Câmara do Japão
Português
検索: OK
(493)

インフラ

検索期間を指定してください: OK
Ferrogrão鉄道建設でマット・グロッソ州の穀物生産が70%増産可能 2019/01/10

Ferrogrão(フェログラン)と命名されているマット・グロッソ州シノップ市とパラー州ミリチツーバ市を結ぶ1,142キロメートルの鉄道建設構想は、最優先プロジェクトにも拘らず、既に5年間を経過しているが、未だに着手されていない。

ボルソナロ新政権インフラ省のタルシジオ・フレイタス大臣は、Ferrogrão鉄道が完成すれば現在のマット・グロッソ州の大豆やトウモロコシなどの穀物生産は、70%以上の増産が可能となると強調している。

昨年のマット・グロッソ州の穀物生産は6,318万トン、Ferrogrão鉄道の開通で、新しい土地を開拓しないで現在の牧草地での穀物栽培拡大で、2028年には1億800万トンまで増産できるとフレイタス大臣は太鼓判を押している。

現在のマット・グロッソ州の穀物栽培面積は1,486万ヘクタールに留まっているが、牧草地を穀物栽培向けに転換すれば一本も熱帯雨林を伐採することなく2025年には、2,226万ヘクタールの穀物栽培面積が確保できる。

マット・グロッソ州シノップ市とパラー州ミリチツーバ市を結ぶ1,142キロメートルのFerrogrão鉄道の投資総額は127億レアルを見込まれているが、フレイタス大臣は、新政権発足の100日以内にプロジェクト関係者を連邦会計検査院(TCU)に送り込んで検討させる。

北部回廊経由のFerrogrão鉄道が完成すれば1トン当たりの穀物の輸送費は300レアルから110レアルに減少、また輸送日数も4日間の短縮が可能となり、穀物生産者にとっては大きなコスト削減で価格競争力が飛躍的に増加する。

またインフラ省のタルシジオ・フレイタス大臣は、中国資本の交交通建設(CCCC)が参入を虎視眈々と狙っている投資総額が11億4,000万レアルのバイア州の東西統合鉄道(Fiol)の早期入札を検討している。

Rumo鉄道やVale鉄道、MRS鉄道、Ferrovia Centro Atlanticaとの鉄道コンセッション契約の延長をインフラ省では検討していると予想されている。(2019年1月10日付けエスタード紙)



2019/04/26 » 地域企業が入札で特権を失う可能性も
2019/04/23 » 省間の対立でコンセッショネアの事業権返還に関する政令の告知が足踏み
2019/03/29 » RUMO社は27億レアルで南北鉄道コンセッション落札
2019/03/20 » 中国資本CRECは東西統合鉄道(Fiol)入札参加か
2019/03/11 » 道路民営化コンソーシアムは僅か22%の複線化実行
2019/03/07 » ボルソナロ新政権で初めての民営化は12リージョナル空港
2019/01/17 » ボロソナロ新政権誕生100日以内に83億レアル相当の入札実施か
2019/01/15 » ボロソナロ新政権は上下水道完備プロジェクトに250億レアル投資
2019/01/10 » Ferrogrão鉄道建設でマット・グロッソ州の穀物生産が70%増産可能
2019/01/09 » 2018年の中国のブラジルへの投資は75%下落
2019/01/07 » ボルソナロ新政権はインフラ投資プロジェクト促進で規則や条例改正加速
2018/11/30 » テーメル大統領は最後のPPIプロジェクト発表
2018/11/28 » 2000年以降のブラジルの公共投資は調査対象42カ国の41位
2018/10/25 » 任期終了2カ月前のテーメル大統領は20カ所の開所式に心逸
2018/10/18 » 次期政権は未完成の52インフラ整備プロジェクト引継ぎ
2018/10/17 » 中国企業は2009年からエネルギー部門を中心に540億ドル投資
2018/10/15 » 州立水道公社の50%は赤字計上
2018/09/27 » 極左派や極右派の新大統領誕生憂慮で、年内の12空港民営化入札で圧力
2018/09/20 » ブラジルの5,570市町村の僅か38%が上下水整備計画を擁している
2018/08/08 » 11月1日に11年ぶりの鉄道コンセッション入札予定

バックナンバー »