Câmara do Japão
Português
検索: OK
(518)

観光/運輸サービス

検索期間を指定してください: OK
ブラジル国内の鉄道輸送は21%とトラック輸送の僅か1/3 2018/06/07

5月下旬から開始した全国規模のトラック運転手の国道封鎖抗議デモは、10日間以上継続して穀物輸送は言うに及ばずあらゆる産業にダメージを与えており、過去20年近く放棄されている鉄道輸送網整備や投資見直しが急務となっている。

運輸省直轄の国家陸路輸送庁(ANTT)の統計では、ブラジル国内鉄道網の総延長距離は、2万8,218キロメートルに達しているにも関わらず、過去20年間近くに亘って鉄道網向けインフラ投資が等閑にされていた。

ブラジル国内鉄道網の総延長距離2万8,218キロメートルの31%に相当する8,600キロメートルは、保守がされずに放棄されており、また放棄されている8,600キロメートルのうち6,000キロメートルは、再生不可能となっている。

ブラジル国内鉄道網で利用されている2万キロメートルのうち半分の1万キロメートルは、穀倉地帯の中西部地域からの輸出向け穀物輸送並びに北部地域の鉄鉱石輸送が大半を占めている。

2001年までのブラジル国内の鉄道輸送の60%は鉄鉱石運搬用輸送であったが、現在は鉄鉱石輸出最大手ヴァーレ社が運営する北部地域のパラー州カラジャス鉄道並びに南東部地域のヴィトリア‐ミナス鉄道を中心に77%を占めている。

短距離輸送にはトラック輸送が優れている一方で、建設工事期間が長く膨大な投資を要する鉄道網整備向けのインフラ投資は、等閑にされてきた経緯があり、現在のブラジル国内の輸送の63%はトラック輸送が占め、鉄道輸送は21%、水上輸送は13%、航空機・パイプライン輸送は3.0%を占めている。

ヨーロッパ連合は、2011年に2050年までに輸送距離が300キロメートルを超える場合の輸送手段の50%は鉄道輸送にするために280億ユーロの投資を決定している。(2018年6月7日付けエスタード紙)

 



2018/06/07 » ブラジル国内の鉄道輸送は21%とトラック輸送の僅か1/3
2018/03/13 » アジア‐ブラジル航路の輸送レートは世界最高
2018/03/09 » ペトロブラスはプラットフォームP-71建造を中国企業に依頼
2018/02/16 » 2017年の港湾貨物取扱は前年比8.3%増加
2018/01/24 » 2018年の航空業界は法人向け販売が牽引か
2017/09/05 » 外資系企業がブラジル国内の港湾ターミナル買収加速化
2017/07/14 » OTP社はガレオン国際空港の権益を中国資本HNA社に譲渡
2017/06/13 » EAS造船は2019年に倒産の可能性
2017/06/01 » 受託手荷物なしの割安航空券発売開始か
2017/05/25 » ソフトバンクはブラジル配車サービス会社99社に1億ドル投資
2017/03/29 » ジルベルト・カサビ科学技術通信相は郵便公社民営化も示唆
2017/03/07 » Latam航空は受託手荷物に50レアル徴収
2017/03/02 » 過去2年間に造船業界では5万人が解雇されている
2016/10/25 » エンブラエル社は米国司法省と2億550万ドルの罰金支払いで合意
2016/09/06 » 世界の海運業界の再編加速か
2016/08/16 » サントス港湾の荷動きが大幅増加
2016/08/04 » リオオリンピックはブラジル防衛産業にとってはショーウインド
2016/07/13 » カタール航空はLatam航空に10%の資本参加
2016/06/30 » 上院で外資系航空会社による資本参加率100%の承認取り消し
2016/06/22 » 下院では外資系航空会社の100%資本参加承認

バックナンバー »