Câmara do Japão
Português
検索: OK
(506)

食品・飲料

検索期間を指定してください: OK
東南アジアは牛肉輸出のニューフロンティア 2019/04/08

ドイツ資本のコンサルタント会社RolandRolandger社の調査によると、ブラジルにとって東南アジア諸国12カ国は、今後のブラジルの牛肉輸出にとってニューフロンティアになる可能性を指摘している。

昨年の東南アジア12カ国の牛肉消費量は、世界全体の3億5,680万トンの8.0%相当、今後2023年まで年間平均2.6%の伸び率が予想されており、世界平均の1.13%の2倍以上の伸び率が予想されている。

ブラジル肉類輸出業者協会(Abiec)は、2017年のブラジルの東南アジア向け牛肉輸出は4万2,000トン、輸出総額は1億4,100万ドル、2018年は5万5,800トンで1億8,780万ドルに増加している。

東南アジア12カ国の人口は6億3,000万人、2021年の牛肉消費は2017年比300%と大幅な増加が予想されている。人口が14億人の中国向け牛肉輸出は東南アジア向けの5倍となっている。

東南アジア諸国では、伝統的に牛の飼育率が低く、牛肉消費の49%は輸入に依存、鶏肉の輸入依存率28%、豚肉の21%とそれぞれ大幅に上回っている。昨年の食肉消費の17%は輸入に依存している。

今後5年間の東南アジアの牛肉消費は11.4%増加の500万トンが予想されており、北米の3.0%増加、ラテンアメリカの5.0%増加、ヨーロッパ諸国の2.0%増加をそれぞれ大幅に上回ると予想されている。(2019年4月8日付けヴァロール紙)

 



2020/04/16 » 2020年4月にBRFが初めてCOVID-19の影響による屠畜量削減に言及(2020年4月16日付けバロール紙)
2020/04/08 » Ifoodに対する配達員の防護命令を差し止めて業務遂行を優先する判決(2020年4月7日付けバロール紙)
2020/03/26 » レストランチェーンを展開するIMCが国内で全社員の30%を解雇(2020年3月26日付けバロール紙)
2020/03/26 » 20年3月下旬に中国の穀物輸入が正常化に向かう(2020年3月26日バロール紙掲載)
2020/03/19 » アイフードがレストランを対象にした5,000万レアルのファンドを設立
2019/11/29 » 中国向け牛肉輸出拡大で国内の牛肉価格高騰
2019/10/03 » フードトラックブーム衰退
2019/05/31 » BRFと Marfrig合併で世界4位に食肉会社誕生か
2019/04/08 » 東南アジアは牛肉輸出のニューフロンティア
2019/02/14 » 2019年の食品業界売上は4.0%増加を予想
2019/01/08 » 2018年の牛肉輸出は163万9,000トンで記録更新
2018/07/18 » ブラジル国内の食品業界の再編が加速
2018/05/22 » ココナッツウオーターメーカーObridado社は北米市場開拓にターゲット
2018/04/10 » MarfrigはNational Beef買収で世界2位の牛肉加工メーカーに
2018/03/06 » 第3弾カルネ・フラカ作戦敢行でBRF株価は50億レアル霧散
2018/02/21 » 米国投資ファンドが有名シュラスカリア“フォーゴ・デ・シャン”を買収
2017/05/23 » JBS社の株価は31.3%下落で時価総額75億レアルが瞬時に雲散霧消
2017/03/21 » 食肉偽造事件発覚で主な輸出相手国が輸入禁止措置発令
2017/03/20 » 食肉偽造事件発覚でブラジルの信用は壊滅的なダメージ
2017/01/31 » ブラジルの家畜向け飼料生産は世界3位

バックナンバー »