Câmara do Japão
Português
検索: OK
(493)

インフラ

検索期間を指定してください: OK
下水普及率停滞もインターネット普及率は80% 2019/11/07

世界銀行が定めている1日の一人当たりの所得が1.90ドル(月間145レアル相当)以下の2018年のブラジル国内の最貧困層人口は、全体の6.5%に相当する1,353万7,000人と2015年から悪化してきている。

2012年の最貧困層は人口全体の5.8%に相当する1,137万9,000人、2013年は5.1%の1,015万3,000人、2014年は4.5%の903万3,000人まで減少傾向となっちた。

しかし経済リセッションの影響が始まった2015年の最貧困層は4.9%相当する9,918万人、2016年は5.8%の1,192万9,000人、2017年は6.4%に相当する1,326万8,000人に増加していた。

ブラジル国民の1/3強に相当する人口は下水道設備のない住居での生活を余儀なくされているにも関わらず、過去数年間で大半のブラジル人はインターネットを活用している。

北部地域並びに北東部地域の下水道のインフラ整備が非常の遅れており、ブラジル人口の35.7%に相当する7415万6,000人の人口を数えるが、人口の63%に相当する4,652万6,000人だけが下水道インフラの恩恵を受けている。

特に北部地域の人口の79,3%、北東部地域の人口の57.1%には下水道インフラが普及していないが、2016年の下水道インフラ不整備は36.3%、2017年は35.9%、2018年は35.7%と殆ど改善されていない。

しかし2018年のブラジルの一般家庭の冷蔵庫の普及率は98.3%、固定電話若しくはセルラー普及率は96.0%に達しており、人口の79.9%はインターネットアクセスを行っている。また極貧層の65.9%はインターネットにアクセスしている。(2019年11月7日付けエスタード紙)

 



2020/01/23 » 今後4年間の電力エネルギー入札案件トップは太陽光発電
2020/01/22 » 3,200億レアルに達するPPIプログラムをダボス会議で説明
2020/01/13 » 中国企業は公社民営化やコンセッションでブラジルに再上陸か
2020/01/07 » 各州政府は今年100件以上の民営化で資金調達を余儀なくされる
2019/12/17 » エグゼクティブ向けサンパウロ・カタリーナ空港(SPCA)開設
2019/12/16 » 2020年はインフラプロジェクトで44件入札予想
2019/12/10 » 中国資本がサルバドール‐イタパリカ大橋の入札に単独参加か
2019/11/26 » 今年末までにインフラ整備部門入札で260億レアル投資か
2019/11/07 » 下水普及率停滞もインターネット普及率は80%
2019/10/24 » ボルソナロ大統領の北京詣は米国詣を上回る成果を期待
2019/10/21 » 中国資本CR20社が地下鉄6号線工事請負か
2019/10/16 » 今年初め8か月間の連邦公社の投資は過去20年間で最低
2019/09/16 » 2019年~2022年までの投資総額は2.7%増加予想
2019/08/07 » シーメンスは輸送やエネルギー部門に焦点を当てた大型投資を予定
2019/04/26 » 地域企業が入札で特権を失う可能性も
2019/04/23 » 省間の対立でコンセッショネアの事業権返還に関する政令の告知が足踏み
2019/03/29 » RUMO社は27億レアルで南北鉄道コンセッション落札
2019/03/20 » 中国資本CRECは東西統合鉄道(Fiol)入札参加か
2019/03/11 » 道路民営化コンソーシアムは僅か22%の複線化実行
2019/03/07 » ボルソナロ新政権で初めての民営化は12リージョナル空港

バックナンバー »