Câmara do Japão
Português
検索: OK
(493)

インフラ

検索期間を指定してください: OK
中国企業は2009年からエネルギー部門を中心に540億ドル投資 2018/10/17

中国企業は、2009年から電力エネルギー部門を中心にブラジル国内の基幹産業部門に対して、ハイリスク・ハイリターンにも関わらず、積極的に企業買収などで投資を継続している。

2009年以降の中国企業によるブラジル国内への投資は、総額539億6,000万ドルに達している。そのうち投資総額の47%は電力エネルギー部門への投資、石油・天然ガス開発部門への投資は29%、鉱業部門8.0%、自動車部門4.0%、農畜産部門4.0%、金融サービス部門は3.0%、その他は5.0%となっている。

中国企業による電力エネルギー部門への投資は、ミッシェル・テーメル政権時に顕著に増加、中国企業は不況に直面しているブラジルに大きな商機があると受け止め、主にブラジル国内の基幹産業部門の事業拡大に乗り出している。

しかしリスクに対して支出を恐れず貪欲な、2017年の中国企業によるブラジル国内の資産買収は前年比68%増の200億ドル以上に達するとブラジル中国商工会議所(CCIBC)は推算している。

State Grid Corp of China社はCPFL Energia社を520億レアル、国家電力投資集団公司(SPIC)は70億レアルを電力エネルギー企業の買収に投資、民間最大の電力エネルギー企業となっているChina Three Gorges(CTG)社は、440億レアルを電力エネルギー部門に投資している。

今月9日夜、ボウソナロ候補によるブラジル中央電力公社(Eletrobras)の電力エネルギー発電事業の民営化反対発言に伴って、10日のEletrobras社の株価は9.11%下落していた。

「我々はEletrobras公社をどの国に対しても譲渡してよいのか? 貴方はEletrobras公社が中国資本の傘下に入っても容認できるか? 我々ブラジル人にとって川中のEletrobras公社の配電事業分野の民営化は心配ないが、川上のエネルギー発電事業の民営化は非常に危険で断固反対」とボウソナロ候補はバンデイランテスTVのインタビューに答えている。

しかしブラジル中国商工会議所(CCIBC)のCharles Tang会頭は、「我々中国企業は既にブラジルに1,200億ドルを投資して、ブラジルの経済リセッションからの回復や雇用創出に大いに寄与している」と強調している。

ミナス・ジェライス電力公社(CEMIG)が連邦政府との間で新規契約更新をしなかったサンシモン水力発電所は、昨年に国家電力投資集団公司(SPIC)が買収した。またSPIC社は、CEMIG社並びにオデブレヒト社は所有するサント・アントニオ水力発電所の株式譲渡で交渉中と予想されている。

中国企業による電力エネルギー発電事業進出では、投資をする際に法人を新しく設立して、設備や従業員の確保、チャネルの構築や顧客の確保を一から行うグリーンフィールド投資は29件で59億5,000万ドルに留まっている。

一方外国に投資をする際に、自社で初めから設備投資や従業員の確保するのではなく、現地の企業を買収することで被買収企業の既存の設備や従業員、チャネルや顧客を利用するというブラウンフィールド投資は、72件で480億1,000万ドルと大半を占めている。

2014年~2017年の中国企業による投資は米国向け投資が282億ドルでトップ、ブラジルは213億ドルで2位、オーストラリア106億ドル、英国90億ドル、香港79億ドルで5位を占めている。

またペルー向け投資は70億ドルで6位、スイス61億ドル、マレーシア59億ドル、コンゴ36億ドル、カナダ35億ドル、スペイン32億ドル、ドイツ31億ドル、イタリア29億ドル、アラブ首長国連邦27億ドル、ロシア24億ドル、パキスタン並びにシンガポール23億ドル、モンゴル21億ドル、カザキスタン17億ドル、バミューダ諸島は15億ドルとなっている。(2018年10月17日付けエスタード紙)



2020/04/23 » 一般家庭の水道料金の平均延滞率は5.0%から30%に急上昇
2020/04/17 » 連邦政府は新型コロナウイルス感染終焉後の経済や雇用活性化のインフラプロジェクトを準備
2020/04/17 » 国内銀行はCOVID‐19パンデミックで甚大なダメージを被っている部門に500億レアルの救済パッケージを準備中
2020/04/06 » COVID-19でストの脅威にさらされる港湾業務をMPで保証(2020年4月6日付けバロール紙)
2020/03/30 » COVID-19で旅客数激減のSuperViaが財務の余裕確保を模索(2020年3月30日付けバロール紙)
2020/03/16 » ジルマ政権下で民営化された高速道路と空港で少なくとも5事業に対して事業入札を再度実施へ
2020/03/06 » 民営化第1号のサン・ゴンサロ・ド・アマランテ空港は経営不振で連邦政府に返却
2020/02/20 » 投資パートナーシップ(PPI)に熱帯雨林の国立公園を容認
2020/01/23 » 今後4年間の電力エネルギー入札案件トップは太陽光発電
2020/01/22 » 3,200億レアルに達するPPIプログラムをダボス会議で説明
2020/01/13 » 中国企業は公社民営化やコンセッションでブラジルに再上陸か
2020/01/07 » 各州政府は今年100件以上の民営化で資金調達を余儀なくされる
2019/12/17 » エグゼクティブ向けサンパウロ・カタリーナ空港(SPCA)開設
2019/12/16 » 2020年はインフラプロジェクトで44件入札予想
2019/12/10 » 中国資本がサルバドール‐イタパリカ大橋の入札に単独参加か
2019/11/26 » 今年末までにインフラ整備部門入札で260億レアル投資か
2019/11/07 » 下水普及率停滞もインターネット普及率は80%
2019/10/24 » ボルソナロ大統領の北京詣は米国詣を上回る成果を期待
2019/10/21 » 中国資本CR20社が地下鉄6号線工事請負か
2019/10/16 » 今年初め8か月間の連邦公社の投資は過去20年間で最低

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

Pdf第7回ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)『雇用維持のための救済措置の状況と今後について』(Fator法律事務所の佐藤ジルセウ弁護士 2020年7月8日)

Pdf『チリにおける新型コロナウイルスの影響』ジェトロ・サンチアゴ事務所の佐藤 竣平所長 2020年7月1日

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴う企業活動や危機管理に関するアンケート結果【速報】(2020年6月)

________

Pdf『2020年度第1四半期決算発表からみる新型コロナウイルスのブラジル企業への影響』(コンサルタント部会の吉田幸司部会長 2020年6月24日)

Pdf4回「ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)」(ジェトロサンパウロ事務所の大久保敦所長 2020年6月17日)

Pdf第3回「ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)」ジェトロリマ事務所の設楽 隆裕所長(2020年6月10日)

 

Pdf「アルゼンチンにおける新型コロナウイルスの影響」ジェトロブエノスアイレス事務所の紀井寿雄所長 2020年6月3日

Pdfブラジル等における新型コロナ対応状況(ジェトロサンパウロ事務所 大久保敦所長 2020年5月27日)

Pdf雇用維持のための救済措置解説セミナー発表資料 (佐藤ジルセウ弁護士 2020年4月27日)

 

  会員企業の新型コロナSDGs (CSR) 他、関連取り組み状況

 

Pdf【速報2】新型コロナウィルス感染に関するアンケート【その2】一時帰国対応について 3/31日現在

Pdf【速報 (更新)】新型コロナウィルス感染に関するアンケート調査結果 4/3日現在 128社

Pdf新型コロナウィルス対策に関連する各種法律・政令 3/24

Pdf感染対策情報(サンパウロ日伯援護協会提供)3/19

Pdf新型コロナウィルス情報(ポル語、サンタクルス病院提供)3/17

Pdfブラジル保健省フェイスブック

Pdf新型コロナウイルスに関するQ&A 保健省(ポルトガル語)

Pdfブラジル保健省ホームページ

Pdf感染発生連絡③ 3/20

Pdf感染発生連絡② 3/17

Pdf感染発生連絡① 3/11

 

______

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

Pdfブラジルのポテンシャル

(麻生元総理との意見交換会)

 

→ バックナンバー

Pdfブラジル概要資料