Câmara do Japão
Português
検索: OK
(518)

観光/運輸サービス

検索期間を指定してください: OK
Latam航空は2,758人のパイロットや客室乗務員を今月14日までに解雇(2020年8月5日付けヴァロール紙) 2020/08/06

Latamブラジル航空は、今月7日から14日にかけて7,000人の操縦士、副操縦士、客室乗務員を対象に39%に相当する2,758人の解雇を行うと発表している。

Latam社は全従業員2万2,000人のうち事務職や空港地上職員を対象とした30%の従業員の解雇を余儀なくされている。またパイロットや客室乗務員に対する希望退職制度は昨日締め切ったが、今日からまた募集を始めると同社人事部のJefferson Cestari取締役は説明している。

今月3日迄のブラジル航空組合(SNA)の発表によると、33人の正操縦士、7人の副操縦士、149人の乗客乗務員の総勢179人が希望退職制度に応募している。

3日Latam社とブラジル航空組合(SNA)は、COVID-19パンデミックで経営悪化で大量の解雇を余儀なくされていたが、2ヶ月半に亘って継続していた話し合いは、高等労働裁判所(TST)の仲介で合意に達した。

ブラジル航空組合(SNA)はLatam社に対して、Gol航空やAzul航空同様のパイロットや乗務員の18ヶ月間に亘る給与削減並びに勤務時間の短縮で提示していた。また同社は18ヶ月後も継続して給与削減を提示している。

「Latam航空はGol航空やAzul航空と異なって国際路線の比率が高く、COVID-19パンデミックの影響が非常に大きく、業績回復にはさらに時間を要する」とJefferson Cestari取締役は説明している。

またLatam航空のパイロットの給与はGol航空やAzul航空よりも20%~30%高い上のその他のベネフィットをあり、給与コストが他社よりも高いとJefferson Cestari取締役は説明している。



2020/08/06 » Latam航空は2,758人のパイロットや客室乗務員を今月14日までに解雇(2020年8月5日付けヴァロール紙)
2020/07/13 » ブラジル観光業界の今年3月~6月の損害は1,220億レアル(2020年7月10日付けエスタード紙)
2020/06/29 » 今年5月のディーゼル燃料消費は回復傾向(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/23 » 今年5月の国内便需要はマイナス90.97%(2020年6月22日付けヴァロール紙)
2020/06/17 » アズール航空とラタン航空が共同運航並びにロイヤルティ・プログラムで調印(2020年6月16日付けヴァロール紙)
2020/05/13 » ブラジルの観光業界はパンデミック危機ですでに625億レアルの被害を被る(2020年5月12日付けエスタード紙)
2020/05/05 » GOL社の第1四半期は22億レアルの赤字計上も年末までのキャッシュフローは大丈夫(2020年5月4日付けエスタード紙)
2020/04/29 » 2020年の輸出が最悪の場合は前年比-20%とIpeaが予想(2020年4月29日付けバロール紙)
2020/04/28 » パンデミック対策で不足する人工呼吸器の国内製造に輸入コンポーネントの調達で苦慮(2020年4月28日付けバロール紙)
2020/04/27 » ボーイングとエンブラエルは民間機事業統合中止を発表
2020/04/20 » 航空機業界は最低でも2023年迄業績悪化の影響を受ける
2020/04/15 » パンデミックでブラジルの輸出に占めるアジアの比重が拡大(2020年4月15日付けバロール紙)
2020/04/15 » パンデミックによる世界経済の停滞で企業が発注品の納期先送りを模索(2020年4月15日付けバロール紙)
2020/04/14 » COVID-19の封じ込めで中国が外国人船員の検疫隔離措置を導入(2020年4月14日付けバロール紙)
2020/04/14 » パンデミックが陸上道路輸送業界に与える影響は4か月継続
2020/04/09 » 今年3月の観光業界の売上は、前年同月比140億レアル減少予想
2020/03/26 » 今年2月のブラジル人の海外旅行による支出は過去4年間で最低
2020/02/18 » サントス港湾取扱量は今後20年間で50%増加
2020/01/10 » 電動キックボード事業を展開するLime社はブラジルから撤退
2020/01/10 » スタートアップ企業Rappi社は6.0%の人員削減発表

バックナンバー »