Câmara do Japão
Português
検索: OK
(493)

インフラ

検索期間を指定してください: OK
第1 次ロジスティック投資計画向けの大型クレジットが未だに凍結 2015/10/29

2012年の第1次ロジススティック投資計画(PIL-1)で民営化コンセッション入札を開始、社会経済開発銀行(BNDES)は落札したコンソーシアムに対するクレジット総額150億レアル~170億レアルを未だに凍結している。

ペトロブラス石油公社関連のラヴァ・ジャット作戦での汚職問題などで大手ゼネコン企業幹部の逮捕や議会調査委員会(CPI)で問題になっているゼネコン企業は、軒並みプロジェクト推進するための資金調達に苦慮している。

今年初めに発表された第2次ロジススティック投資計画(PIL-2)では道路、空港、港湾並びに鉄道向けに総額1,984億レアルを投資、鉄道向け投資総額は864億レアル、 鉄道向け投資総額は661億レアル、港湾向け投資総額は374億レアル、空港向け投資総額は85億レアルが予定されている。

しかし大手ゼネコン企業の大半は、ラヴァ・ジャット作戦での汚職問題に絡んでいるためにPIL-2案件の入札参加の先送りを余儀なくされているが、大型プロジェクトを手掛けたことがない中小ゼネコンの事業請負も不安視されている。

第1次ロジススティック投資計画(PIL-1)の道路並びに鉄道建設向け投資総額は1330億レアル、9道路コンセッションが入札にかけられたが、そのうち6件が落札されていた。

また第1次ロジススティック投資計画(PIL-1)での鉄道建設の民営化コンセッション入札は12件、港湾ターミナル入札は160件に達していたにも関わらず、未だに1件も民営化コンセッションが完成していない。

唯一、空港民営化コンセッション入札にかけられたグアルーリョス空港並びにヴィラコッポス空港、ブラジリア空港など5空港の民営化が社会経済開発銀行(BNDES)のクレジット提供を受けている。

Odebrecht TransPort社はリオ市のガレオン空港並びにマット・グロッソ州の国道163号線の民営化コンセッションを落札したにも関わらず、社会経済開発銀行(BNDES)から50億レアルのクレジットが未だに承認されていない。(2015年10月29日付けエスタード紙)



2020/04/23 » 一般家庭の水道料金の平均延滞率は5.0%から30%に急上昇
2020/04/17 » 連邦政府は新型コロナウイルス感染終焉後の経済や雇用活性化のインフラプロジェクトを準備
2020/04/17 » 国内銀行はCOVID‐19パンデミックで甚大なダメージを被っている部門に500億レアルの救済パッケージを準備中
2020/04/06 » COVID-19でストの脅威にさらされる港湾業務をMPで保証(2020年4月6日付けバロール紙)
2020/03/30 » COVID-19で旅客数激減のSuperViaが財務の余裕確保を模索(2020年3月30日付けバロール紙)
2020/03/16 » ジルマ政権下で民営化された高速道路と空港で少なくとも5事業に対して事業入札を再度実施へ
2020/03/06 » 民営化第1号のサン・ゴンサロ・ド・アマランテ空港は経営不振で連邦政府に返却
2020/02/20 » 投資パートナーシップ(PPI)に熱帯雨林の国立公園を容認
2020/01/23 » 今後4年間の電力エネルギー入札案件トップは太陽光発電
2020/01/22 » 3,200億レアルに達するPPIプログラムをダボス会議で説明
2020/01/13 » 中国企業は公社民営化やコンセッションでブラジルに再上陸か
2020/01/07 » 各州政府は今年100件以上の民営化で資金調達を余儀なくされる
2019/12/17 » エグゼクティブ向けサンパウロ・カタリーナ空港(SPCA)開設
2019/12/16 » 2020年はインフラプロジェクトで44件入札予想
2019/12/10 » 中国資本がサルバドール‐イタパリカ大橋の入札に単独参加か
2019/11/26 » 今年末までにインフラ整備部門入札で260億レアル投資か
2019/11/07 » 下水普及率停滞もインターネット普及率は80%
2019/10/24 » ボルソナロ大統領の北京詣は米国詣を上回る成果を期待
2019/10/21 » 中国資本CR20社が地下鉄6号線工事請負か
2019/10/16 » 今年初め8か月間の連邦公社の投資は過去20年間で最低

バックナンバー »