Câmara do Japão
Português
検索: OK

鉱業

検索期間を指定してください: OK
ロジェール・アグネリ氏はBTGパクツアルと鉱業部門でパートナー 2012/07/12

ヴァーレ社の社長を長年務めて同社の売り上げを飛躍的に拡大させた凄腕のロジェール・アグネリ元社長は、昨年5月に連邦政府から追い出される形で退社、ヴァーレでの経験やノウハウなどを活かすためにパートナーを探していた。

アグネリ氏は銀行家アンドレ・エステヴェス氏が率いるBTGパクツアル銀行と共同でブラジル並びにラテンアメリカ、アフリカなどで鉄鉱石や非鉄金属、肥料などの生産を行う。

BTGパクツアル銀行は5億ドルを投資して同氏のプロジェクトに共同参加、チリでの銅鉱石開発、ブラジル北部地域並びに北東地域でのチタン鉱、肥料の原料となるリン酸鉱並びにカリウム鉱の開発を予定している。

またBTGパクツアル銀行は、アグネリ氏が抱えるアンゴラでの銅鉱石並びに鉄鉱石開発プロジェクトにも参加を予定、このプロジェクトにはアングラの企業グループが参加する。

今年初めにアグネリ氏は、AGNホールディングを立ち上げて港湾ロジスティックの建設、電力エネルギー向けのバイオマス生産をターゲットにした事業も予定している。

同氏はAGNホールディングを立ち上げるために、ヴァーレ社から鉄鉱石生産事業のためにエドアルド・レドシャム氏、再生可能エネルギーのためにイヴォ・フォウト氏を引き抜き、CSN製鉄からロジスティック事業のためにダヴィ・カデ氏を引き抜いていた。

ヴァーレ社は1997年に民営化されているにも関わらず、連邦政府は社会経済開発銀行(BNDES)並びにブラジル銀行年金ファンド(Previ)を通してヴァーレに出資、しかしアグネリ社長を交代させるには大株主のブラデスコ銀行の支持が必要となっていた。

アグネリ社長はルーラ大統領と非常に良い関係を保っていたが、2008年の世界金融危機でヴァーレ社では従業員の削減並びに投資の中止を実施したために、ルーラ大統領から非難されて政府との関係がこじれていた経緯があった。(2012年7月12日付けエスタード紙)

 



2018/04/17 » 今年第1四半期のヴァーレ社の鉄鉱石販売は8,430万トンで記録更新
2017/07/26 » 鉄鉱石のロイヤリティ徴収は価格変動に対応
2017/06/22 » 連邦政府は年内の1,000カ所の鉱山の電子入札予定
2017/05/11 » 今年初め4か月間のセメント販売は依然として不振継続
2017/05/09 » 中国の鉄鉱石輸入減少でコモディティ価格減少
2017/03/09 » 資源大手各社は2017年を楽観視
2017/01/17 » 今年のセメント業界は過去最悪の可能性
2016/12/05 » 2017年のセメント販売は今年を6.0%以上落ち込むと予想
2016/11/01 » 中国の景気回復傾向で10月の鉄鉱石価格は16%上昇
2016/10/27 » ヴァーレ社の第3四半期の純益は18億4,200万レアルを記録
2016/10/03 » 中国モリブデン社は、アングロ・アメリカン社のニオブ・リン酸事業の経営権取得
2016/09/22 » ヴァーレ社は肥料部門をモザイク社に譲渡か
2016/08/04 » ヴァーレ社は社債発行で10億ドル調達
2016/07/01 » 第2四半期の石油、鉄鉱石、非鉄金属価格は上昇
2016/06/24 » Votorantimは8億6,000万レアルを投資してセメント工場操業開始
2016/05/16 » 今年第2四半期の鉄鉱石価格は上昇予想
2016/04/29 » 中国モリブデンが15億ドルでブラジルのニオブ鉱・リン酸鉱事業を買収
2016/04/27 » ヴァーレ社の今年第1四半期の純益は黒字を確保か
2016/04/13 » 第1四半期のセメント販売は公共事業ストップで14.7%下落
2016/04/07 » ヴァーレ社は今年の投資を更に30億ドルカット

バックナンバー »