Câmara do Japão
Português
検索: OK
(493)

インフラ

検索期間を指定してください: OK
今年末までにインフラ整備部門入札で260億レアル投資か 2019/11/26

2019年12月末までに5件の民営化によるインフラ整備部門入札が予定されており、契約期間は30年~35年間で順調に応札されれば投資総額は260億レアルに達すると見込まれている。

11月28日に予定されているサンパウロ州内のピラシカーバ市とパノラマ市を結ぶ州道路の契約期間は30年、投資総額は140億レアルが見込まれているにも関わらず、10月末にサンパウロ州会計検査院(TCE)が入札に待ったをかけているために、入札は2020年にずれ込む可能性がある。

また12月5日に入札が予定されている南マット・グロッソ州とゴイアス州を結ぶ南マット・グロッソ州道路MS-306号線の契約期間は35年、予想投資総額は5億2,310万レアル、穀倉地帯の中西部地域からの穀物輸送がメインであり、中小規模のゼネコンが応札すると予想されている。

12月13日に入札が予定されているバイア州サルバドール市と対岸のヴェラ・クルース市を結ぶサルバドール‐イタパリカ大橋の投資総額は53億レアルが見込まれており、このプロジェクトには総延長距離が4.6キロメートルのサルバドール市環状道路並びに21.41キロメートルの都市間高速道路の建設、州道BA‐001号線の修復工事が含まれている。

4年前にブラジル事務所を開設して、インフラ関連投資を模索している中国鉄道グループ株式会社(CREC)並びに中国資本の交交通建設(CCCC)とCR20社のコンソーシアムがサルバドール‐イタパリカ大橋入札に参加を表明しているが、ブラジルの大手ゼネコン企業も応札する可能性がある。

また11月29日に南大河州都のポルト・アレグレ市都市圏の契約期間が35年、投資総額18億6,000万レアルが見込まれている上下水道整備プロジェクト入札が予定されている。

12月19日には12州にまたがる総延長距離が2,360キロメートルで12ロットに分割された送電線入札が予定されており、契約期間が30年間、投資総額は41億8,000万レアルが見込まれている。

12月19日実施予定の送電線入札には、中国資本State Grid Corp of China社は、CPFL Energia社並びにState Grid Brazil Holdeing(SGBH)を通して入札に参加、フランス資本Engie社、ポルトガル資本EDP社並びにTaesa社も入札に参加すると予想されている。(2019年11月26日付けヴァロール紙)



2020/01/13 » 中国企業は公社民営化やコンセッションでブラジルに再上陸か
2020/01/07 » 各州政府は今年100件以上の民営化で資金調達を余儀なくされる
2019/12/17 » エグゼクティブ向けサンパウロ・カタリーナ空港(SPCA)開設
2019/12/16 » 2020年はインフラプロジェクトで44件入札予想
2019/12/10 » 中国資本がサルバドール‐イタパリカ大橋の入札に単独参加か
2019/11/26 » 今年末までにインフラ整備部門入札で260億レアル投資か
2019/11/07 » 下水普及率停滞もインターネット普及率は80%
2019/10/24 » ボルソナロ大統領の北京詣は米国詣を上回る成果を期待
2019/10/21 » 中国資本CR20社が地下鉄6号線工事請負か
2019/10/16 » 今年初め8か月間の連邦公社の投資は過去20年間で最低
2019/09/16 » 2019年~2022年までの投資総額は2.7%増加予想
2019/08/07 » シーメンスは輸送やエネルギー部門に焦点を当てた大型投資を予定
2019/04/26 » 地域企業が入札で特権を失う可能性も
2019/04/23 » 省間の対立でコンセッショネアの事業権返還に関する政令の告知が足踏み
2019/03/29 » RUMO社は27億レアルで南北鉄道コンセッション落札
2019/03/20 » 中国資本CRECは東西統合鉄道(Fiol)入札参加か
2019/03/11 » 道路民営化コンソーシアムは僅か22%の複線化実行
2019/03/07 » ボルソナロ新政権で初めての民営化は12リージョナル空港
2019/01/17 » ボルソナロ新政権誕生100日以内に83億レアル相当の入札実施か
2019/01/15 » ボルソナロ新政権は上下水道完備プロジェクトに250億レアル投資

バックナンバー »