Câmara do Japão
Português
検索: OK
(493)

インフラ

検索期間を指定してください: OK
投資総額450億レアルの新投資パートナーシップ・プログラム(PPI)発表 2017/03/08

昨日7日、連邦政府は、今後5年間の投資総額が450億レアルに達する新投資パートナーシップ・プログラム(PPI)を発表、PPIプロジェクトによる国庫庁への歳入はミッシェル・テーメル大統領の任期が終了する2018年以降に加速すると予想されている。

インフラ投資への政府の過剰な介入を排して民間によるインフラ投資を促進するための投資パートナーシップ・プログラム(PPI)は、2016年9月にミッシェル・テーメル大統領によって発表されたが、鉄道並びに道路輸送、電力エネルギー、上下水道,鉱業部門など35プロジェクトで300億レアルの投資が見込まれていた。

今回の新投資パートナーシップ・プログラム(PPI)では、69プロジェクトに増加、新たにサンタ・カタリーナ州内の国道101号線、パラナ州パラナグア港並びにマラニョン州イタキ港を含む3港湾ターミナル、電力エネルギー送電関連の35ロットが追加されて170億レアルの投資が予想されている。

これらの新プロジェクトの入札内容公示は、2017年以内の予定であるにも関わらず、2017年以内に入札が予定されているのは、投資総額が128億レアルと見込まれている電力エネルギー送電プロジェクトだけとなっている。

今回の投資パートナーシップ・プログラム(PPI)による電力エネルギー送電プロジェクトが完成すれば、ブラジル国内の電力エネルギー送電網はブラジル全土の州を統一する。

電力エネルギー送電プロジェクト以外の投資総額は280億レアル、入札や契約終了前の契約更新が予定されており、コンセッション契約期間は25年~30年となっている。

投資パートナーシップ・プログラム(PPI)の道路コンセッションでは、現在CCR社と契約しているリオ市とサンパウロ市を結ぶNova Dutra高速道路、現在OAS社と契約しているリオ市とテレゾポリス市を結ぶCRT、Triufo社と契約しているジュイス・デ・フォーラ市とリオ市を結ぶConcerは、それぞれ契約期間が2021年までとなっている。

しかし連邦政府は、これらの道路コンセッション契約延長を破棄して、再度連邦政府への帰属を決定、しかしコンセッション契約を結んでいるゼネコン各社は、連邦政府に契約違反として35億レアルの賠償金を要求すると予想されている。

また連邦政府は、投資総額6億6,700万レアルが見込まれているリオ州ニテロイ港湾内のNitport およびNitshore、サントス港湾内の穀物ターミナルのカラムルターミナル、サンタ・カタリーナ州サン・フランシスコ・ド・スール港湾の穀物倉庫Tesc、マラニョン州イタキ港湾内の化学製品ターミナルTequimar、パラー州ヴィラ・デ・コンデ港湾内のコンテナターミナルConviconの新規契約を予定している。

また今後5年間の投資総額が250億レアルに達する鉄道コンセッションの契約更新するのは、ALL社並びに MRS社、 FCA社、 EFC社、 EFVM社の5社、ALL社並びに MRS社との再契約は今年第2四半期予定、その他3社との再契約は今年下半期予定、これらの5鉄道コンセッションの鉄道網の総延長距離は、1万2,600キロメートルで国内の貨物輸送の90%を占めている。

また州政府や市役所の上下水道公社の民営化及びコンセッションとして14公社が挙げられており、社会経済開発銀行(BNDES)がこれらのコンセッションの投資額を算定しているとマリア・シルヴィア・バストス総裁は説明している。(2017年3月8日付けUOLサイトから抜粋)



2017/05/22 » Enseada Paraguaçuは事業再生でポートフォリオ模索
2017/05/16 » 中国投資ファンドはブラジル国内インフラ投資に200億ドル
2017/05/08 » 今年初め4か月間の公共投資は2009年以降では最低
2017/03/30 » コンソーシアムRiogaleãoは40億レアルを前払い
2017/03/29 » 投資パートナーシッププログラムにSP州の中速度鉄道プロジェクト承認
2017/03/20 » 中国の第3波のブラジル投資は200億ドルを突破予想
2017/03/14 » Galvão Engenharia社は国道153号線のコンセッション返納か
2017/03/13 » 4空港の民営化コンセッション入札には最低4コンソーシアム参加か
2017/03/10 » 州政府の13衛生公社民営化で最大356億レアルの資金調達
2017/03/08 » 投資総額450億レアルの新投資パートナーシップ・プログラム(PPI)発表
2017/02/22 » 連邦政府はインフラ投資牽引で中速度鉄道建設
2017/02/16 » トランスノルデスティーナ鉄道建設に中国資本CCCC社参加交渉
2016/12/12 » ゼネコン最大手オデブレヒト社は過去3年間で10万人以上解雇
2016/12/01 » 連邦政府は4空港の民営化コンセッションで30億レアルの臨時歳入予想
2016/11/29 » 社会経済開発銀行は25エンジニアリング輸出プロジェクトへのクレジット停止
2016/11/28 » オデブレヒト社はペルーの灌漑プロジェクトをBrookfieldに売却
2016/11/25 » 中交交通建設はConcremat Engenharia社に80%資本参加でブラジルに足掛かり
2016/11/17 » 投資パートナーシッププログラム(PPI)による港湾ターミナル契約延長
2016/09/20 » 2017年のコンセッション入札による臨時歳入は240億レアルを予想
2016/09/15 » 電力配電会社CELG社の最低入札価格を下げて年内に再入札実施

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー