Câmara do Japão
Português
検索: OK
(493)

インフラ

検索期間を指定してください: OK
ロジスティックやトラック不足で北東地域の飼料用トウモロコシ供給が困難 2013/04/15

一大穀倉地帯のマット・グロッソ州ソリーゾ市で生産されるトウモロコシを3,500キロメートル離れたペルナンブーコ州レシーフェ市へトラック輸送するコストは、1万7,000キロメートル離れた中国へ輸送するよりも高い。

またトラック運転手に24時間おきに11時間の休憩を義務付ける新規制並びに道路の不整備などのロジスティック問題などの要因で、輸送代がトウモロコシ価格の2倍以上になっている。

マット・グロッソ州の穀倉地帯からサントス港へのトウモロコシ輸送は国道が整備されて輸送コストが北東地域への輸送よりも大幅に安く、また帰りには輸入肥料をマット・グロッソ州に輸送できるメリットがあるが、マット・グロッソ州から北東地域へのトウモロコシ輸送には8日から10日が必要であり、なおかつ帰りは空荷物になるために、引き合わない。

1995年までアルゼンチンからトウモロコシを輸入していたが、南西部地域の穀物生産の増産に伴って、連邦政府はアルゼンチンからの穀物輸入を中止していたにも関わらず、アルゼンチン産のトウモロコシ輸入の再開を余儀なくされている。

マット・グロッソ州の穀物生産は急上昇しているにも関わらず、道路整備などのインフラが追い付いていないために、アルゼンチンからの輸入再開と並行して、連邦政府は北東地域での穀物生産の増加に迫られている。(2014年4月15日付けエスタード紙)


 



2019/04/26 » 地域企業が入札で特権を失う可能性も
2019/04/23 » 省間の対立でコンセッショネアの事業権返還に関する政令の告知が足踏み
2019/03/29 » RUMO社は27億レアルで南北鉄道コンセッション落札
2019/03/20 » 中国資本CRECは東西統合鉄道(Fiol)入札参加か
2019/03/11 » 道路民営化コンソーシアムは僅か22%の複線化実行
2019/03/07 » ボルソナロ新政権で初めての民営化は12リージョナル空港
2019/01/17 » ボロソナロ新政権誕生100日以内に83億レアル相当の入札実施か
2019/01/15 » ボロソナロ新政権は上下水道完備プロジェクトに250億レアル投資
2019/01/10 » Ferrogrão鉄道建設でマット・グロッソ州の穀物生産が70%増産可能
2019/01/09 » 2018年の中国のブラジルへの投資は75%下落
2019/01/07 » ボルソナロ新政権はインフラ投資プロジェクト促進で規則や条例改正加速
2018/11/30 » テーメル大統領は最後のPPIプロジェクト発表
2018/11/28 » 2000年以降のブラジルの公共投資は調査対象42カ国の41位
2018/10/25 » 任期終了2カ月前のテーメル大統領は20カ所の開所式に心逸
2018/10/18 » 次期政権は未完成の52インフラ整備プロジェクト引継ぎ
2018/10/17 » 中国企業は2009年からエネルギー部門を中心に540億ドル投資
2018/10/15 » 州立水道公社の50%は赤字計上
2018/09/27 » 極左派や極右派の新大統領誕生憂慮で、年内の12空港民営化入札で圧力
2018/09/20 » ブラジルの5,570市町村の僅か38%が上下水整備計画を擁している
2018/08/08 » 11月1日に11年ぶりの鉄道コンセッション入札予定

バックナンバー »