Câmara do Japão
Português
検索: OK

鉱業

検索期間を指定してください: OK
ヴァーレの第1四半期の純益は40.5%減少 2012/04/26

資源大手のヴァーレ社の第1四半期の純益は、ミナス州の降雨に伴う鉄鉱石の生産並びに輸出の減少、生産コストの上昇などで、前年同期比40.5%減少の67億2,000万レアル、前四半期比でも19.6%減少している。

同社の第1四半期の売上げは、前年同期比11.0%減少の200億9,500万レアル、前四半期比でも24.5%減少、税引き前利益に支払い利息と減価償却費を加算したもので企業の利益水準を示す指標のEbitdaは、31.1%減少の87億9,400万レアルに留まった。

ヴァーレの大幅な純益の減少は、降雨による生産並びに輸出低下、鉄鉱石やパレットなどの鉱物コモディティ価格の低下、生産コストの上昇、設備のメンテナンスなどが足枷となっていた。

第1四半期の港湾の浚渫作業や降雨による追加メンテナンスなどの影響で、サービス部門のコストが前年同期比28.46%増加の19億4,500万レアル、前四半期比では3.56%増加している。

ヴァーレ社は、またカナダのサドバリーのニッケル鉱山の一時的な操業停止の影響による売上げ減少も純益の減少に繋がった一方で、レアル通貨の為替の変動による純益増加は、5億7900万レアルとなっていた。

第1四半期の鉄鉱石並びにパレットの売上げは、前年同期比10.76%減少の139億2,500万レアル、石炭の売上げは、前年同期の2億5,700万レアルから6億9,300万レアルと大幅に増加している。

第1四半期のニッケル並びに銅、ボーキサイト、アルミなどの非鉄金属の売上げは、国際コモディティ価格の低下に伴って、前年同期比31.61%減少の31億3,600万レアルであった。(2012年4月26日付けヴァロール紙)


 



2019/01/09 » 2019年のセメント生産は3.3%増加の5,440万トン予想
2018/12/19 » ラポーザ・セーラ・ド・ソル先住民保護区には90件の鉱物資源調査申請済み
2018/10/25 » 第3四半期のヴァーレ社の純益は為替下落で20%減少
2018/10/16 » ヴァーレ社の第3四半期の鉄鉱石生産は記録更新
2018/10/11 » 2019年の国内のセメント消費は3.0%以上増加予想
2018/10/04 » アルミナ製錬所アルノルテの操業を一時停止でアルミ価格上昇か
2018/09/24 » 今年の鉱業関連ロイヤリティは30億レアル突破で記録更新予想
2018/09/11 » ヴェーレ社は鉄鉱石鉱山の無人ダンプトラック走行システムを開発・導入
2018/07/26 » ヴァーレ社の第2四半期の純益は前年同期比5倍に上昇
2018/07/17 » ヴァーレ社の第2四半期の鉄鉱石生産は記録更新
2018/06/12 » トラック運転手の国道封鎖抗議デモで今年のセメント生産減少に追討ち
2018/06/12 » Vale社はカナダでコバルト生産拡大
2018/05/29 » 鉱山開発に回復の兆し
2018/04/17 » 今年第1四半期のヴァーレ社の鉄鉱石販売は8,430万トンで記録更新
2017/07/26 » 鉄鉱石のロイヤリティ徴収は価格変動に対応
2017/06/22 » 連邦政府は年内の1,000カ所の鉱山の電子入札予定
2017/05/11 » 今年初め4か月間のセメント販売は依然として不振継続
2017/05/09 » 中国の鉄鉱石輸入減少でコモディティ価格減少
2017/03/09 » 資源大手各社は2017年を楽観視
2017/01/17 » 今年のセメント業界は過去最悪の可能性

バックナンバー »