Câmara do Japão
Português
検索: OK
(518)

観光/運輸サービス

検索期間を指定してください: OK
パンデミックでブラジルの輸出に占めるアジアの比重が拡大(2020年4月15日付けバロール紙) 2020/04/15

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックで引き起こされた世界的な危機が、既にブラジルの国際収支に影響を生じさせており、貿易収支のパラダイムシフトを加速させると連邦政府の経済スタッフが受け止めている。世界的な危機の地理的・時間的な影響の幅によっては、中国が象徴的な輸入障壁を取り崩す可能性もあり、その場合、2020年末を待たずして、ブラジルの輸出の半分がアジア向けという状況が発生し得る。

年明けから3月末の2020年第1四半期を見ると、アジア市場はブラジルの輸出の44.5%を占めた。4月は、この比重が45%に上昇する見通し。ブラジルの輸出品目の構成上、この比率は上昇し続けるとみられている。

パウロ・ゲデス経済大臣の補佐官の1人は、「今般の危機において人々は、フエルト帽やテニスボール、園芸用はさみ、プール用の揚水モーターなどの買い物を控えるものだ」とコメント。その上で、「食料、食肉、必需品の購入は続ける」という。

大豆と原油、鉄鉱石、牛肉、鶏肉、豚肉といった品目がブラジルの対中輸出品目の柱である。中国は大都市の封鎖を伴う衛生上の非常事態に最初に直面した国となったが、それでも、第1四半期にブラジル製品をおよそ5%も多く輸入した。

しかも中国は回復期にある。アジアの他の国々でも1―3月に、輸入を拡大している。例えばシンガポールは前年同期比+256%、韓国は同+19%、マレーシアも同+15%。COVID-19の感染拡大に対して相対的に良好に対処しているというアドバンテージがあり、言い換えると、今後数か月にわたってブラジルの輸出に占める比重を拡大する余地がある。

他方、ブラジルにとって重要と位置付けられるその他の市場では、第1四半期を通じて輸入を縮小している。例えば北米市場は前年同期比-15%、南米市場は同-13%、中東市場は同-27%といった具合である。欧州連合(EU)への輸出とアフリカへの輸出は、ほぼ横ばいだった。

2020年の貿易黒字が予想を上回る幾つかの可能性があり、連邦政府の経済スタッフは、そこには様々な事情が背景にあるという。経済省は今のところ、公式の予想を発表しておらず、4月にようやく推計を実施する見込みだった。だが予断を許さない状況を受け、この推計の発表は5月に先送りされた。なお、中銀が発表しているインフレ四半期レポートの最新版(3月発表)では、2020年の貿易収支黒字を335億ドルと予想している。

為替相場がドル高レアル安で推移しており、ブラジル工業は資本財と中間投入財の調達を縮小する見込みだ。ただ連邦政府は、輸出以上に輸入が減少すると予想している。こうした見通しは、サービス収支にも及んでいる。すなわち、国際観光支出の減少、外資系航空会社を利用した国際観光の減少、国外で使用するクレジットカードの金額減少である。

外国貿易という視点から見るとブラジルは、グローバル生産チェーンへの参画が低水準で、それがために大きな痛手を負わずに済んでいる。この問題はこれまでネガティブな要因と受け止められてきたが、パンデミック危機下では、時にはアドバンテージと言えるものになっている。

このように中国の重要性が存在感を増す中、農務省は、アブラハム・ワイントラウブ教育大臣とエドゥアルド・ボルソナロ連邦下院議員(PSL:社会自由党)らの発言に端を発した中国政府との緊張関係の高まりに危機感を募らせている。ワイントラウブ教育大臣は、中国人が「この世で形のある物なら何でも」食べることから新型コロナウイルスは中国が発生源だということには「高い蓋然性がある」と発言した。

こうした発言にテレーザ・クリスチーナ農務大臣は、中国の報復を回避するため直接対処せざるを得ない状況に立たされた。ただ悪いことに同農務大臣にとって3度目となる北京訪問は、航空便の規制とパンデミックがどれほど続くか不透明な中で断念せざるを得なかった。(2020年4月15日付けバロール紙)



2020/08/06 » Latam航空は2,758人のパイロットや客室乗務員を今月14日までに解雇(2020年8月5日付けヴァロール紙)
2020/07/13 » ブラジル観光業界の今年3月~6月の損害は1,220億レアル(2020年7月10日付けエスタード紙)
2020/06/29 » 今年5月のディーゼル燃料消費は回復傾向(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/23 » 今年5月の国内便需要はマイナス90.97%(2020年6月22日付けヴァロール紙)
2020/06/17 » アズール航空とラタン航空が共同運航並びにロイヤルティ・プログラムで調印(2020年6月16日付けヴァロール紙)
2020/05/13 » ブラジルの観光業界はパンデミック危機ですでに625億レアルの被害を被る(2020年5月12日付けエスタード紙)
2020/05/05 » GOL社の第1四半期は22億レアルの赤字計上も年末までのキャッシュフローは大丈夫(2020年5月4日付けエスタード紙)
2020/04/29 » 2020年の輸出が最悪の場合は前年比-20%とIpeaが予想(2020年4月29日付けバロール紙)
2020/04/28 » パンデミック対策で不足する人工呼吸器の国内製造に輸入コンポーネントの調達で苦慮(2020年4月28日付けバロール紙)
2020/04/27 » ボーイングとエンブラエルは民間機事業統合中止を発表
2020/04/20 » 航空機業界は最低でも2023年迄業績悪化の影響を受ける
2020/04/15 » パンデミックでブラジルの輸出に占めるアジアの比重が拡大(2020年4月15日付けバロール紙)
2020/04/15 » パンデミックによる世界経済の停滞で企業が発注品の納期先送りを模索(2020年4月15日付けバロール紙)
2020/04/14 » COVID-19の封じ込めで中国が外国人船員の検疫隔離措置を導入(2020年4月14日付けバロール紙)
2020/04/14 » パンデミックが陸上道路輸送業界に与える影響は4か月継続
2020/04/09 » 今年3月の観光業界の売上は、前年同月比140億レアル減少予想
2020/03/26 » 今年2月のブラジル人の海外旅行による支出は過去4年間で最低
2020/02/18 » サントス港湾取扱量は今後20年間で50%増加
2020/01/10 » 電動キックボード事業を展開するLime社はブラジルから撤退
2020/01/10 » スタートアップ企業Rappi社は6.0%の人員削減発表

バックナンバー »