Câmara do Japão
Português
検索: OK
(518)

観光/運輸サービス

検索期間を指定してください: OK
ボーイングとエンブラエルは民間機事業統合中止を発表 2020/04/27

今月25日、ボーイングとエンブラエルは計画していた民間機事業の統合中止を発表した。2017年12月ごろから2年以上交渉を続けてきたにも拘らず、基本合意の期限である24日までに交渉がまとまらなかった。

ジョイントベンチャー計画では、2019年に4億8550万レアルを投資して民間機事業の新会社「Boeing Brasil – Commercial」の株式をボーイングが80%、残り20%をエンブラエルで合意。エンブラエル社は新シリーズE2の販売不振シナリオの上に、新型コロナウイルのパンデミックで航空機業界が壊滅的な打撃を被っている。

航空業界関係者の話では、ボーイングはワシントンに援助を求めたように、エンブラエルは連邦政府による救済が必要、また他社への民間機部門の身売りが必要となっている。例えば航空機業界で頭角を現したい中国民間航空機(Comac)は最大のチャンスと見込まれている。エンブラエルのFrancisco Gomes Neto社長は、土曜日の従業員あてのビデオメッセージでは、「当社の充分な運転資金とクレジットのアクセスで事業継続に不足なし」と説明していた。

競合のエアバスは、カナダのボンバルディアが開発した小型旅客機「Cシリーズ」の製造や販売を担う事業会社「CSALP(C Series Aircraft Limited Partnership)」を2018年7月に買収。ボンバルディアがCシリーズ開発で経営不振に陥ったためで、エアバスは2018年7月10日にCシリーズをA220に改称し、自社のラインナップに加えた。

エンブラエルはボーイングとの契約中止で、巨大企業相手に競争を余儀なくされるが、E2の新シリーズ開発に17億5000万ドルを投資したにも拘らず、航空機業界自体の需要が弱く、E2の需要も芳しくない。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大による需要急減が、航空会社の経営に打撃を与えており、各航空会社は大幅減便や運休などで対応しているものの感染の終息は見通せず、金融市場でも信用力への懸念が出てきている。

コンサルタント会社Bain & Companyは、エンブラエルが生産している小型ジャット機の需要がコロナウイルス発生前のレベルに回復するのは2021年最終四半期になると予想している。(2020年4月26日付けエスタード紙サイトから抜粋)



2020/08/06 » Latam航空は2,758人のパイロットや客室乗務員を今月14日までに解雇(2020年8月5日付けヴァロール紙)
2020/07/13 » ブラジル観光業界の今年3月~6月の損害は1,220億レアル(2020年7月10日付けエスタード紙)
2020/06/29 » 今年5月のディーゼル燃料消費は回復傾向(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/23 » 今年5月の国内便需要はマイナス90.97%(2020年6月22日付けヴァロール紙)
2020/06/17 » アズール航空とラタン航空が共同運航並びにロイヤルティ・プログラムで調印(2020年6月16日付けヴァロール紙)
2020/05/13 » ブラジルの観光業界はパンデミック危機ですでに625億レアルの被害を被る(2020年5月12日付けエスタード紙)
2020/05/05 » GOL社の第1四半期は22億レアルの赤字計上も年末までのキャッシュフローは大丈夫(2020年5月4日付けエスタード紙)
2020/04/29 » 2020年の輸出が最悪の場合は前年比-20%とIpeaが予想(2020年4月29日付けバロール紙)
2020/04/28 » パンデミック対策で不足する人工呼吸器の国内製造に輸入コンポーネントの調達で苦慮(2020年4月28日付けバロール紙)
2020/04/27 » ボーイングとエンブラエルは民間機事業統合中止を発表
2020/04/20 » 航空機業界は最低でも2023年迄業績悪化の影響を受ける
2020/04/15 » パンデミックでブラジルの輸出に占めるアジアの比重が拡大(2020年4月15日付けバロール紙)
2020/04/15 » パンデミックによる世界経済の停滞で企業が発注品の納期先送りを模索(2020年4月15日付けバロール紙)
2020/04/14 » COVID-19の封じ込めで中国が外国人船員の検疫隔離措置を導入(2020年4月14日付けバロール紙)
2020/04/14 » パンデミックが陸上道路輸送業界に与える影響は4か月継続
2020/04/09 » 今年3月の観光業界の売上は、前年同月比140億レアル減少予想
2020/03/26 » 今年2月のブラジル人の海外旅行による支出は過去4年間で最低
2020/02/18 » サントス港湾取扱量は今後20年間で50%増加
2020/01/10 » 電動キックボード事業を展開するLime社はブラジルから撤退
2020/01/10 » スタートアップ企業Rappi社は6.0%の人員削減発表

バックナンバー »