Câmara do Japão
Português
検索: OK

鉱業

検索期間を指定してください: OK
(論評)視野狭窄的な思考 2012/07/30

財界のあるリーダーらのメンタリティーに偏りがあるとすれば、それは、より深刻な問題がなかったかのように、ある一点の問題ばかりを考えることだ。彼らは、為替だけを考えている。

ブラジル機械・設備工業協会(Abimaq)のルイス・アウベルト・ネット会長は、その1人。
20日に全国工業連合(CNI)本部で行われた会合から退出するに当たって同氏は、ブラジル工業が「有害な為替の結果、虎口に入りかけている」と発言。そして、「現時点で最もホットな言葉、それは為替だ」と、更に強調した。

Fiespのロベルト・ジアネッチ・ダ・フォンセッカ国際関係及び貿易部会長も同様に、工業部門が直面しているあらゆる課題に為替という理由を押し付ける傾向にある。「輸入品がシェアを拡大しているのは優れた品質からではなく、むしろ、外国製品の参入を容易にする為替のせいだ」と、24日にコメント。

このような視点は、倍々ゲームのコスト上昇といった、工業部門に限らずブラジルの生産部門全体にわたって競争力が大きく落ち込んでいるという、真の、根深い問題から視線をそらせてしまう。

1940年代半ばに国産品による輸入品の代替プロセスが始まって以降、ブラジル政府は、いかなる政権であれ、国内工業の低い競争力を「より大きな為替相場」で補償しようとしてきた。しかしながら現在と同様、決して達成されることはなかった。ドル為替相場を国内通貨に適用してみると、ドゥラテックス社の経営者、ラエルテ・セトゥーバル氏による1980年代の発言に基づくと、「為替相場は常に、少なくとも30%の格差がついた状況で推移している」。改善とコスト削減ではなく、為替調整を通してすべてを解決しようという傾向は、経営者に対して為替中毒とも言える弊害を生じさせる。アルコール中毒患者と同様、適切に治療を受けなければ、幻覚を見始める。

この為替による補償は、もはや、幾つかの理由から従来のように実施することができない。その1つは、レアル安に対する限界。この限界を超えると、経済に種々の捻じれが生じる。これは、ブラジル・コストが今、まさにそのありようによって、排撃されるべきということを意味する。それはもちろん、為替の偽装によってではない。例えば機械工業は、業績低下に直面している。というのも、ブラジルの経営者は、国内市場で消費が強力だったものの、投資を放置してきたからだ。そして、これからも投資しようとしないのは、先行きが不透明であり、コストが次第に上昇するためである。Fiespのパウロ・スカフ会長は、同じく24日、「もし、世界で最も競争力のある企業をブラジルに放り込めば、高金利で、複雑かつ重い負担を強いられる税制により、即座に競争力を失う」と、再び言及した。

捻じれに対して為替は無関係と言いたいのではない。その捻じれを生じさせることのすべてを、為替が負うのではないということなのだ。CNIは更に24日、最新の工業調査を発表した。この報告書では、為替と金利が既に業界の大きな懸念材料でなくなったことが示された。懸念材料の優先度として為替は、小企業にとってはわずかに14番目に顔を出すだけだし、中堅企業では9番目、大企業では6番目である。言い換えると、生産部門が抱える病理の診断は、その立ち位置から既に変化しているのであるが、一部のリーダーは既に冷えて固くなった鉄塊をいまだにハンマーで打つという作業を続けて、工業部門が虎口に追いやられている問題の本質を忘れてしまっている。(2012年7月25日付エスタード紙 セルソ・ミンギ氏)



2017/07/26 » 鉄鉱石のロイヤリティ徴収は価格変動に対応
2017/06/22 » 連邦政府は年内の1,000カ所の鉱山の電子入札予定
2017/05/11 » 今年初め4か月間のセメント販売は依然として不振継続
2017/05/09 » 中国の鉄鉱石輸入減少でコモディティ価格減少
2017/03/09 » 資源大手各社は2017年を楽観視
2017/01/17 » 今年のセメント業界は過去最悪の可能性
2016/12/05 » 2017年のセメント販売は今年を6.0%以上落ち込むと予想
2016/11/01 » 中国の景気回復傾向で10月の鉄鉱石価格は16%上昇
2016/10/27 » ヴァーレ社の第3四半期の純益は18億4,200万レアルを記録
2016/10/03 » 中国モリブデン社は、アングロ・アメリカン社のニオブ・リン酸事業の経営権取得
2016/09/22 » ヴァーレ社は肥料部門をモザイク社に譲渡か
2016/08/04 » ヴァーレ社は社債発行で10億ドル調達
2016/07/01 » 第2四半期の石油、鉄鉱石、非鉄金属価格は上昇
2016/06/24 » Votorantimは8億6,000万レアルを投資してセメント工場操業開始
2016/05/16 » 今年第2四半期の鉄鉱石価格は上昇予想
2016/04/29 » 中国モリブデンが15億ドルでブラジルのニオブ鉱・リン酸鉱事業を買収
2016/04/27 » ヴァーレ社の今年第1四半期の純益は黒字を確保か
2016/04/13 » 第1四半期のセメント販売は公共事業ストップで14.7%下落
2016/04/07 » ヴァーレ社は今年の投資を更に30億ドルカット
2016/03/17 » 環境ライセンス認可遅れでミナス州の鉄鉱石生産を50%カットか

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

 

12月5日「ブラジルPortal ÚnicoプログラムとOEA制度ついての説明会」プレゼン資料掲載

Pdf「Portal Unico貿易共通ポータルサイト(開発商工サービス省)」(日本語)

Pdf「Portal Único(MDIC)」(ポル語)

Pdf「OEA制度主要課題(EY)」(日本語)

Pdf「OEA Desafios Principais(EY)」(ポル語)

Pdf「OEA制度(財務省)」(日本語)

Pdf「OEA (Receita Federal)」(ポル語)

 

「ブラジルeSocialシステム セミナー」(2017年11月21日開催ハードコピー用プレゼンテーション資料)

PdfE-ソーシャル変更点及びソリューション

PdfeSocial課題と留意点

 

ブラジル労働法改正セミナー ~日本企業の視点~(2017年11月8日)の発表資料掲載

Pdfタイトル「概観 労働の近代化」 講師 CNI労働関係本部 デジレ G, ティモ

PdfVisão geral da MODERNIZAÇÃO TRABALHISTA

 

初めての日本語による2017年上期税制変更セミナーは大評判裏に終了

●投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

●ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

●ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー