Câmara do Japão
Português
検索: OK
(493)

インフラ

検索期間を指定してください: OK
テーメル大統領は最後のPPIプロジェクト発表 2018/11/30

ミッシェル・テーメル大統領が2016年9月にインフラ事業の更なる民営化を目的とした投資パートナーシッププログラム(PPI-Programa de Parcerias de Investimentos)で発表した数多くのプロジェクトの入札が遅れており、テーメル大統領の任期が切れる今年末までの入札は不可能となっている。

入札が予定されていた多くのPPIインフラ整備プロジェクトは、テーメル大統領弾劾に繋がる政治危機、一般参加の公聴会や連邦会計検査院(TCU)からの要請、投資家を呼び込む収益率の見直しなどで先送りされていた経緯があった。

昨日29日にテーメル大統領は、任期中最後のPPIプロジェクトの入札を発表したが、12カ所のリージョナル空港、南北鉄道、4カ所の港湾入札は来年3月末が予定されている。

総延長距離が1,537キロメートルのサンパウロ州EstrelaDOésteとゴイアス州 Porto Nationalを結ぶ南北鉄道入札の最低価格は13億5,000万レアル、コンセッション期間は30年、投資総額は28億レアルが見込まれており、入札は来年3月28日が予定されている。

南東部地域ではエスピリット・サントス州ヴィトリア空港並びにリオ州マカエ空港の2空港抱合せの民営化入札が予定。中西部地域ではマット・クイアバ空港並びにSinop空港、Alta Floresta空港、Rondonopolis空港の民営化入札が予定されている。

また北東部地域の中規模空港の民営化では、ペルナンブーコ州レシーフェ空港並びにアラゴアス州マセイオ空港、パライバ州ジョアン・ペソア空港並びにカンピーナ・グランデ空港、セルジッペ州アラカジュ空港、セアラー州ジュアゼイロ・ド・ノルテ空港がそれぞれ来年3月15日に予定、コンセッション期間は30年となっている。

4カ所の港湾入札は来年3月22日が予定されており、コンセッション期間は25年となっている。(2018年11月30日付けヴァロール紙)



2020/01/23 » 今後4年間の電力エネルギー入札案件トップは太陽光発電
2020/01/22 » 3,200億レアルに達するPPIプログラムをダボス会議で説明
2020/01/13 » 中国企業は公社民営化やコンセッションでブラジルに再上陸か
2020/01/07 » 各州政府は今年100件以上の民営化で資金調達を余儀なくされる
2019/12/17 » エグゼクティブ向けサンパウロ・カタリーナ空港(SPCA)開設
2019/12/16 » 2020年はインフラプロジェクトで44件入札予想
2019/12/10 » 中国資本がサルバドール‐イタパリカ大橋の入札に単独参加か
2019/11/26 » 今年末までにインフラ整備部門入札で260億レアル投資か
2019/11/07 » 下水普及率停滞もインターネット普及率は80%
2019/10/24 » ボルソナロ大統領の北京詣は米国詣を上回る成果を期待
2019/10/21 » 中国資本CR20社が地下鉄6号線工事請負か
2019/10/16 » 今年初め8か月間の連邦公社の投資は過去20年間で最低
2019/09/16 » 2019年~2022年までの投資総額は2.7%増加予想
2019/08/07 » シーメンスは輸送やエネルギー部門に焦点を当てた大型投資を予定
2019/04/26 » 地域企業が入札で特権を失う可能性も
2019/04/23 » 省間の対立でコンセッショネアの事業権返還に関する政令の告知が足踏み
2019/03/29 » RUMO社は27億レアルで南北鉄道コンセッション落札
2019/03/20 » 中国資本CRECは東西統合鉄道(Fiol)入札参加か
2019/03/11 » 道路民営化コンソーシアムは僅か22%の複線化実行
2019/03/07 » ボルソナロ新政権で初めての民営化は12リージョナル空港

バックナンバー »