Câmara do Japão
Português
検索: OK
(493)

インフラ

検索期間を指定してください: OK
ゼネコン最大手オデブレヒト社は過去3年間で10万人以上解雇 2016/12/12

連邦警察によるラヴァ・ジャット作戦で最大級の汚職疑惑のゼネコン大手ノルベルト・オデブレヒト社初めオデブレヒトグループが連邦検察庁と進めている大型の報奨付供述(デラソン・プレミアーダ)では、77人のエグゼクティブが合意したために、今後は多くの与野党議員の不正発覚予想で、政界の行方が混沌としている。

2013年のオデブレヒトグループの従業員総数は18万1,000人に達していたが、ラヴァ・ジャット作戦汚職疑惑で摘発された2014年には16万8,000人まで減少していた。

また、ラヴァ・ジャット作戦汚職捜査が進展するに従って、グループ傘下のノルベルト・オデブレヒト社のインフラプロジェクト完了や新プロジェクトへの参加禁止、国内の経済リセッション継続などの要因で、2015年末の従業員総数12万8,000人から現在は8万人まで縮小している。

また石油の国際コモディティ価格下落の影響で、オデブレヒト社が手掛けている大型プロジェクトを擁しているヴェネズエラやアフリカの石油産油国の経済にダメージを与えたことも同社の従業員の解雇増加に拍車をかけている。

大型インフラプロジェクトで大きな役割を果たしていた社会経済開発銀行(BNDES)が、ラヴァ・ジャット作戦汚職に関連しているゼネコン向けクレジットを停止したことも経営悪化に拍車をかけている。

また社会経済開発銀行はラヴァ・ジャット作戦汚職に関連しているゼネコンに対して、クレジット契約見直しを進めており、ヴェネズエラではトコマ水力発電所並びにオリノコ河の橋建設で影響を受けている。

ペトロブラスが資本参加をして2011年に設立されたプレソルトの原油・天然ガス開発向け28隻のプラットフォームFPSO建造する目的で設立されたSete Brasil社向けの社会経済開発銀行(BNDES)によるクレジット停止やブラジル造船業活性化のための原調率問題、石油の国際コモディティ価格の低迷などの要因で、プレソルト開発が完全にス トップしている。

カナダ資本Brookfield社は、Odebrecht Ambiental社の株式70%を27億レアルで買収したが、同社の従業員6,000人は継続して勤務して給与を受け取っており、グループ企業では唯一従業員解雇を免れている。(2016年12月12日付けエスタード紙)



2019/04/26 » 地域企業が入札で特権を失う可能性も
2019/04/23 » 省間の対立でコンセッショネアの事業権返還に関する政令の告知が足踏み
2019/03/29 » RUMO社は27億レアルで南北鉄道コンセッション落札
2019/03/20 » 中国資本CRECは東西統合鉄道(Fiol)入札参加か
2019/03/11 » 道路民営化コンソーシアムは僅か22%の複線化実行
2019/03/07 » ボルソナロ新政権で初めての民営化は12リージョナル空港
2019/01/17 » ボロソナロ新政権誕生100日以内に83億レアル相当の入札実施か
2019/01/15 » ボロソナロ新政権は上下水道完備プロジェクトに250億レアル投資
2019/01/10 » Ferrogrão鉄道建設でマット・グロッソ州の穀物生産が70%増産可能
2019/01/09 » 2018年の中国のブラジルへの投資は75%下落
2019/01/07 » ボルソナロ新政権はインフラ投資プロジェクト促進で規則や条例改正加速
2018/11/30 » テーメル大統領は最後のPPIプロジェクト発表
2018/11/28 » 2000年以降のブラジルの公共投資は調査対象42カ国の41位
2018/10/25 » 任期終了2カ月前のテーメル大統領は20カ所の開所式に心逸
2018/10/18 » 次期政権は未完成の52インフラ整備プロジェクト引継ぎ
2018/10/17 » 中国企業は2009年からエネルギー部門を中心に540億ドル投資
2018/10/15 » 州立水道公社の50%は赤字計上
2018/09/27 » 極左派や極右派の新大統領誕生憂慮で、年内の12空港民営化入札で圧力
2018/09/20 » ブラジルの5,570市町村の僅か38%が上下水整備計画を擁している
2018/08/08 » 11月1日に11年ぶりの鉄道コンセッション入札予定

バックナンバー »