Câmara do Japão
Português
検索: OK
(493)

インフラ

検索期間を指定してください: OK
4空港の民営化コンセッション入札には最低4コンソーシアム参加か 2017/03/13

3月16日に入札が予定されている4空港の民営化コンセッション入札の参加に対して、今日13日に4コンソーシアム代表が参加表明すると予想されている一方で、3コンソーシアムはすでに参加中止を表明している。

4空港民営化コンセッションに入札参加が見込まれているのは、Patria Investimentos社とコンソーシアムを組むAvialliance社並びにCR Almeida社とコンソーシアムを組むFraport社、Flughafen Zurich AG社、 Vinci Airports社が予想されている。

Investimentos社とコンソーシアムを組むAvialliance社は、ドイツのジュッセルドルフ空港及びハンブルグ空港、ギリシアのアテネ空港、ハンガリーのブタペスト空港、インドのニューデリー空港、ペルーのリマ空港、ロシアのサンペトロスブルグ空港で管理オペレーションに参加している。

またCR Almeida社とコンソーシアムを組むFraport社は、フランス国内の13中規模空港、ポルトガルのリスボン空港並びにポルト空港、チリのサンチアゴ空港、ドミニカ共和国のサント・ドミンゴ空港で管理オペレーションに参加している。

Flughafen Zurich AG社はスイスのチューリッヒ空港、ブラジルミナス州のコンフィン空港、コロンビアのボゴタ空港、チリのイキキ空港並びにアントファガスタ空港で管理オペレーションに参加している。

Vinci Airports社フランス並びにポルトガルを中心にヨーロッパやラテンアメリカ、アジアの35空港で管理オペレーションに参加、今日、入札が実施されるサンパウロ証券・商品先物取引所(BM&F Bovespa)に入札参加表明を予定している。

しかし英国内のヒュースロー空港並びにグラスコー空港、サウサンプトン空港、アドデーィン空港に運営参加しているFerrovial社、メキシコ国内で12空港を運営するGPA、ジャマイカのモンテゴベイ空港、メキシコのトルカ空港、韓国のソウル空港に運営参加しているOHL/KAC/Rio Verdeコンソーシアムは、入札参加を見合わせている。

またブラジルミナス州のコンフィン空港並びにエクアドルのキト空港、コスタリカのファン・サンタマリーア空港、オランダ王国の構成国アンチーリャ諸島のキュラソー空港の運営に参加しているCCR社、アルゼンチン国内33空港、ウルグアイのモンテヴィデオ空港並びにプンタ・デル・エステ空港、ブラジリア空港やナタル空港など南米諸国の空港の運営に参加しているCorporation America社、 スペイン国内の空港、英国、コロンビアなど46空港の運営に参加しているAena社は、未だに入札参加を検討している。

3月16日に入札が予定されている4空港の民営化コンセッションでは、フォルタレーザ空港民営化コンセッションの最低入札価格は14億4,000万レアル、最低投資額は14億レアル、コンセッション期間は30年間、2015年の年間航空利用客は630万人。落札したコンセッションは契約時に保証金として25%及びプレミアム入金義務。

また前記同様にサルバドール空港は12億4,000万レアル、23億レアル、30年間、900万人、ポルト・アレグレ空港は1億2,200万レアル、19億レアル、25年間、840万人、フロリアノポリス空港は2億1,000万レアル、9億600万レアル、30年間、370万人が予想されている。(2017年3月13日付けヴァロール紙)

 



2017/05/22 » Enseada Paraguaçuは事業再生でポートフォリオ模索
2017/05/16 » 中国投資ファンドはブラジル国内インフラ投資に200億ドル
2017/05/08 » 今年初め4か月間の公共投資は2009年以降では最低
2017/03/30 » コンソーシアムRiogaleãoは40億レアルを前払い
2017/03/29 » 投資パートナーシッププログラムにSP州の中速度鉄道プロジェクト承認
2017/03/20 » 中国の第3波のブラジル投資は200億ドルを突破予想
2017/03/14 » Galvão Engenharia社は国道153号線のコンセッション返納か
2017/03/13 » 4空港の民営化コンセッション入札には最低4コンソーシアム参加か
2017/03/10 » 州政府の13衛生公社民営化で最大356億レアルの資金調達
2017/03/08 » 投資総額450億レアルの新投資パートナーシップ・プログラム(PPI)発表
2017/02/22 » 連邦政府はインフラ投資牽引で中速度鉄道建設
2017/02/16 » トランスノルデスティーナ鉄道建設に中国資本CCCC社参加交渉
2016/12/12 » ゼネコン最大手オデブレヒト社は過去3年間で10万人以上解雇
2016/12/01 » 連邦政府は4空港の民営化コンセッションで30億レアルの臨時歳入予想
2016/11/29 » 社会経済開発銀行は25エンジニアリング輸出プロジェクトへのクレジット停止
2016/11/28 » オデブレヒト社はペルーの灌漑プロジェクトをBrookfieldに売却
2016/11/25 » 中交交通建設はConcremat Engenharia社に80%資本参加でブラジルに足掛かり
2016/11/17 » 投資パートナーシッププログラム(PPI)による港湾ターミナル契約延長
2016/09/20 » 2017年のコンセッション入札による臨時歳入は240億レアルを予想
2016/09/15 » 電力配電会社CELG社の最低入札価格を下げて年内に再入札実施

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー