Câmara do Japão
Português
検索: OK
(493)

インフラ

検索期間を指定してください: OK
新しい道路民営化コンセッション入札は投資家にとって魅力的か 2013/09/25

今月13日、連邦政府は、国道50号線と国道262号線の道路民営化コンセッション入札を実施、国道50号線の入札には8社が参加したにも関わらず、国道262号線の入札には興味を示す企業がなかったために、今後は複数の国道線の同時入札は実施しないように変更、また新しい道路民営化コンセッション入札では、落札企業にとって収益性が増加するように変更される。

今月24日、ニューヨークでブラジルへの民営化コンセッションに投資を考えている企業経営者に対して、ギド・マンテガ財務相は、新しい道路民営化コンセッションの収益率の引き上げを約束、100万レアルのインフラ部門への投資で収益は200万レアルから300万レアルになると例を挙げ、また新しい4国道の民営化コンセッションの入札は予定を遅れないように努力すると約束している。

今月初めに連邦会計調査院(TCU)は、ミナス州のコンフィンス空港並びにリオ州のガレオン空港の民営化コンセッションの入札の最低金額や入札参加コンセッションの条件を修正して承認、更なる投資家が入札に参加するために、ミナス州のコンフィンス空港の入札条件を年間利用客が3,500万人以上の空港運営経験のある企業から2,000万人に変更している。

またインフラ整備プロジェクトへの投資で、大きな収益が得られるのはブラジルと僅かな新興国だけであり、海外投資家にとってブラジルの民営化コンセッション入札が魅力的になるように、連邦政府が規制や収益率の改善を検討しているとマンテガ財務相は説明している。

ブラジルだけではインフラ整備プロジェクトへの資金調達が難しいために、海外投資家の参加が不可欠であるとマンテガ財務は説明、また連邦貯蓄金庫並びにブラジル銀行、社会経済開発銀行以外にもブラジルの民間銀行もインフラ整備プロジェクトに注目していると説明している。(2013年9月25日付けエスタード紙)

 



2019/10/16 » 今年初め8か月間の連邦公社の投資は過去20年間で最低
2019/09/16 » 2019年~2022年までの投資総額は2.7%増加予想
2019/08/07 » シーメンスは輸送やエネルギー部門に焦点を当てた大型投資を予定
2019/04/26 » 地域企業が入札で特権を失う可能性も
2019/04/23 » 省間の対立でコンセッショネアの事業権返還に関する政令の告知が足踏み
2019/03/29 » RUMO社は27億レアルで南北鉄道コンセッション落札
2019/03/20 » 中国資本CRECは東西統合鉄道(Fiol)入札参加か
2019/03/11 » 道路民営化コンソーシアムは僅か22%の複線化実行
2019/03/07 » ボルソナロ新政権で初めての民営化は12リージョナル空港
2019/01/17 » ボロソナロ新政権誕生100日以内に83億レアル相当の入札実施か
2019/01/15 » ボロソナロ新政権は上下水道完備プロジェクトに250億レアル投資
2019/01/10 » Ferrogrão鉄道建設でマット・グロッソ州の穀物生産が70%増産可能
2019/01/09 » 2018年の中国のブラジルへの投資は75%下落
2019/01/07 » ボルソナロ新政権はインフラ投資プロジェクト促進で規則や条例改正加速
2018/11/30 » テーメル大統領は最後のPPIプロジェクト発表
2018/11/28 » 2000年以降のブラジルの公共投資は調査対象42カ国の41位
2018/10/25 » 任期終了2カ月前のテーメル大統領は20カ所の開所式に心逸
2018/10/18 » 次期政権は未完成の52インフラ整備プロジェクト引継ぎ
2018/10/17 » 中国企業は2009年からエネルギー部門を中心に540億ドル投資
2018/10/15 » 州立水道公社の50%は赤字計上

バックナンバー »