Câmara do Japão
Português
検索: OK
(493)

インフラ

検索期間を指定してください: OK
今年初め8か月間の連邦公社の投資は過去20年間で最低 2019/10/16

今年初め8か月間の連邦公社の公共投資実施比率は、全体の19.1%相当に留まっており、調査開始の2000年の21.2%を下回っているが、労働者党(PT)政権時の連邦政府の公共投資が国内の投資を牽引していた2011年はピークの40%に達していた。

今年初め8か月間の連邦公社による投資は230億レアルに留まっており、財政支出削減政策の煽りで、ピーク時の2013年の467億レアルの半分以下まで落ち込んでいる。

しかしパウロ・ゲーデス経済相の財政支出削減政策の影響を受けて、今年初め8か月間の連邦公社の純益総額は、前年同期比70%増加の607億レアルに達しているが、経済リセッション前後の2014年から連邦公社の純益総額は減少を継続していた。

連邦公社の公共投資を牽引していたペトロブラス石油公社は、コア事業の石油・天然ガス開発に資金を集中するために、傘下のTransportadora Associada de Gas(TAG)の株式の90%をフランス資本Engie社並びにカナダの年金ファンドCaisse de Depot e Placement du Quebec(CDPQ)で構成されるコンソーシアムに86億ドルで売却している。

またペトロブラス石油公社では、今年7月に同グループ傘下のBR DISTRIBUIDORA社の株価放出で80億レアルに達する資金調達、BR DISTRIBUIDORA傘下の2007年に買収していたStratura Asfaltos社も放出している。

2004年から2014年の労働者党(PT)政権時には、ペトロブラスやエレトロブラス電力公社を中心に、社会経済開発銀行(BNDES)の低利子による大型プロジェクトが牽引して公共投資を牽引していた。

しかしペトロブラス石油公社のラヴァ・ジャット汚職問題や経済リセッションなどの影響を受けて、連邦公社の負債軽減による公社民営化や資産売却を余儀なくされ、連邦公社による公共投資は2014年以降減少し続けている。(2019年10月16日付けヴァロール紙)



2020/01/23 » 今後4年間の電力エネルギー入札案件トップは太陽光発電
2020/01/22 » 3,200億レアルに達するPPIプログラムをダボス会議で説明
2020/01/13 » 中国企業は公社民営化やコンセッションでブラジルに再上陸か
2020/01/07 » 各州政府は今年100件以上の民営化で資金調達を余儀なくされる
2019/12/17 » エグゼクティブ向けサンパウロ・カタリーナ空港(SPCA)開設
2019/12/16 » 2020年はインフラプロジェクトで44件入札予想
2019/12/10 » 中国資本がサルバドール‐イタパリカ大橋の入札に単独参加か
2019/11/26 » 今年末までにインフラ整備部門入札で260億レアル投資か
2019/11/07 » 下水普及率停滞もインターネット普及率は80%
2019/10/24 » ボルソナロ大統領の北京詣は米国詣を上回る成果を期待
2019/10/21 » 中国資本CR20社が地下鉄6号線工事請負か
2019/10/16 » 今年初め8か月間の連邦公社の投資は過去20年間で最低
2019/09/16 » 2019年~2022年までの投資総額は2.7%増加予想
2019/08/07 » シーメンスは輸送やエネルギー部門に焦点を当てた大型投資を予定
2019/04/26 » 地域企業が入札で特権を失う可能性も
2019/04/23 » 省間の対立でコンセッショネアの事業権返還に関する政令の告知が足踏み
2019/03/29 » RUMO社は27億レアルで南北鉄道コンセッション落札
2019/03/20 » 中国資本CRECは東西統合鉄道(Fiol)入札参加か
2019/03/11 » 道路民営化コンソーシアムは僅か22%の複線化実行
2019/03/07 » ボルソナロ新政権で初めての民営化は12リージョナル空港

バックナンバー »