。(2013年7月4日付けエスタード紙)


 



2020/07/31 » ヴァーレ社の2022年の鉄鉱石生産は4億トンに引き上げ(2020年7月30日付けヴァロール紙)
2020/07/22 » COVID-19パンデミックにも拘らず、ヴァーレ社の第2四半期生産は5.5%増加(2020年7月21日付けヴァロール紙)
2020/07/21 » COVID-19パンデミックはラテンアメリカの鉱業生産には予想以下のインパクト(2020年7月20日付けヴァロール紙)
2020/07/14 » 中国資本SAM社は年間2,750万トンの鉄鉱石生産プロジェクトの開発ライセンス待ち(2020年7月13日付けヴァロール紙)
2020/06/29 » Sigma社は8月からリチウム鉱開発に着手、2022年から生産開始予定(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/09 » ヴァーレ社ミナス州の鉱山操業停止で、鉄鉱石の国際コモディティ価格上昇(2020年6月8日付けエスタード紙)
2020/04/29 » 資源大手ヴァーレ社の第1四半期の純益は9億8,400万レアルの黒字計上(2020年4月29日付けエスタード紙)
2020/04/24 » 2020年4月に鋼材販売量が1995年の水準まで後退したとIABrが指摘(2020年4月24日付けバロール紙)
2020/04/16 » 2020年第1四半期の国内鉱工業生産量が前年同期比-17.67%の2億2,044万トン(2020年4月16日付けバロール紙)
2020/04/10 » ヴァーレ社は4月末まで10億レアルをサプライヤーに前払い
2020/04/06 » 需要の落ち込みを受けアルセロール・ミタルに続きウジミナスとゲルダウも減産で対応(2020年4月6日付けバロール紙)
2020/04/03 » パンデミックによる需要減でUsiminasが20年4月から減産(2020年4月3日付けバロール紙)
2020/03/30 » MRSが支払期日の先送りを顧客に認めることも検討(2020年3月30日付けバロール紙)
2020/03/26 » 新型コロナウイルスの検疫隔離措置の影響で国内鉄鋼会社が減産を検討(2020年3月26日付けバロール紙)
2019/10/07 » 連邦政府はウラン鉱開発並びに原子力発電所建設拡大
2019/06/05 » ミナス州の中小鉱業会社が鉄鉱石生産再開
2019/05/14 » ヴァーレ社は鉄鉱石乾燥プロセスに110億レアル投資
2019/04/15 » ヴァーレ社の鉱滓用ダム決壊事故で鉄鉱石ペレット不足懸念
2019/04/09 » 今年の鉄鉱石価格は既に30%以上値上がり
2019/04/05 » Sigma Mineração社は7,000万ドル投資でリチウム鉱開発

バックナンバー »