Câmara do Japão
Português
検索: OK
(493)

インフラ

検索期間を指定してください: OK
【ジウマ大統領がTAV事業入札の延期を準備】 2013/08/08

事業入札への関心の薄さが高速鉄道(TAV)事業入札を延期する最大の理由であるが、この判断により連邦政府は、都市交通事情の改善に向けて資金を優先的に分配する見通しである。

公共支出の抑制に対する圧力に加え、事業入札に関心を示しているコンソーシアムが1社という状況から、ジウマ・ロウセフ大統領は、カンピーナス市とサンパウロ市、リオデジャネイロ市を結ぶTAV事業入札を延期する準備に着手した。ジウマ大統領は6日夜、大統領府執務室において閣僚らを集めて協議し、もし事業入札に対して複数の企業を呼び込むことができなかった場合、9月に予定されるTAV事業入札を実施しないと伝えた。

政治・経済面で課題に直面していることで、ジウマ大統領は、6月に各地で発生したデモの発端になった大都市のモーダル事情の改善に投資することが、不足気味の予算から高速鉄道に資金を投入するよりも得策だと受け止めている。

TAV事業入札を延期することにより、経済防衛行政審議会(Cade)が進める地下鉄カルテルに関する捜査の動向に配慮する必要もなくなる。サンパウロ州でマリオ・コーヴァス知事時代とジェラルド・アルキミン州知事時代、ジョゼー・セーラ州知事時代(いずれもブラジル民主社会党=PSDB)に地下鉄事業入札と車両保守事業入札でカルテルを組織したとして捜査を受けている企業は、いずれも、TAV事業入札に関心を示している。

エスタード紙が取材で入手した情報によると、スペインのCAFは、現時点で応札する意思を示している。だが、他社はいずれも、参加を断念した。他方、カルテルを告発したシーメンスは、コンソーシアムを組織するための時間が必要だとして、事業入札の延期を求めている。

連邦政府内の関係者の多くは、大衆が都市交通の改善を求める現在の状況は、347億レアルの投資という「大規模」な事業を推進するには不適当と受け止めている。

6日の協議でジウマ大統領は、現時点でバス高速輸送システム(BRT)と統合ターミナルへの投資を優先すると発言した。なお、大統領は7月、サンパウロ市のフェルナンド・アダジ市長と都市モーダルのための80億レアルの包括政策を発表したばかり。

ジウマ大統領が召集した協議には、セーザル・ボルジェス運輸大臣とロジスティクス企画公社(EPL)のベルナルド・フィゲイレード総裁、ギド・マンテガ財務大臣、ミリアン・ベルキオル企画大臣、グレイジ・ホフマン官房長官が出席した。


リスク要因。

ジウマ大統領は、もし2014年に再選を果たした場合、第2次政権にTAV事業を先送りする可能性がある。ただ、景気の先行きが不透明なことも、大統領の判断を難しくしている。市場で一般的な不満は、TAVがリスクの大きく、かつ収益率の低いプロジェクトだということである。企業の関心が薄れたその他の要因には、大規模な出資に応じるブラジル側の経営パートナーの不在だ。

しかも悪いことに、連邦政府はこの事業の内部収益率(IRR)を7%に固定した。他方、9月に事業入札が実施される高速道路のIRRは7.22%が確保されている。控えめにではあるが、この問題に関して政府内部でも意見が分かれていることを 複数の大臣が明らかにしている。

カルテルを組織した企業の手に、ジウマ政権の象徴的なプロジェクトをゆだねることに対するリスクについても、大統領府執務室は懸念している。だが、高速鉄道の技術を保有する企業は一部に限られている。このため、PSDB州政下で発生したような、関心を持つ企業が複数のプロジェクトに「相乗り」することや申し合わせは、これまでも想定されていた。

いずれにせよ、Cadeが捜査するカルテルは、技術的な見地からは事業入札に対する問題にはならないと受け止められている。(2013年8月7日付けエスタード紙)



2019/08/07 » シーメンスは輸送やエネルギー部門に焦点を当てた大型投資を予定
2019/04/26 » 地域企業が入札で特権を失う可能性も
2019/04/23 » 省間の対立でコンセッショネアの事業権返還に関する政令の告知が足踏み
2019/03/29 » RUMO社は27億レアルで南北鉄道コンセッション落札
2019/03/20 » 中国資本CRECは東西統合鉄道(Fiol)入札参加か
2019/03/11 » 道路民営化コンソーシアムは僅か22%の複線化実行
2019/03/07 » ボルソナロ新政権で初めての民営化は12リージョナル空港
2019/01/17 » ボロソナロ新政権誕生100日以内に83億レアル相当の入札実施か
2019/01/15 » ボロソナロ新政権は上下水道完備プロジェクトに250億レアル投資
2019/01/10 » Ferrogrão鉄道建設でマット・グロッソ州の穀物生産が70%増産可能
2019/01/09 » 2018年の中国のブラジルへの投資は75%下落
2019/01/07 » ボルソナロ新政権はインフラ投資プロジェクト促進で規則や条例改正加速
2018/11/30 » テーメル大統領は最後のPPIプロジェクト発表
2018/11/28 » 2000年以降のブラジルの公共投資は調査対象42カ国の41位
2018/10/25 » 任期終了2カ月前のテーメル大統領は20カ所の開所式に心逸
2018/10/18 » 次期政権は未完成の52インフラ整備プロジェクト引継ぎ
2018/10/17 » 中国企業は2009年からエネルギー部門を中心に540億ドル投資
2018/10/15 » 州立水道公社の50%は赤字計上
2018/09/27 » 極左派や極右派の新大統領誕生憂慮で、年内の12空港民営化入札で圧力
2018/09/20 » ブラジルの5,570市町村の僅か38%が上下水整備計画を擁している

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

電機・情報通信部会(髙田正純部会長)主催のICTセミナー(2019年8月15日)

Pdf「ゼロトラスト時代のアカウンタビリティ~サイバーリスクへの対策強化に向けて」NTTコミュニケーションズ株式会社経営企画部マネージドセキュリティサービス推進室の竹内文孝室長

Pdf「IT資産集約型からクラウド活用への現状とセキュリティ課題」パロアルトネットワークス株式会社の藤生昌也シニアビジネスデベロップメントコンサルタント

労働ワーキンググループ主催セミナー(2019年7月23日)

Pdf「転換するブラジルの社会福祉 -右派・保守、イデオロギー色の強いボルソナロ政権-」ジェトロ・アジア経済研究所の海外調査員(サンパウロ大学客員教授)の近田亮平氏

パラグアイセミナー(2019年6月7日)

Pdf「パラグアイの地理的ポテンシャル」在パラグアイ日本国大使館の石田直裕特命全権大使

Pdf「チャンスの国パラグアイ」REDEIEXのSebastian Bogaddo氏、

Pdf「パラグアイの進出方法」ジェトロ中小企業海外展開現地支援プラットフォームの石田ミゲル コーディネーター

Pdf第一回イノベーション研究会によるアンケート結果
 

Pdf「法人所得税の損金算入」セミナーPDF吉田幸司グループ長
 

Pdf労働ワーキンググループセミナー「労働組合と労使交渉」PDF資料

 

Pdf最新版 サンパウロ市役所民営化案件リスト(2019年1月)

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

Pdfブラジルのポテンシャル

(麻生元総理との意見交換会)

 

→ バックナンバー

Pdfブラジル概要資料