Câmara do Japão
Português
検索: OK

鉱業

検索期間を指定してください: OK
ヴァーレ社は石油・天然ガス開発鉱区を売却か 2012/12/17

ヴァーレ社では、今後数週間以内に2013年の投資金調達のために、2008年からブラジル国内で所有する4海盆の19鉱区のうち2鉱区を売却すると発表している。

ヴァーレ社のムリロ・フェレイラ社長は、来年の鉄鉱石の国際コモディティ価格を1トン当たり110ドルから140ドル、中国の国内総生産(GDP)伸び率を 8.0% から 8.5% と予想、来年1月に同社では南北鉄道などの鉄道関連事業やマラニャン州Mearim港湾事業の共同出資パートナーの発表を予定している。

またアルゼンチンのリオ・コロラドに所有するリン酸鉱山開発のために50億ドルの投資を予定、カナダのニッケル鉱開発のKronauプロジェクトを来年中に売却して、資金調達を予定している。

ノルウエーのアルミ精錬事業のNorsk Hydro社に22%出資しているが、資金調達のために売却を予定、来年のヴァーレ社の投資総額は163億ドルが見込まれている。

ヴァーレ社は来年の投資をブラジル国内の事業に集中、特にパラー州カラジャスのセーラ・アズール鉱山、ミナス州のイタビリトス鉱山、セアラー州のSaloboII銅精錬事業、モザンビークのバイオディーゼル並びに石炭事業に大型投資を予定している。

セーラ・アズ-ル鉱山は、2016年から鉄鉱石を年間9,000万トン生産が予定されているが、投資総額は195億ドル、ヴァーレ社は世界37カ国で事業を展開して14万人の雇用を創出、そのうちブラジル国内の従業員は6万8,000人に達している。

今年の投資は鉄鉱石並びに銅、ニッケル、石炭開発に集中、すでに186件の環境ライセンスを取得、セーラ・アズ-ル鉱山は、2016年から鉄鉱石生産を開始すると3,000人の直接雇用並びに6,000人の間接雇用に結びつく。

ヴァーレ社は、鉱山局(DNPM)に支払いが遅れていたロイヤリティ14億レアルを支払いに同意、そのうち3億レアルは支払い済みであり、残りの11億レアルを来年1月に支払う。(2012年12月17日付けヴァロール紙)

 



2017/07/26 » 鉄鉱石のロイヤリティ徴収は価格変動に対応
2017/06/22 » 連邦政府は年内の1,000カ所の鉱山の電子入札予定
2017/05/11 » 今年初め4か月間のセメント販売は依然として不振継続
2017/05/09 » 中国の鉄鉱石輸入減少でコモディティ価格減少
2017/03/09 » 資源大手各社は2017年を楽観視
2017/01/17 » 今年のセメント業界は過去最悪の可能性
2016/12/05 » 2017年のセメント販売は今年を6.0%以上落ち込むと予想
2016/11/01 » 中国の景気回復傾向で10月の鉄鉱石価格は16%上昇
2016/10/27 » ヴァーレ社の第3四半期の純益は18億4,200万レアルを記録
2016/10/03 » 中国モリブデン社は、アングロ・アメリカン社のニオブ・リン酸事業の経営権取得
2016/09/22 » ヴァーレ社は肥料部門をモザイク社に譲渡か
2016/08/04 » ヴァーレ社は社債発行で10億ドル調達
2016/07/01 » 第2四半期の石油、鉄鉱石、非鉄金属価格は上昇
2016/06/24 » Votorantimは8億6,000万レアルを投資してセメント工場操業開始
2016/05/16 » 今年第2四半期の鉄鉱石価格は上昇予想
2016/04/29 » 中国モリブデンが15億ドルでブラジルのニオブ鉱・リン酸鉱事業を買収
2016/04/27 » ヴァーレ社の今年第1四半期の純益は黒字を確保か
2016/04/13 » 第1四半期のセメント販売は公共事業ストップで14.7%下落
2016/04/07 » ヴァーレ社は今年の投資を更に30億ドルカット
2016/03/17 » 環境ライセンス認可遅れでミナス州の鉄鉱石生産を50%カットか

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

 

12月5日「ブラジルPortal ÚnicoプログラムとOEA制度ついての説明会」プレゼン資料掲載

Pdf「Portal Unico貿易共通ポータルサイト(開発商工サービス省)」(日本語)

Pdf「Portal Único(MDIC)」(ポル語)

Pdf「OEA制度主要課題(EY)」(日本語)

Pdf「OEA Desafios Principais(EY)」(ポル語)

Pdf「OEA制度(財務省)」(日本語)

Pdf「OEA (Receita Federal)」(ポル語)

 

「ブラジルeSocialシステム セミナー」(2017年11月21日開催ハードコピー用プレゼンテーション資料)

PdfE-ソーシャル変更点及びソリューション

PdfeSocial課題と留意点

 

ブラジル労働法改正セミナー ~日本企業の視点~(2017年11月8日)の発表資料掲載

Pdfタイトル「概観 労働の近代化」 講師 CNI労働関係本部 デジレ G, ティモ

PdfVisão geral da MODERNIZAÇÃO TRABALHISTA

 

初めての日本語による2017年上期税制変更セミナーは大評判裏に終了

●投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

●ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

●ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー