Câmara do Japão
Português
検索: OK
(518)

観光/運輸サービス

検索期間を指定してください: OK
電動キックボード事業を展開するLime社はブラジルから撤退 2020/01/10

明るい色のドックレス自転車と電動キックボード事業を展開するスタートアップLime社は、昨日ブラジル国内のサンパウロ市並びにリオ市で6カ月前から展開している電動キックボード事業からの撤退を発表した。

2019年のLime社の決算は、3億ドルの赤字を計上したためブラジルからの撤退を余儀なくされているが、ラテンアメリカ地域ではコロンビアのボゴタ市、アルゼンチンのブエノス・アイレス市、ウルグアイのモンテ・ヴィオデ市、ペルーのリマ市、メキシコのプエルト・バジャルタ市の電動キックボード事業から撤退する。

また米国内のアトランタ市並びにフェニクス市、サンディエ市、サン・アントニオ市、オーストリアのLinz市から撤退、全従業員の14.0%に相当する100人を人員整理する。

現在の市場価格が24億ドルと見込まれているLime社は、今年の決算の黒字化に向けて果敢にコスト削減を実施する。ブラジル国内の電動キックボード事業からの撤退要因として、電動キックボードは全て輸入製品で保守コストが非常に高く、コンペチターのブラジル資本Grin/Yellow社と対抗できなくなっている。

昨年12月にLime社のブラジル国内事業は、年間平均20%増加しているにも関わらず、コンペチターよりもコスト高で赤字を計上しているとブラジルLime社のJohn Paz取締役は説明している。

今後のブラジル国内の電動キックボード業界は、撤退するLime社を除いたGrin/Yellow社、Scoo社、Uber社の三つ巴のマーケットシェア争いとなる。(2020年1月10日付けエスタード紙)



2020/08/06 » Latam航空は2,758人のパイロットや客室乗務員を今月14日までに解雇(2020年8月5日付けヴァロール紙)
2020/07/13 » ブラジル観光業界の今年3月~6月の損害は1,220億レアル(2020年7月10日付けエスタード紙)
2020/06/29 » 今年5月のディーゼル燃料消費は回復傾向(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/23 » 今年5月の国内便需要はマイナス90.97%(2020年6月22日付けヴァロール紙)
2020/06/17 » アズール航空とラタン航空が共同運航並びにロイヤルティ・プログラムで調印(2020年6月16日付けヴァロール紙)
2020/05/13 » ブラジルの観光業界はパンデミック危機ですでに625億レアルの被害を被る(2020年5月12日付けエスタード紙)
2020/05/05 » GOL社の第1四半期は22億レアルの赤字計上も年末までのキャッシュフローは大丈夫(2020年5月4日付けエスタード紙)
2020/04/29 » 2020年の輸出が最悪の場合は前年比-20%とIpeaが予想(2020年4月29日付けバロール紙)
2020/04/28 » パンデミック対策で不足する人工呼吸器の国内製造に輸入コンポーネントの調達で苦慮(2020年4月28日付けバロール紙)
2020/04/27 » ボーイングとエンブラエルは民間機事業統合中止を発表
2020/04/20 » 航空機業界は最低でも2023年迄業績悪化の影響を受ける
2020/04/15 » パンデミックでブラジルの輸出に占めるアジアの比重が拡大(2020年4月15日付けバロール紙)
2020/04/15 » パンデミックによる世界経済の停滞で企業が発注品の納期先送りを模索(2020年4月15日付けバロール紙)
2020/04/14 » COVID-19の封じ込めで中国が外国人船員の検疫隔離措置を導入(2020年4月14日付けバロール紙)
2020/04/14 » パンデミックが陸上道路輸送業界に与える影響は4か月継続
2020/04/09 » 今年3月の観光業界の売上は、前年同月比140億レアル減少予想
2020/03/26 » 今年2月のブラジル人の海外旅行による支出は過去4年間で最低
2020/02/18 » サントス港湾取扱量は今後20年間で50%増加
2020/01/10 » 電動キックボード事業を展開するLime社はブラジルから撤退
2020/01/10 » スタートアップ企業Rappi社は6.0%の人員削減発表

バックナンバー »